『ぼくのエリ 200歳の少女』 ('11初鑑賞143・WOWOW)




☆☆☆☆- (10段階評価で 8)
10月21日(金) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。


解説:
スウェーデンのスティーヴン・キングこと、ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説
を映画化した異色ラブストーリー。孤独な少年がバンパイアと初めての恋に落ち、戸惑いながら
もその現実を受け入れていく過程を詩情豊かにつづる。

本作の核となる主人公役を演じるのは、カーレ・ヘーデブラントとリーナ・レアンデションという
無名の子役たち。
彼らのピュアな魅力が光る、残酷だがはかなくも美しい愛の物語に圧倒される。


あらすじ:
ストックホルム郊外で母親と暮らす12歳のオスカー(カーレ・ヘーデブラント)は、学校で同級生に
いじめられていた。

ある晩、彼はアパートの隣の部屋に引っ越して来たエリ(リーナ・レアンデション)という少女と
出会う。同じころ、近くの街では青年が逆さづりにされてノドを切り裂かれ、血を抜き取られるという
残忍な殺人事件が起きる。
(シネマトゥデイ)








ハリウッド・リメイク作 クロエ・モレッツ主演『モールス』を先に鑑賞しています。
順序が逆になりましたが、WOWOWシネマで放送してくれたので、やっと初鑑賞。(^-^)


一番最初 イメージ画像を観たときは、金髪の子がエリかと思ったんですが、違いましたね。(^^;
黒髪の、深く引き込まれそうな、暗い瞳をした”少女”がエリ。


実をいうと、『モールス』を観た後に、NETでいろいろ調べていたので、
詳しい内容は承知していました。


  「”女の子”じゃないよ。でも、好きでいてくれる?」




邦題で”200歳の少女”などと、誤ったタイトルつけるもんだから、別の想像しちゃいますよね!
実際、200歳とは一言も言ってませんし。


第一、女の子じゃないって、本人も言ってるし。


日本の法律では、どうしてもまともな作品を上映できない。
あの場面が重要なのに。



ヴァンパイアとして、どれだけの年月を生きてきたのか解らないけど、エリにとっては、「少年」よりも
去勢してでも「少女」になることが、生きていくために必要だったんでしょうね・・・


いや、それとも、去勢してカストラートとしての人生を歩むはずだったのか?


 

かたや いじめられっ子のオスカー。いつも孤独。
お互いがお互いを必要とした。


相手が人間でなくても少女でなくても、受け入れた。 まさに純愛と言ってもいいかも。



この映画、男性よりも女性のほうが受けが良いのも頷けます。
全編、静かな寒い映像。(スウェーデンだけに・・・)


ハリウッド・リメイク作もリメイクなりの良さがあって好きですが、この深みのあるオリジナルも
すごく好みです。


あの二人の行く末が・・・決して幸せな状況にはならない・・・すごく気になる。


根底に深い哀しみが流れている、一編の詩のような作品です。









2008年/スウェーデン/115分/シネスコ/
監督:トーマス・アルフレッドソン/原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト/
出演:カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション、ペール・ラグナー、ヘンリック・ダール/




 ← クリックお願いします♪



モールス [Blu-ray]
Happinet(SB)(D)
2012-01-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by モールス [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント
2011-02-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt: 7月5日(月)@ヒューマントラストシネマ渋谷で鑑賞。 この日は某所で「瞳の奥の秘密」を観てから会社にとんぼ返り。 戻りは土砂降りに近い雨に降られて少しめげた。 会社に戻って一所懸命お仕事を片付け.. Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2011-10-22 21:34
  • ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt: スウェーデンの人気作家ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説『モールス』を本人の脚本で映画化。ヴァンパイアと孤独な少年の恋愛を描いたラブストーリーだ。主演はカーレ・ヘーデブラントとリーナ.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-10-22 21:58
  • ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt: 気になる映画。 ともやの琴線に激しく触れる映画を発見しました。 ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト原作の小説「モールス」を映画化。 2008年に公開されたスウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女.. Weblog: ともやの映画大好きっ! racked: 2011-10-23 00:30
  • ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt: スウェーデン、ストックホルム郊外の集合住宅。 金髪の少年オスカーは毎日のように同級生の3人組にいじめられていた。 ある日、隣にエリという少女が引っ越してくる。 ボサボサの黒髪で青白い顔をしたエリは夜に.. Weblog: 象のロケット racked: 2011-10-24 19:40
  • ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt: スウェーデン人気作家ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー 『モールス』を原作者自らの脚色で映画化。 同級生のイジメにあう孤独な少年がヴァンパイアの少女と出会い、ひょんな ことから恋に落.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2011-10-27 01:49
  • DVD:ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt:  クロエ・グレース・モレッツ主演のモールスがとてもおもしろかったので、その原作であるぼくのエリ 200歳の少女をDVDで見ました。 Weblog: よしなしごと racked: 2011-11-12 21:49
  • モールス

    Excerpt: ブログネタ:語りたいこと 参加中 この作品は「ぼくのエリ 200歳の少女 」のリメイクで オリジナルは、かなり好きな作品です。 先日、友人と飲んだ時に、 友人はリメイクしたこの作品.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2011-11-13 03:37
  • ネタ元を訪ねて 第一弾 『ぼくのエリ 200歳の少女』

    Excerpt: 監督:トーマス・アルフレッドソン出演:カーレ・ヘーデブラント、リーア・レアンデションスウェーデン映画 2008年 ・・・・・・ 7点リメイク版・・・『モールス』2010年 Weblog: 映画部族 a tribe called movie racked: 2012-05-29 21:04