平清盛 第19回「鳥羽院の遺言」




今週も『平清盛』のお時間です。
あらすじ・・・・・


誰も予想していなかった後白河天皇(松田翔太)が誕生し、朝廷は大騒ぎになる。後白河天皇の乳父(めのと)である信西(阿部サダヲ)はにわかに朝廷内で存在感を増していく。そんな波乱の始まりに、平清盛(松山ケンイチ)は不安を抱く。またも期待を裏切られた崇徳上皇(井浦新)は鳥羽法皇(三上博史)に激しい恨みを募らせた。だがその一方、後白河即位を決定した鳥羽法皇自身も自責の念にかられていた。左大臣・藤原頼長(山本耕史)は、帝(みかど)を決める場に立ち会えなかったばかりか、亡くなった近衛帝を呪詛(じゅそ)していたという風聞が立ち、朝廷内での立場が危うくなっていく。


そのころ源義朝(玉木宏)は、息子の義平(波岡一喜)を差し向けて異母弟・義賢(阪本浩之)を討ち取り、源氏の棟りょうの証しである「友切」を奪い取る。これを聞いた為義(小日向文世)は激怒。為義・義朝父子の関係は修復不可能となる。


ある日、清盛の館に時子(深田恭子)の妹・滋子(成海璃子)がやってきた。その美しさに平氏一門は見とれる。時忠(森田剛)は滋子を貴人の妻にしたいと清盛に言うが、滋子は身分に関係なく好きな相手に嫁ぐと言い放つ。後日、清盛は池禅尼(いけのぜんに:和久井映見)を訪れ、滋子の強さをほめた。そして、決裂している鳥羽法皇と崇徳上皇を実の父子でなくても家族になれることを知る自分が和解させたいと語る。


1155年10月、後白河帝が正式に即位。宴(うたげ)の席に崇徳上皇から祝いの歌が届けられる。しかし、実はその歌に新しい帝への憎しみが込められていることを見抜いた後白河帝は怒って暴れだす。その姿に亡き白河院を見た鳥羽法皇は激しく取り乱し、これまで蓄積した心労もあいまって伏せってしまう。


見舞いに訪れた清盛に鳥羽法皇は、もしも何かあったときには御所を守れと命じるが、清盛は謝罪の気持ちを崇徳上皇に伝えてはと勧める。そして鳥羽法皇の写経を手に崇徳上皇を訪ねた清盛は、法皇がみずからの所業を悔いていることを伝える。しかし写経は、崇徳上皇によって破かれてしまう。


翌年になると、鳥羽法皇の病はさらに悪化した。そんな中、崇徳上皇の挙兵が都でうわさになり、信西は都中の武士に鳥羽法皇に忠誠を誓うための誓紙を出すように命じた。清盛はその命令に対し、平氏は鳥羽法皇と崇徳上皇のどちらにもつかず、二人を和解させることを改めて宣言するが、一門は不安にかられていた。池禅尼は忠正(豊原功補)に、いざというときは亡き忠盛の志を守ってくれと頼んだ。


一方、義朝は鳥羽法皇への誓紙を書くが、その直後に為義の家臣・鎌田通清(金田明夫)にその行為を責められる。源氏が仕える左大臣・頼長の立場がわからぬ現状で誓紙を書くことは危険であるからだった。しかし義朝は意に介さない。さらに通清は義朝に為義との和解を勧めるが、義朝は拒否する。その様子を見て義朝と行動をともにしてきた鎌田正清(趙珉和)も義朝のもとを去った。


その後、やりきれない義朝は清盛を訪ねる。そこで清盛の子どもたちの仲むつまじい様子をうらやましく見つめた。義朝が鳥羽法皇への誓紙を書いたことを告げると、清盛は鳥羽法皇と崇徳上皇を和解させるべきだと反論。すると義朝は、この混乱こそが武士が出世する好機だと叫んだ。


そのころ、崇徳上皇のもとを美福門院得子(松雪泰子)が訪れていた。崇徳上皇が院政を行う最初の機会を奪った張本人だった得子は、息子である近衛帝がよう折したのは自分が無理に帝につけたからかもしれないと悔やみ、もう長くない鳥羽法皇との和解を崇徳上皇に訴えた。


今度は清盛を信西が訪ねていた。誓紙を書かない清盛に、世の流れは大乱に向かっていると告げ、自分がもっとも守りたいものはなんなのかを見定めろとさとす。その言葉は清盛に重くのしかかった。


7月、鳥羽法皇の危篤の報が都を駆け巡った。そして鳥羽法皇のもとへ崇徳上皇がかけつけた。しかし、警固の兵たちが崇徳上皇を通さない。強引に中へ入ろうとする崇徳上皇の前に立ちふさがったのは清盛だった。清盛は崇徳上皇に向かい、すでに遅かったこと、自分にも守るべきものがあることを告げ、剣を向けた。清盛は平氏一門を守るため、誓紙を書いていたのだ。

そして鳥羽法皇は亡くなった。雨の中、濡れてさまよう崇徳上皇に近づいたのは頼長だった。鳥羽法皇の崩御により、くすぶっていた火種それぞれが炎をあげ、都を戦に巻き込んでいく。

(公式サイトより)









はい、相変わらず低視聴率で人気のない『平清盛』なんですが・・・・
個人的には、ものすごく面白いんですが。 なにか?(^^;


後の建春門院:滋子さん登場。 「棟梁がアホやと一門もアホになるんやなぁ」(^^;
いや~この場面、面白かった。『ちりとてちん』の雰囲気を思い出しました。

これに続く池禅尼(いけのぜんに:和久井映見)のセリフがやたら引っかかりますね。
もうひとつ、聡明さに欠ける女性のようで。。。

後白河帝が正式に即位した宴(うたげ)の席に崇徳上皇の歌・・・
この場面はちょっとホラーな雰囲気です。


ダーク信西、己の野望のために着々と事を進めております。

義朝にあんな大きな息子がいたとはね。 源氏と平氏の比較が解りやすい。
鳥羽院崩御、崇徳上皇、親の死に目にあえず。。。
頼長近づく。。。いよいよ保元の乱ですか~。


来週も楽しみ♪(*^^*)







 ← クリックお願いします♪









保元の乱・平治の乱
吉川弘文館
河内 祥輔

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 保元の乱・平治の乱 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 平清盛 第19回「鳥羽院の遺言」

    Excerpt: 後白河天皇が突然誕生し、なぜそのような決断をしたのかを明らかにしないまま、鳥羽法皇は心が穏やかではない日々が続きます。物語の中では、信西の陰謀によって完全にコントロールされたらしいことが説明されていま.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2012-05-13 21:53
  • 平清盛 第19回 鳥羽院の遺言

    Excerpt: 『鳥羽院の遺言』 内容 誰ひとり予想できなかった後白河帝(松田翔太)の誕生。 鳥羽法皇(三上博史)の信頼厚い信西(阿部サダヲ)の策略によるモノだった。 権力を握っていた頼長(山本耕史)を失脚させ、父.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2012-05-13 21:57
  • 平清盛 第19話 「鳥羽院の遺言」

    Excerpt: 何が何だか解んなかった後白河天皇成立からその後。世相は戦乱へ下り坂ゴロゴロ。 Weblog: Curse priest racked: 2012-05-13 21:58
  • 平清盛 第19話 感想「鳥羽院の遺言」

    Excerpt: 平清盛ですが、藤原頼長(山本耕史)の失脚、源義朝(玉木宏)の乱心、崇徳上皇(井浦新)の身の毛もよだつ暗号など見所満載です。鬼若二百叩きの刑の衝撃も吹き飛びますが、平家のみなさんは時子(深田恭子)や時忠.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2012-05-13 22:05
  • 大河ドラマ「平清盛」第19話 

    Excerpt: 第十九回「鳥羽院の遺言」    Weblog: またり、すばるくん。 racked: 2012-05-13 22:19
  • 【平清盛】第19回

    Excerpt: 予想し得なかった後白河天皇(松田翔太)誕生に、朝廷は揺れる。 強大な軍事力を持つ平氏の棟りょう・清盛(松山ケンイチ)は、この人事によって決定的と なった崇徳上皇(井浦新)と鳥羽法皇(三上博史).. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2012-05-13 22:23
  • 『平清盛』 第19回「鳥羽院の遺言」

    Excerpt: JUGEMテーマ:大河ドラマあらたに即位した後白河帝は、やはり朝廷内でも驚きの声が。しかし、身分の高い公家たちも、新帝の乳夫である信西に取り入ろうとします。清盛は高階通憲のころと別人のようになった信西.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2012-05-13 22:41
  • 「平清盛」第19話。

    Excerpt: 「平清盛」見ました。今週も面白かったです。主人公周辺以外が… Weblog: Flour of Life racked: 2012-05-13 23:50
  • 大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男19鳥羽法皇崩御!最後まで和解を模索した清盛も最後は現実を見据え後白河天皇に味方する苦渋の決断を下した

    Excerpt: 大河ドラマ「平清盛」第19話は後白河天皇のまさかの誕生で朝廷は大混乱に陥っていた。そんな中で清盛は何とか鳥羽院と崇徳院の和解を模索するが手段が見えないままだった。そん ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2012-05-14 00:11
  • 大河ドラマ「平清盛」 第19話 あらすじ...

    Excerpt: 後白河天皇誕生---------鳥羽院の最期。逆転満塁ホームラン的に伏兵がまさかの頂点へ。いやぁ、これで一気に政治が動いたわけで。両者仲直りを・・・なあんて甘ちょろい考えが通じない... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2012-05-14 00:35
  • 大河ドラマ 「平清盛」 #19 鳥羽院の遺言

    Excerpt: 信西に実権が集まることになった後白河帝践祚。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2012-05-14 05:57
  • 大河ドラマ「平清盛」第19回

    Excerpt: 鳥羽院、崩御… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205130004/ NHK大.. Weblog: 日々“是”精進! ver.A racked: 2012-05-14 06:13
  • 火種の元 ~平清盛・鳥羽院の遺言感想~

    Excerpt: 『このごろ都に流行るもの 肩当て、腰当、烏帽子止め 襟の立つ型、錆烏帽子 布打の下袴、四幅の指貫(さしぬき)』 梁塵秘抄 368章 梁塵秘抄の一節で、京の治安が悪かった事を表したもの .. Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 racked: 2012-05-14 10:41
  • 平清盛 第19回 「鳥羽院の遺言」

    Excerpt: ついに鳥羽法皇が亡くなってしまいました。 番組紹介に「カリスマ・鳥羽法皇」って書いてありますが、カリスマだったんですね。 ずーっと可哀想な感じの人でした。 後白河天皇に、白河法皇と同じ.. Weblog: 青いblog racked: 2012-05-14 10:52
  • 14歳の少年、叔父を殺害

    Excerpt: 「欲のため身内を殺すも厭わぬ者になるばかりではござりませぬか!」この優しい鬼武者が、のちに自らも弟殺しをする事になるとは、親の教育って怖いな平清盛第19回鳥羽院の遺言義... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2012-05-14 20:26
  • 14歳の少年、叔父を殺害

    Excerpt: 「欲のため身内を殺すも厭わぬ者になるばかりではござりませぬか!」この優しい鬼武者 Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機 racked: 2012-05-14 20:27
  • 「平清盛」 第19回、鳥羽院の遺言

    Excerpt: 大河ドラマ「平清盛」。第19回、鳥羽院の遺言。 今まで良い味を出していた鳥羽院の崩御。 天下大乱へ。 Weblog: センゴク雑記 racked: 2012-05-14 21:54
  • 平清盛 第19回

    Excerpt: 脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/三上博史/山本耕史/森田剛/成海璃子/小日向文世/和久井映見/阿部サダ.. Weblog: to Heart racked: 2012-05-15 00:28
  • 平清盛、性格に問題があった義朝!!

    Excerpt: 後白河天皇を即位させた事に後悔する鳥羽法皇と恨みを募らせる 崇徳上皇 このまま何事もなく時が過ぎる筈がありません。 全ての争いの元は後白河天皇を即位させた鳥羽法皇にあるようで す 鳥羽法皇晩.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2012-05-15 11:45
  • 情の平氏、武の源氏/平清盛 第19回「鳥羽院の遺言」(2)

    Excerpt: 平清盛 第19回「鳥羽院の遺言」レビュー(2) ◎『平清盛』登場人物/キャスト 【今週のひとこと】 「棟梁がアホやとみんなアホやな」(兎丸) 【あらすじ】 .. Weblog: (不肖)大河ドラマ批評家「一大河」の批評レポート racked: 2012-05-15 14:00
  • 【平清盛】第19回感想と視聴率上昇「鳥羽院...

    Excerpt: 「鳥羽院の遺言」遅くなりましたが、6月から出演する新キャスト6人が5月5日に発表されたそうです。高橋愛(25)(元モーニング娘)、窪田正孝(23)、中川大志(13)、渡部豪太(26)、... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2012-05-15 14:22
  • NHK大河ドラマ「平清盛」第19回「鳥羽院の遺言」

    Excerpt: 鳥羽院様がいよいよですか?乱れに乱れた御所の内、そのすべての原因を作られたのは故・白河院様で、むしろ第一被害者ともいえる鳥羽院様ですが、その悪業に乗せられてご自分もなさってきた様々な罪科、この所随分悔.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2012-05-16 06:58