平清盛 第7回「光らない君」




一日遅れですが、『平清盛』のお時間です。(^^;
あらすじ・・・・・


犠牲は出したものの海賊を討伐した平氏一門。
清盛(松山ケンイチ)の乳父・平盛康(佐戸井けん太)は亡くなったが、清盛は生前の盛康に、漁師出身の鱸丸(すずきまる:上川隆也)を養子にするよう頼んでいた。

晴れて鱸丸は武士となり、平盛国と名乗ることとなった。


源氏物語の世界にあこがれる貴族の娘・時子(深田恭子)は、琵琶の稽古に向かう途中も光源氏のようなすてきな男性との出会いを夢みる。そこで偶然、粗暴な清盛と最悪の出会いを果たす。この時はまだ、平家一門を担う夫婦になるとは、二人とも知る由もなかった。

海賊退治の戦功で、清盛は従四位下の位を授けられたが、棟りょうである忠盛(中井貴一)は念願の公卿(くぎょう)にひきたてられなかった。

御所に挨拶に出向いた清盛はその帰り道、雨でぬかるむ道で転んだ父子を助けた。下級貴族・高階基章(たかしなのもとあき:平田満)とその娘・明子(加藤あい)であった。基章はひとめで清盛のことが気に入り、娘を妻としてくれないかと申し出る。清盛はとまどいながらも明子に心を奪われていた。


御所では得子(なりこ:松雪泰子)が鳥羽上皇(三上博史)の娘を産んだ。
璋子(たまこ:檀れい)は周囲の思いをよそに、大量の産着(うぶぎ)を持って得子のもとへお祝いに行き、赤子を育てる苦労を語った。璋子の邪心のない悠然とした態度が許せない得子は、鳥羽上皇を「皇子を産みたい」とたずねる。


このころ、佐藤義清(のりきよ:藤木直人)は歌の才により、崇徳天皇(井浦新)からも一目置かれる存在になっていた。清盛は義清に明子のことを相談しようと訪ねるが、義清には既に妻がいると聞かされて驚く。

一方、父の暴走にとまどう明子は、琵琶の弟子であり、親友の時子に相談すると、時子はまるで源氏物語の「明石の君」のような良縁と明子に進言、明子を連れて神社で縁結びを祈ろうとする。そこでふたりは、明子との再会を祈る清盛と出会う。時子は明子の相手が以前会った下品な男と知って落胆する。明子は思わず立ち去るが清盛は追いかけ、明子に海の話や大きな夢を語る。明子は清盛にひかれながらも身分違いの縁だと気後れしていた。


そのころ、藤原家成(佐藤二朗)は宗子(和久井映見)をたずね、清盛に格式ある家の娘を嫁にとるよう勧めていた。家成はいとこである宗子が、血のつながらない清盛を育てる気苦労を案じていた。

ある日、明子に清盛から文が届く。義清が清盛に代わって恋の歌を贈ったのだ。しかし明子から届いた返歌は断りの内容だった。あきらめきれない清盛は明子を訪ねて真意を問う。明子はこの身分違いの縁は、父のすがる住吉明神の力によるものにすぎないと改めて断った。しかし、清盛は明子への思いは自分自身の心によるものであると率直な思いを語った。明子はやがて涙とともに清盛を受け入れるのであった。


清盛は忠盛の館に基章と明子を連れて行く。
家格の違いから一門は結婚に反対するが、清盛の純粋な明子への思いを聞いた忠盛はふたりの結婚を認める。

だが、この結婚は平氏一門に新たな波紋をもたらすのである。

(公式サイトより)





本編がはじまる前に「今日のみどころ」のコーナーが登場。
視聴率が思ったよりも低いようで、スタッフも少々あせりが出てきているもよう。


個人的には、今までの大河の経験から、”視聴率が低い=つまらない” とは決して言えなくて
むしろ逆におもしろいものが多かったように思います。


特に、今回の大河は個人的にかなりの高感触なので、低視聴率にめげずにがんばってもらいたい
と思います。(^-^)



のちの清盛生涯の伴侶となる時子さん、本格的に登場。
演じる深キョン、恋に恋する若い年代の演技なので、いまのままでも十分いけるとは思いますが、
晩年はどう演じるのか、興味深い部分ですね。

『義経』で同役を演じていた松坂慶子さんのイメージが脳裏にこびりついていますので
ああいうふうに凛とした演技ができるかどうか?


一週あけて登場、鳥羽上皇(三上博史)。

璋子(たまこ:檀れい)と得子(なりこ:松雪泰子)のバトルは見もの。
完全天然人の心がない璋子さんに得子さん なすすべなし。(^^;;



時子さんの前の奥さん明子:加藤あい。
清盛がプロポーズする場面は、わりと良かったですね。けっこう迫るものがありました。


忠盛は 「あそびを せんとや うまれけむ」と口ずさむ。
それをみて複雑な表情を浮かべる宗子さんでした。


そういや、海賊の面々は少しだけの登場でした。






 ← クリックお願いします♪



平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版
2011-12-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「平清盛」第7回

    Excerpt: 清盛、妻をもらうことに… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202190004/ .. Weblog: 日々“是”精進! ver.A racked: 2012-02-20 15:21
  • 大河ドラマ「平清盛」 Vol.7光らない君

    Excerpt: 【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,.. Weblog: Refreshing-wind-blows※別館※ racked: 2012-02-20 16:07
  • NHK大河ドラマ「平清盛」第7回「光らない君」

    Excerpt: 光らない?って、そりゃあそうでしょう、源氏じゃないんですもの・・・ゴホンゴホン。  これってつまり嫁取り話?難儀な所に入ってまいりましたねええ~。ここんところの大河のここら辺って妙に現代風って言うか.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2012-02-20 16:11
  • 『平清盛』 第7回「光らない君」

    Excerpt: JUGEMテーマ:大河ドラマ京の屋敷に帰還した忠盛は、海賊討伐における一門の労をねぎらいました。家盛は、清盛に海賊退治の話を聞きたがります。それ以上に、屋敷にたむろする兎丸たちに興味津々のようですが。.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2012-02-20 18:02
  • 【平清盛】第7回

    Excerpt: 海賊討伐をへて、清盛(松山ケンイチ)は従四位下の位を得て出世する。 そんなある日、清盛は下級貴族・高階基章(平田満)とその娘・明子(加藤あい)と出会う。 基章は、ひと目で清盛が気に入り、明.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2012-02-20 18:18
  • 「平清盛」 第7回、光らない君

    Excerpt: 大河ドラマ「平清盛」。第7回、光らない君。 今回は清盛の恋の話。 なんか、所々にいまいち感が・・・ Weblog: センゴク雑記 racked: 2012-02-20 20:46
  • 平清盛 第7回「光らない君」 ~ みがく前 原石ダイヤの プロポーズ ~

    Excerpt: 海賊退治から凱旋した、平氏一門。鱸丸が武士となり、平盛国と名乗ることになりました。清盛と並ぶと、清盛の方が家来に見えますw Weblog: 風のうわさ racked: 2012-02-20 21:38
  • 妻との出会いは ~平清盛・光らない君感想~

    Excerpt: 海賊を家来に入れた清盛たち。 さらに漁師の鱸丸も養子に迎え入れられ、盛国と名乗ることになる。 随分と唐突にストーリーが進められている気もするが。 正四位をもらった清盛。 貴族からすれば.. Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 racked: 2012-02-20 22:26
  • 平清盛、名前が分からないようです??

    Excerpt: 鱸丸改め平盛国の誕生です 清盛が亡くなったのが盛国の屋敷だと伝えられているくらい ですから、清盛と盛国の絆は相当深かったのでしょうね それにしても清盛の衣装が酷過ぎます 家来の盛国と比べて.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2012-02-21 14:24
  • 『平清盛』第7回

    Excerpt: ~光らない君~ Weblog: 悠雅的生活 racked: 2012-02-21 21:33
  • 大河ドラマ 「平清盛」 #07 光らない君

    Excerpt: 光らない君って、光源氏とかけているんですかね。 あら、見所なんて…。 予告編ですか? Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2012-02-21 21:43