平清盛 第26回「平治の乱」




今週も大河ドラマ『平清盛』のお時間です。
あらすじ・・・・・

1159年、信西(阿部サダヲ)のもとで不遇にあった義朝(玉木宏)は藤原信頼(塚地武雄)と結託、ついに決起する。
義朝は後白河上皇(松田翔太)と二条天皇(冨浦智嗣)を奪い幽閉した後、三条殿に火を放つ。
義朝の狙いは信西(阿部サダヲ)の首であった。

熊野詣の途中、紀伊で知らせを聞いた清盛(松山ケンイチ)は即座に京へとってかえす。
逃亡した信西は山城の山中に穴を掘り、身をひそめる。一方、戻る清盛を義朝の子・義平(波岡一喜)は阿倍野で迎え撃とうと意気込んでいた。だが義朝は清盛との決戦を望み、動こうとしない。

そんな中、ついに信西は発見され、自刃する。
早馬で京に戻った清盛と重盛(窪田正孝)が京の入り口で見たものとは・・










第26回ということで、今年の大河も半分を過ぎ、後半へと移ろうとしております。
中盤最大のクライマックス「平治の乱」勃発です。


・・・まぁでも今回の描き方は、信西と清盛、両者の絆を描いたもので、ほんまもんのクライマックスは
来週に持ち越しのようですね。


コメディー俳優のイメージが強い 阿部サダヲですが、今回の信西役は見事にはまっていました。

史実では穴に入ったあと、従者に土を入れさせ、そのまま自害したそうで、その後に、源氏方に
遺体を掘り起こされて、京でさらし首となったようです。


第2回の 清盛が「俺は誰なんだぁ~!!」のセリフに対して穴の中から・・・・
「誰でもよ~い! 誰でもよいから、助けてくれ」・・・のセリフ、第2回を観たときから、信西最期の場面で
使われるなぁと思っていました。(^^;


まぁそれにしても、信西Loveな清盛。 叔父をころさせた張本人を何故?って思いますわね。
これも史実かどうかはわかりませんが、研究によると、清盛は信西と結託して、邪魔な叔父を殺した
という説もあるそうな。


まぁ、とにかくにも来週の清盛VS義朝が楽しみです。





 ← クリックお願いします♪





平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版
2012-05-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

ペルシャ猫
2012年07月02日 08:59
もうやだ〜(悲しい顔)とても面白そうですねトレードマーク残念ながら信西は悲惨な最期を遂げるのですね焏阿部サダヲさんの写真凄く良い顔してます阿部さんは映画『舞妓HAAAAN』で好きになった役者さんです。
来週の日曜も楽しみにしてますもうやだ〜(悲しい顔)
2012年07月02日 21:32
ペルシャ猫さん>
コメントありがとうございます♪
阿部サダヲの演技はホントに素晴らしいですね♪
清盛が助けに来た幻覚を見たときの表情と現実に戻った時の表情の対比が実に見事でした♪
2012年07月14日 20:37
初めまして。
ボストン美術館(名古屋)にて 平治の乱の絵巻を見て来ました。
信西の生首を下げて曝した図を じっくり見て来ましたよ。
阿部さんの演技 しっかり見て居ました。
2012年07月15日 11:58
ハイジママさん>
お久しぶりです。(^^;
その絵巻、この間、神戸市立博物館で開催された「平清盛展」で私もみました♪
ものすごい迫力でしたよね!!

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男26俺は平清盛なり!義朝の焦りに嘆き己は誰だと教えてくれた信西の死に清盛は義朝との対決を決心した

    Excerpt: 大河ドラマ「平清盛」第26話は義朝が信西の強引な政治で冷遇された事で藤原信頼らと結託し後白河上皇並びに二条天皇を幽閉し謀反を起こした。信西はこの謀反を察知して逃げるが ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2012-07-01 20:47
  • 平清盛 第26話 感想「平治の乱」

    Excerpt: 平清盛ですが、清盛(松山ケンイチ)が熊野詣に行っている間に大変なことが起こってしまいます。源義朝(玉木宏)が信西(阿部サダヲ)の首を狙って謀反を起こしますが、重盛は別に不思議でもないと思います。信西は.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2012-07-01 21:08
  • 大河ドラマ「平清盛」 第26話 あらすじ...

    Excerpt: 平氏か、源氏か-----------!?ついに全面対決となった清盛と義朝の戦い。信西もまた今までの独裁のツケを払う時が来てしまったよう。熊野詣でに出た清盛の不在を狙っての襲撃。義朝は... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2012-07-01 21:08
  • 大河ドラマ「平清盛」 第26話 あらすじ感想「平治の乱」

    Excerpt: 平氏か、源氏か-----------!? ついに全面対決となった清盛と義朝の戦い。 信西もまた今までの独裁のツケを払う時が来てしまったよう。 熊野詣でに出た清盛の不在を狙っての襲撃。 .. Weblog: ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ racked: 2012-07-01 21:08
  • 大河ドラマ 「平清盛」 #26 平治の乱

    Excerpt: ついに平治の乱。 平氏対源氏、宿命の対決! きっかけは信西。清盛は熊野詣で留守…。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2012-07-01 21:15
  • NHK大河ドラマ『平清盛』第26回「平治の乱」

    Excerpt: うむむ・・・ 清盛が熊野詣へ行った隙に兵を挙げるとは!! やっぱ、信西は悪左府並みの賢さで、 ビシバシ役立たずを罷免してたから恨みをかっちゃいましたね。 義朝は武士の世にするためには坊.. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2012-07-01 21:19
  • 平清盛 第26回 平治の乱

    Excerpt: 『平治の乱』 内容 信西(阿部サダヲ)に不満を抱く藤原信頼(塚地武雅)と義朝(玉木宏)は結託。 信頼らが、後白河上皇(松田翔太)二条帝(冨浦智嗣)を内裏に幽閉後、 義朝の軍は、信西の館・三条殿に火.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2012-07-01 21:22
  • 大河ドラマ「平清盛」第26話

    Excerpt: 第二十六回「平治の乱」    Weblog: またり、すばるくん。 racked: 2012-07-01 21:27
  • 信西の最期 ~平清盛・平治の乱感想~

    Excerpt: 平治元年、ついに平治の乱勃発。 信西は敵を作りすぎたか。 朝廷の反信西勢力と、信西から冷遇されていた義朝が結びついて起こったクーデター。 清盛が朝廷を後にした後に起こったことから、それなりに計算.. Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 racked: 2012-07-01 21:29
  • 平清盛 第26回 「平治の乱」

    Excerpt: まだ信西死んでないのに回想入れない方がいいのでは… 先週も回想回だったから、今日は時系列のみで勢いで押した方がいいのでは… …なんて思いましたが、残酷な結末の前フリとしては、親切だったかな。.. Weblog: 青いblog racked: 2012-07-01 21:32
  • 「平清盛」 第26回、平治の乱

    Excerpt: 大河ドラマ「平清盛」。第26回、平治の乱。 藤原信頼・源義朝が信西を急襲。 平治の乱、始まる。 Weblog: センゴク雑記 racked: 2012-07-01 22:38
  • 『平清盛』 第26回「平治の乱」

    Excerpt: JUGEMテーマ:大河ドラマ平治元年12月、ついに 争乱が勃発しました。後白河上皇は、信西におくられた「長恨歌」絵巻をみていて、ちょうど安禄山の反乱のところ。そこへやって来た信頼は、.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2012-07-01 22:56
  • 【平清盛】第26回

    Excerpt: 義朝(玉木宏)は信頼(塚地武雅)と手を組み、ついに決起した。後白河上皇(松田翔太)と 二条天皇(冨浦智嗣)を幽閉した義朝は、逃げた信西(阿部サダヲ)を追撃しながら、熊野詣で 中の清盛(松山ケン.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2012-07-01 23:11
  • 「平清盛」第26話。

    Excerpt: 低視聴率で話題の「平清盛」第26話を見ました。いろいろ言われてるけど、ケンイチさん主演のドラマが視聴率獲れないのはいつものことだから、もう気にしないことにしたの… Weblog: Flour of Life racked: 2012-07-02 00:30
  • 大河ドラマ「平清盛」第26回

    Excerpt: 源氏と平氏の、対決へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201207010002/ 平 清.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2012-07-02 06:03
  • 平清盛、戦を待っていた義朝!!

    Excerpt: 鬼のいぬ間に一方的に始まった平治の乱、最大の武士集団・平家が いないのですから義朝が勝つのは当たり前 ドラマでは重盛も清盛に同行していた様に描かれていましたが、実際 は六波羅に重盛は居たのです。.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2012-07-03 11:08