『青いパパイヤの香り』 ('11初鑑賞164・WOWOW)




☆☆☆★- (10段階評価で 7)
11月19日(土) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。


解説・あらすじ:
ドキュメンタリー出身のベトナム系フランス人、トラン・アン・ユンの初めて劇映画。

サイゴンのある資産家の家に、10歳の少女ムイが奉公人として雇われて来た。
その家には優しい女主人と根無し草の旦那、三人の息子たち、そして孫娘を失って以来
二階にこもりっきりのお婆さんがいた。

ムイは先輩女中に教えられ、一家の雑事を懸命にこなしていく。
そして彼女は、ある日長男が連れてきた友人クェンに恋心を抱く……。

(YAHOO! 映画より)







自身、はじめて観る ベトナム映画(フランス合作)です。
映像のみずみずしさ、ほんとに・・・美しいというか、写実的というか、独特ですよね。


ほとんどセリフらしいセリフがなく、環境の音、虫の鳴く声・雨の音・エキゾチックな
楽器の音色に包まれた作品でした。


カエルとかアリンコとかを捉える映像も独特な雰囲気。



映像で語るタイプの作品なので、物語はあまり魅力は感じなかったんですが
これは女性賛歌なのでしょうね。


主人公の少女ムイが、パパイヤを割り、中から純白の種(?)がたくさん出てきて
それを、愛おしそうに見つめる。


母親と遠く離れて、奉公にきた家は、長女を幼くして病気で亡くした家庭。
そこの奥さんはムイのことを、亡くした自分の長女のようにかわいがる。



そして10年後(1961年)。
クェンの家で働くムイ。


クェンには婚約者がいるけど・・・。




全編にわたって、説明的なセリフ・場面は一切なし。

読み書きができない ムイにクェンが教えてあげる場面も愛情にあふれて良いですね。
ラスト、おなかの中のわが子に、物語を聞かせる、ムイの幸せそうな笑顔が印象的でした。


愛情に満ち溢れた作品です。(^-^)






1993年/フランス、ベトナム/104分/ビスタ/
監督・脚本:トラン・アン・ユン/音楽:トン=ツァ・ティエ/
出演:トラン・ヌー・イェン・ケー、リュ・マン・サン、グエン・アン・ホア/




 ← クリックお願いします♪



ノルウェイの森 [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2011-10-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ノルウェイの森 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック