『マリリン 7日間の恋』 ('12・初鑑賞39・劇場)




☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
3月24日(土) 神戸国際松竹 スクリーン4 にて 16:50の回を鑑賞。


解説:
永遠のハリウッド・アイコン、マリリン・モンローが『王子と踊子』出演のためにイギリスに赴いた
際の知られざるエピソードを、同作のスタッフであったコリン・クラークの回想録を基に映画化
したラブロマンス。

『ブルーバレンタイン』のミシェル・ウィリアムズがマリリンにふんし、華やかなスターが抱える
複雑な心情を巧みに表現。『ヘンリー五世』のケネス・ブラナー、『ハリー・ポッター』シリーズの
エマ・ワトソン、『あるスキャンダルの覚え書き』のジュディ・デンチなど、脇を固めるイギリスを
代表する演技派たちの妙演も見逃せない。

あらすじ:
名優ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督と主演を務める『王子と踊子』の撮影で、
ハリウッドからロンドンへと渡ったマリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)。

スタッフから大歓迎を受ける彼女だったが、初の海外撮影に対する重圧などから現場に遅刻
するように。
ローレンスたちに冷たくされて困惑するマリリンに、第3助監督のコリン(エディ・レッドメイン)は
第三者からの視点でアドバイスを送る。それを機に、二人は心を許し合う仲になるが……。

(シネマトゥデイ)








現時点で、今年のNo.1です♪ (*^^*)
実話と言ってるけど現実とは違うとか、細かい理屈はどうだっていいんです♪


この映画を観てる時間がどれだけ至福の時だったか!
本当に良い映画って、こういうのを言うんですよ♪


観終わった後の心の充実感。 本当に良いものを見せてもらった♪(^-^)
本当に映画ってええなぁ~って心底思った瞬間!!


この作品を観たら、誰だって、マリリンに恋をします♪
自分も実際のマリリンのことはほとんど知らんのに、この映画のマリリンに恋していました。


ミシェル・ウィリアムスの見事なまでのなりきり演技!
『マーガレット・サッチャー』のメリル・ストリープがアカデミーを獲ったけど、個人的には
ミシェルのほうが良いと思いました。


脇を固めるキャストも素晴らしい。
サー・ローレンス・オリヴィエを演じたケネス・ブラナーの存在感。
ジュディ・デンチが演じたシビルの人間的器の大きさ。
そしてエマ・ワトソン 『ハリポタ』のハーマイオニー以外の演技を初めて見ました。
ヴィヴィアン・リー役のジュリア・オーモンド、久しぶりに観たけど老けたなぁ。。。



7日間の”恋”となっていますが、この”恋”はマリリンの恋ではなく、映画をみてる
私たちのことを指しているのかなぁと思いました。(*^^*)



とにかく プラトニックな恋なのが良かった。
もちろん、キスやハグ、セミ・ヌードといったセクシーな場面もありますが、全くやらしくない。


マリリンの孤独(薬物に頼っている場面もあり)や苦悩も描いていますが
根底に流れているのは清らかな青年の眼からみたマリリンという女性の姿。



ご承知の通り、マリリンはこの数年後に亡くなりますが、”あの時の輝き”を
大切に保存しておきたい、そんな衝動に駆られる気分。


なに書いてんだか、よく解らんよーになってきた。
とにかく! 俺はこの映画が大好きだ!! (*^^*)



オープニングとエンディングのミュージカル・シーンも必見♪
みなさんも、マリリンに恋してください♪











2011年/イギリス、アメリカ/100分/シネスコ/
監督:サイモン・カーティス/原作:コリン・クラーク/脚本:エイドリアン・ホッジス/
出演: ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ドミニク・クーパー、ジュリア・オーモンド
    ゾーイ・ワナメイカー 、グレイ・スコット、エマ・ワトソン、ジュディ・デンチ/




 ← クリックお願いします♪



王子と踊り子 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2002-06-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 王子と踊り子 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
マリリン・モンロー・ダイヤモンド・アルバム [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2002-08-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マリリン・モンロー・ダイヤモンド・アルバム [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • マリリン 7日間の恋 / My Week With Marilyn (2度鑑賞)

    Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click NYで観て来た映画つづき 2012年はマリリン没後50年 ミシェル・ウィリアムズがマリリンになり切った.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2012-04-05 21:57
  • マリリン 7日間の恋/My Week with Marilyn

    Excerpt: 現在に至るまでアメリカのセックスシンボル、永遠のアイドルとして輝くマリリン・モンローがイギリスに渡り、名優ローレンス・オリヴィエが監督・主演する映画『王子と踊り子』に出演した時の逸話を描いた作品。主演.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2012-04-05 22:25
  • マリリン 7日間の恋

    Excerpt: メイクを落として、 ヒールを脱いで、 それから―― 秘密の恋におちた。 原題 MY WEEK WITH MARILYN 製作年度 2011年 製作国・地域 イギリス/アメリカ 上映時間 100分 .. Weblog: to Heart racked: 2012-04-05 22:41
  • マリリン 7日間の恋

    Excerpt: 【MY WEEK WITH MARILYN】 2012/03/24公開 イギリス/アメリカ 100分監督:サイモン・カーティス出演:ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、.. Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・ racked: 2012-04-06 10:36
  • 映画「マリリン 7日間の恋」予告の印象と中身は随分違って見えた

    Excerpt: 「マリリン 7日間の恋」★★★★ ミシェル・ウィリアムズ、エディ・レッドメイン、ケネス・ブラナー、 エマ・ワトソン、ジュディ・デンチ出演 サイモン・カーティス監督、 100分、2012年3月24日公.. Weblog: soramove racked: 2012-04-09 11:49
  • マリリン

    Excerpt:  『マリリン 7日間の恋』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)この映画は、原題が「My Week with Marilyn」であり、邦題だとマリリン・モンローが主体の恋物語のように思わ.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2012-04-10 22:23
  • 「マリリン 7日間の恋」 マリリンというキャラクター

    Excerpt: 惜しくもオスカーを逃したミシェル・ウィリアムズがマリリン・モンローを演じる「マリ Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2012-04-14 20:13
  • 映画:マリリン 7日間の恋 My Week with Marilyn これまた「映画愛」に溢れることに驚きつつ しみじみ。

    Excerpt: これまた「映画愛」に溢れている一作で、「アーティスト」「ヒューゴ」といい勝負(笑) 個人的総合評価では、「アーティスト」>「マリリン」>「ヒューゴ」と強力作に割って入る出来だった。 ただ、 「し.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2012-04-15 07:23
  • 『王子と踊り子』 ('12・初鑑賞44・DVD)

    Excerpt: ☆☆☆★- (10段階評価で 7) 4月8日(日) DVDにて鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2012-04-15 13:07
  • マリリン 7日間の恋

    Excerpt: もし、アカデミー賞にノミネートされなかったら 観なかったかもしれません。 1956年。 コリン・クラークは恵まれた富裕の家に育ったが、 映画業界への憧れを捨てられないでいた。 機転.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2012-04-26 13:04
  • マリリン 7日間の恋

    Excerpt: 稀代の名女優、20世紀のセックス・シンボル、マリリン・モンローの最盛期の頃のラブロマンスを描いた作品である。映画「王と踊り子」の撮影のためにハリウッドを旅立ち、ロンドンを訪れたマリリン・モンローの.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2012-06-20 10:59
  • 映画『マリリン 7日間の恋』を観て

    Excerpt: 12-34.マリリン 7日間の恋■原題:My Week With Marilyn■製作国・年:アメリカ・イギリス、2011年■上映時間:100分■字幕:戸田奈津子■観賞日:4月29日、角川シネマ有楽町.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2012-08-04 20:51