八重の桜 第1回「ならぬことはならぬ」





今年も大河ドラマが始まりました。
大河ドラマがはじまると、自分自身も本格始動といった感じになっております。


昨年の『平清盛』は、歴代最低視聴率という、見事な (^^; 結果に終わりましたが
私個人にとっては大当たりで、それまでの大河の中では一番面白く大好きなドラマでありました。


順番でいくと今年はハズレな年になるんですが、さてさて、どうなりますやら。







あらすじ・・・・


1868(慶応4)年8月、砲撃をあびる会津・鶴ヶ城内で、スペンサー銃を構え戦う若き女性銃士がいた。
山本八重(綾瀬はるか)、後の新島八重である。

 戦からさかのぼること17年前。5歳の八重(鈴木梨央)は男勝りで負けん気が強く、父・権八(松重豊)や母・佐久(風吹ジュン)も手をやいていた。そんな八重が慕ってやまないのが、兄・覚馬(西島秀俊)だった。銃で華麗に的を撃ち抜く兄の姿を見た八重は、砲術に夢中になっていく。

 その年の秋、会津藩士が最も張り切る軍事操練「追鳥狩(おいとりがり)」の真骨頂である模擬戦の最中に事件が起こる。
「一番鳥」の本命と目される番頭(ばんがしら)・西郷頼母(西田敏行)が一羽の鳥に狙いを定め竹鞭を振り上げたとき、八重が邪魔をしてしまったのだ。そこへ藩主・松平容保(綾野剛)が現れ、八重を救う。
この出会いが、八重のその後の人生を変えていくことになる。

(公式ホームページより)










いきなり、アメリカの南北戦争のゲティスバーグの激戦シーンから始まりました。
映画『グローリー』を思い出しますが、アメリカでロケをやったわけではなさそうで
ひょっとして『坂の上の雲』のロケ地かなぁ?と思いながら観てました。


リンカーンの有名な演説シーンも盛り込んで、スピルバーグ監督の『リンカーン』が
楽しみになってきましたね。



今回は映画用のカメラを使っての撮影ってことで、その映像は映画館でみても、
さすけねぇ(大丈夫)な迫力ある出来栄えでありました。


しかしセットでの撮影部分は、どうしてもセットっぽくみえてしまいますね。









例によって子供時代の八重ちゃん登場。


幼少の頃から鉄砲を撃ちたがる少女が主人公っていうのも、ちょっと作りすぎのような気が
せんでもないんですが、史実ではどないやったんでしょうね?


第一回から、有名どころが次々と登場しております。


松平容保さん、やっぱ後に新選組もでてくるんでしょうね。
佐久間象山さん、奥田瑛二の貫録ある演技です。
のちの吉田松陰が、小栗旬。松下村塾ですな~。
勝麟太郎(のちの勝海舟)が生瀬勝久・・・あれ、前にも同じ役を演じてなかったっけ?
そして井伊直助。


八重とどう絡んでくるんでしょうか。絡まんかも。(^^;









とまぁいうわけで、無難な第一回でした。


音楽はオープニングのテーマ音楽とエンディングの紀行の音楽を 坂本龍一
本編の音楽を金子ノブユキが担当。


毎回オープニング・テーマが非常に重要になるんですけど、毎度のことながら
やっぱり、あまり印象に残らないですね。(^^;


1年通して流れるから、それぐらいが調度良いのかもしれませぬ。


では大河ドラマ・ファンのみなさま、この1年もどうぞ宜しくお願い致します。






 ← クリックお願いします♪





八重の桜 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版
2012-12-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 八重の桜 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • NHK大河ドラマ「八重の桜」第1回「ならぬことはならぬ」

    Excerpt: 明けましておめでとうございます!謹んで新年のお喜びを申し上げます!さてさてさてええ!今年も始まりましたよ大河ドラマ!去年は通して見たらなかなかの傑作だと思うんですけど一見さんには何とも取っつき辛い感じ.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2013-01-06 21:32
  • 【八重の桜】第1回 「ならぬことはならぬ」感想

    Excerpt: 山本八重(鈴木梨央)は、会津藩砲術指南役の娘として生まれ、男勝りで負けん気が強く、 父・権八(松重豊)や母・佐久(風吹ジュン)も手を焼いていた。 八重が慕ってやまないのが、文武に秀でた兄・覚馬.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2013-01-06 21:33
  • 大河ドラマ「八重の桜」信念の人1ならぬことはならぬ!八重は激動の時代に女でもできるという信念!知る事でできる意欲を持ち始めた

    Excerpt: 大河ドラマ「八重の桜」は会津藩で生まれた山本八重(のちの新島八重)の生涯を描いた作品で時代は黒船来航で開国する事になった日本が江戸幕府から明治維新へと移り変わっていく ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2013-01-06 21:33
  • 〔NHK大河ドラマ〕八重の桜 第1回「ならぬことはならぬ」 アメリカ追従安倍政権批判ドラマ?!

    Excerpt: 前回の「平清盛」は主人公の名前は皆知ってるけど 平安末期の時代背景については馴染みが薄い、 って事で低視聴率に喘いだか、 今回の「八重の桜」は幕末は何度も大河ドラマの舞台にもなったお馴染みの時代、 し.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2013-01-06 21:54
  • 「八重の桜」 第1回、ならぬことはならぬ

    Excerpt: 大河ドラマ「八重の桜」。第1回、ならぬことはならぬ。 2013年の大河ドラマが始まりました。 舞台は、幕末。 会津藩に生まれた八重の幼少時代です。 Weblog: センゴク雑記 racked: 2013-01-06 22:53
  • 八重の桜 第1回「ならぬことはならぬ」

    Excerpt: 2013年大河ドラマは、幕末のジャンヌ・ダルクこと新島八重の物語。アバンは何故かアメリカの南北戦争。幕末から維新で使われた武器がアメリカ南北戦争のお古ってトリビアな知識です ... Weblog: D☆エディション racked: 2013-01-06 23:44
  • 八重の桜 第1回「ならぬことはならぬ」

    Excerpt: 冒頭から綾?はるかさんがスペンサー銃を構えて戦う姿にものすごく衝撃を受けました。大河ドラマを見ようと思っていたのに、突然アメリカの南北戦争の場面から始まり、さらにその南北戦争と同期しているかのように会.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2013-01-06 23:56
  • 新大河ドラマ「八重の桜」第1回

    Excerpt: 鉄砲を、やりたい… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201301060003/ 八重の桜 .. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2013-01-07 06:48
  • 八重の桜

    Excerpt: 第一回「ならぬことはならぬ」 Weblog: AKIRAのドラマノート racked: 2013-01-07 11:53
  • 桜の嵐 ~八重の桜・ならぬことはならぬ感想~

    Excerpt: いよいよ始まった八重の桜。 僕は新島八重に関してはなんの知識もないんだけどねえ。 冒頭部分はなかなか引き込まれる描写だったとは思う。 世界史の中での会津戦争、新島襄、八重の動向を表す演出はなかな.. Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 racked: 2013-01-07 21:43
  • 大河ドラマ「八重の桜」 #01 ならぬものはならぬ

    Excerpt: 八重の桜。 新島襄夫人を描く。 正直、イマイチ分からないのですが、会津では結構有名な人らしい。 まずはしっかり見て行こうと思います。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2013-01-07 22:11
  • ならぬことはならぬ

    Excerpt: 大河ドラマ『八重の桜』#1  Weblog: 義風捫虱堂 racked: 2013-01-08 06:23
  • 【八重の桜】初回感想と視聴率好発進♪「な...

    Excerpt: 注目の初回視聴率は、21.4%(関東地区)でした。これは、すごいですね♪(^^)関東の『平清盛』初回は17.3%、『江』初回は、21.7%、『篤姫』初回は、20.3%で... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2013-01-08 22:16
  • 大河ドラマ 八重の桜 第1話の感想

    Excerpt: NHK総合で放送された大河ドラマ「八重の桜」第1話の感想など前年の「平清盛」も、期待も入り混じってワクワクしながら見はじめました。ですが、特に後半は世間一般の方々と同様な感想となり残念でした・・・今年.. Weblog: オタクと呼ばないで racked: 2013-01-10 07:30