八重の桜 第8回「ままならぬ思い」




『八重の桜』のお時間です。
あらすじ・・・


薙刀の稽古にいそしむ八重(綾瀬はるか)と幼なじみの時尾(貫地谷しほり)。
そこで、2人は二葉(市川実日子)から弟の大蔵(玉山鉄二)の祝言が決まったことを知らされる。
時尾は動揺してしまい、稽古中に足を痛めてしまう。
時尾はひそかに大蔵に思いを寄せていたのだった。
その後、大蔵は八重に別れを告げ、都へ旅立っていった。

 一方、京では倒幕を目指す攘夷派の不逞浪士を取り締まるため、剣が立つと評判の壬生(みぶ)浪士組を会津藩のお預かりとした。
こうした動きに危機感を持った長州派の公家たちは、容保(綾野剛)たちを都から追い出すため孝明天皇(市川染五郎)の名をかたって偽の勅書を容保へ送る。しかし、その策謀を知った容保は、守護職への責任感をさらに強めていく。

そんな容保に頼母(西田敏行)は「これ以上強硬策を採るべきではない」と懇願するが、容保はそれを拒否。
頼母に蟄居を命じる。

(公式ホームページより)




今回も、頼母(西田敏行)さんが主役のような回でしたね。
前半に後の新選組となる壬生浪士組から土方歳三と斉藤一、近藤勇登場。

『新選組!』ではオダギリジョーが演じていた斉藤ですが、こののち八重の幼馴染:時尾(貫地谷しほり)と結ばれるそうで、楽しみですね。


さて、「ままならぬ思い」とは孝明天皇の思い、そして、頼母の思い 両方を指すのでしょうね。

映像的には、織田信長以来と言われる、天覧の馬ぞろえの場面がなかなか気合いが入っていて、スタッフの本気度を感じることができました。


こののちも、こういう場面を大いに期待しております。(^-^)
でもまだまだ、八重ちゃんメインの物語にはなっていませんねぇ。。。(^^;;




 ← クリックお願いします♪



新島八重 愛と闘いの生涯 (角川選書)
角川学芸出版
吉海 直人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新島八重 愛と闘いの生涯 (角川選書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「八重の桜」第8回

    Excerpt: 頼母、蟄居… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302240004/ 八重の桜 前編 .. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2013-02-26 07:36
  • 八重の桜 - 2013年大河ドラマ 綾瀬はるか

    Excerpt: 2013年大河ドラマ「八重の桜」 日曜 NHK 2013年1月6日 - 12月(予定)(50回) [キャスト] 綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 松重豊 風吹ジュン .. Weblog: 新ドラマQ racked: 2013-02-26 23:02
  • 【八重の桜】第8回 「ままならぬ思い」感想

    Excerpt: 攘夷派不逞(ふてい)浪士の取り締まり徹底のため、会津藩は剣が立つと評判の 壬生浪士組を召し抱えることにした。 これに危機感を持った長州派の公家たちは、会津藩を都から追い出そうと孝明天皇 (市.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2013-02-27 00:45