『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』 ('12・初鑑賞43・劇場)




☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
4月7日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ1にて 15:30の回を鑑賞。


解説:
1960年代、人種差別が横行していたアメリカの田舎町に変化をもたらした実在の女性たちに
ついて記したベストセラー小説を映画化した人間ドラマ。
白人家庭でメイドとして働く黒人女性たちとジャーナリスト志望の若い白人女性との友情を通して、
社会に対して立ち上がる勇気を描いていく。

主演は、『ゾンビランド』のエマ・ストーン。『ダウト ~あるカトリック学校で~』のヴィオラ・デイヴィス、
『ターミネーター4』のブライス・ダラス・ハワード、『ツリー・オブ・ライフ』のジェシカ・チャスティンなどが
共演。感動的なストーリーはもちろん、彼女たちの熱演にも心を揺さぶられる。


あらすじ:
アメリカ・ミシシッピ州。
1960年代当時、白人家庭でメイドとして働く黒人女性は“ヘルプ”と呼ばれていた。
作家志望のスキーター(エマ・ストーン)はメイドの置かれた立場に疑問を抱き、彼女たちに
インタビューをすることに。
仕事を失うことを恐れて、皆が口をつぐむ中、一人の女性の勇気が社会を揺るがすことになる。

(シネマトゥデイ)








タイトルの『ヘルプ』とは、メイド(ヘルパーさん)のことであり、彼女たちの心の叫び。
実話を元に構成された小説を映画化。


1960年代というと、マーティン・ルーサー・キング牧師やローザ・パークス女史が中心となった
公民権運動が盛んになった時代。


アメリカ南部のミシシッピーでは、当時まだまだ黒人に対する差別が日常にあった。


とかく、こういう作品は内容が内容だけに重くなりがちなんですが、この作品は随所に
ユーモアが溢れています。 


上映時間も2時間26分と長めですが、まったく時間を感じることなく、作品の世界にドップリ
浸かってしまいました。


黒人と同じトイレを使うのはどんな病気をもらうかわからん、衛生上良くないと言いだし、
黒人専用のトイレを作らせる法案を通させようとする白人女性。


白人に口答えしようものなら、殺されても仕方ない・・・そんな状況。
黒人メイドの真実を本にしようと、インタビューをはじめる主人公:スキーター。


でも誰も語ろうとはしない。そんな中、たった一人、エイビリーン(ヴィオラ・デイヴィス)が
ついに心を開き、真実を語り始めます。 死んだ息子のことや、仕事のこと。


そして彼女の親友で料理上手のミニーもインタビューに参加するようになりました。



ミニーのチョコレート・パイのエピソードはけっこう強烈。(^^;
雇い主の白人女性ヒリーに「クソ食らえ!」と、文字通り○○○入りのチョコレート・パイを
食べさせ、ヒリーはこの後、ことあるごとに、このチョコ・パイに苦しめられます。
ほんと、いい気味。(^ー^)


嫌味なヒリーを演じたブライス・ダラス・ハワード、実にお見事な嫌われキャラっぷりでした。


白人女性同士の中でも、仲間外れにされる人がいます。
少々、天然入ってるシーリア。 

この作品の白人女性のなかでは、個人的には一番好き。
自分なりに一生懸命、みんなの輪に入ろうとするんだけど、失敗を繰りかえしてしまうんよね。

彼女がミニーを雇って、彼女からフライドチキンの作り方を教わる場面、そして、それに続く、
シーリアがミニーと同じ食卓でフライドチキンを食べる場面が印象的。

黒人のミニーは驚いて、「奥様(白人)は、ダイニングでお食べください!」と言うんだけど
「わたしは、ここで(キッチンであなたと一緒に)食べたいの!」と同じテーブルで食事。

この天然(ちょっとバカっぽい)白人女性の高感度がMAXになった瞬間でした。



スキーター自身、育ての親と言っているのは、黒人メイドのコンスタンティン。
少女時代「わたしはブスだから・・・」としょんぼりしてるスキーターにコンスタンティンが
叱咤激励する場面も印象的。


エイビリーンが自分の娘のように育てている、雇い主の娘も、将来スキーターの
ような女性になるんだろうね。



全てが解決したわけではなくて、これから始まる・・・といったラスト。
エイビリーンの決して後ろをみない凛としてまっすぐ前を行く背中を映して、エンディング。

「私自信が勝利の証(あかし)」・・・流れる歌も最高に素晴らしい。



また映像が温かみにあふれていて、女性たちの友情や、心の強さ、それらを
押しつけがましくなく、見せてくれる作品です。


男どもの出番はほとんどなし。(^^;
やっぱ女性は強いのよ。


何度でも観たいと思わせる、さわやかな作品。これは、絶対鑑賞すべき作品です♪


そうそう、1960年代ってことで、やたら喫煙率が高いのよね。
この当時は煙草の害なんか誰も信じてなかったし、喫煙がファッションになってたから。
映画でもほとんどの白人女性がどの場所でも煙草を吸っていました。。。(--;







2011年/アメリカ/146分/ビスタ/
監督・脚本:テイト・テイラー /原作:キャスリン・ストケット/
出演:エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、オクタヴィア・スペンサー、
    ブライス・ダラス・ハワード、ジェシカ・チャステイン/




 ← クリックお願いします♪



ヘルプ (上) 心がつなぐストーリー (集英社文庫)
集英社
2012-02-17
キャスリン・ストケット

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヘルプ (上) 心がつなぐストーリー (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年04月13日 10:38
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2012年04月13日 21:06
履歴書の書き方さん>
コメントありがとうございます♪
お褒め頂き恐縮です。(^-^)

この記事へのトラックバック

  • ヘルプ 心がつなぐストーリー/The Help

    Excerpt: キャスリン・ストケットの全米ベストセラーを映画化。1960年代のアメリカ南部の田舎町を舞台に、1人の白人女性が黒人メイドの実態を取材して本にするまでを描いたヒューマンドラマ。主演は『ゾンビランド』の.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2012-04-12 23:26
  • 「ヘルプ~心がつなぐスト-リー~」勝ち取ったもの

    Excerpt: 虐げられた人々を扱ったテーマが気になる私。 まさにこの映画がそうだ。 法律的には奴隷解放されても、実際にはまだまだ公然と差別を受ける社会。 八方塞がりな中で、人間の尊厳を忘れず真っ直ぐに生きてい.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2012-04-13 22:55
  • ヘルプ ~心がつなぐストーリー~

    Excerpt: 【THE HELP】 2012/03/31公開 アメリカ 146分監督:テイト・テイラー出演:エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、オクタヴィア・スペンサー、ブライス・ダラス・ハワード、ジェシカ・.. Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・ racked: 2012-04-13 22:58
  • 『ヘルプ -心がつなぐストーリー-』 2012年3月16日 よみうりホール

    Excerpt: 『ヘルプ -心がつなぐストーリー-』 を試写会鑑賞しました。 想像通り、期待を裏切らない素晴らしい映画でした 今年の上位ランクイン間違いなしですね 【ストーリー】  アメリカ・ミシシッピ州。196.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2012-04-14 00:16
  • ヘルプ~心がつなぐストーリー~/THE HELP

    Excerpt: 予告編を観て、なかなか面白そうで・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 60年代前半の米国南部の町ジャクソン。 大学を卒業して実家に戻ったスキーターは、生まれ故郷の保守的な町で旧態依然の人.. Weblog: いい加減社長の映画日記 racked: 2012-04-14 05:53
  • ヘルプ 心がつなぐストーリー / THE HELP

    Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click ヘルプとは、白人宅で働く黒人メイドのこと。 1960年代のアメリカ南部を舞台にしたベストセラー小説の映画化。 .. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2012-04-14 18:56
  • ヘルプ

    Excerpt:  『ヘルプ 心がつなぐストーリー』をTOHOシネマズシャンテで見ました(注1)。 (1)本作については、この映画館を随分と利用しているために何回も予告編を見て、それで全部分かったような気になっていま.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2012-04-18 22:03
  • 映画「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」感想

    Excerpt: 映画「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」観に行ってきました。1960年代におけるアメリカの田舎町を舞台に、白人家庭で仕事をする黒人メイド達の実態を暴いた、実在する同名の... Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2012-04-18 23:20
  • 『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』

    Excerpt: あらすじを観てて、とっても気になっていた作品だったので、この間新宿武蔵野館で観てきました。 平日の昼間の回とはいえ、結構席が埋まっていて、ちょっとびっくり。 こういう作品は女性受けするなーと思.. Weblog: Cinema+Sweets=∞ racked: 2012-04-28 23:14
  • 「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」

    Excerpt: 良心的なヒューマン・ドラマで、笑いも盛り込まれていて、とてもいい。 ジェシカ・チャステインさんの、マリリン・モンロー風キャラも愛らしい! Weblog: 或る日の出来事 racked: 2012-05-01 22:17
  • 「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ 」 シリアスな題材を心地よいユーモアで

    Excerpt: 黒人差別という社会問題を題材にしながらも、軽妙さ・ユーモアを爽快感も合わせ持つ快 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2012-06-16 09:35
  • 映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』~アカデミー賞受賞作品

    Excerpt: 12-30.ヘルプ~心がつなぐストーリー■原題:The Help■製作国・年:2011年、アメリカ■上映時間:146分■字幕:石田泰子■観賞日:4月1日、新宿武蔵野館(新宿) □監督・脚本・製作総指.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2012-07-29 18:55
  • 『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』 そのいくつもの意味

    Excerpt:  なんて楽しい映画なのだろう。  ややオーバーアクション気味に豊かな表情を見せる役者たち、色鮮やかな街並みや衣裳の数々、恋人たちの背後に流れるオールディーズの歌声。いずれも映画の楽しさをいや増し.... Weblog: 映画のブログ racked: 2012-08-04 21:45
  • ヘルプ~心がつなぐストーリー~

    Excerpt: 白人家庭と、そこで働く黒人家政婦。白人の黒人に対する偏見が酷かった事を痛感した。今でも勿論水面下ではあるんでしょうね。しかしユーモラスさを描写することによって、ただ悲惨な現状を告白するだけのお.. Weblog: いやいやえん racked: 2012-10-01 09:26