『フィッシュストーリー』 ('11初鑑賞107・WOWOW)




☆☆☆☆- (10段階評価で 8)
8月6日(土) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。


解説:
『アヒルと鴨のコインロッカー』に続き、伊坂幸太郎の原作を中村義洋が監督したユーモラスで
そう快な人間ドラマ。
1970年代に活動した売れないパンクバンドの一曲を中心に、とりどりの登場人物が交錯し
やがて地球の滅亡をも救う、時空を超えた奇想天外なストーリー。

伊藤淳史、高良健吾、渋川清彦の実力派若手俳優に、ロックバンド・Drive Farの大川内利充が
加わり、バンドメンバーを熱演。ロックシンガーの斉藤和義が担当した音楽にも注目だ。


あらすじ:
1975年、鳴かず飛ばずのパンクバンド“逆鱗”のメンバー4人
(伊藤敦史、高良健吾、渋川清彦、大川内利充)は、解散前最後のレコーディングに挑んでいた。
そしてときは超え、地球の滅亡まで数時間に迫った2012年、営業を続ける一軒のレコード店から
“逆鱗”のあの一曲、「FISH STORY」が流れ始め……。










映画館で予告編を見て、すごく観に行きたかったんですが観れずじまいで
今回が初鑑賞。


1975年、1982年、2009年、2012年を行ったり来たりして、断片的に描かれていきます。
お話の中心を走っているのは、パンクバンド”逆鱗”の最後の曲”フィッシュストーリー”


バラバラに描かれた物語が最後の最後で、ジグソーパズルのピースをはめるが如く、
一枚の絵に完成する。この手の物語(演出)の醍醐味ですよね♪



1982年編で、濱田岳が演じる気弱な青年が勇気の一歩を踏み出すことができるか
画面に向かってしっかりしろよ!と呟いている自分がいました。


2009年編の森山未来のかっこのいいこと! まさに正義の味方。
そして、多部未華子がとてもかわいい♪(*^^*)


2012年編の多部未華子も良い♪


1975年編の大森南朋  雰囲気が時代に似合っていますね。
伊藤淳史 がパンク・バンドのベースっていうのも、意外とはまっていた。



おもしろい作品です。だれにでもおススメ♪







2009年/日本/112分/ビスタ/
監督:中村義洋/原作:伊坂幸太郎/脚本:林民夫/
出演:伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田岳、森山未來、大森南朋/



 ← クリックお願いします♪



フィッシュストーリー [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント
2009-09-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フィッシュストーリー [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • フィッシュストーリー

    Excerpt: 伊坂幸太郎の短編小説を映画化した作品。監督は中村義洋。主演は伊藤淳史だが、バンド“逆鱗”の仲間として高良健吾、渋川清彦、大川内利充が共演。他にも森山未來、濱田岳、多部未華子、大森南朋、石丸健二郎、中村.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-08-09 23:45
  • 『フィッシュストーリー』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「フィッシュストーリー」□監督 中村義洋 □脚本 林 民夫 □原作 伊坂幸太郎(フィッシュストーリー」新潮社)□キャスト 伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田 岳、森山未來、.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2011-08-10 20:02
  • フィッシュストーリー

    Excerpt: 2012年、彗星の衝突まであと5時間。 人々が避難し静まり返った街で、一軒だけ営業を続けているレコード店があった。 店長はつぶやく「正義の味方が地球を救う」。 店に流れているのは70年代に全く売れなか.. Weblog: 象のロケット racked: 2011-08-10 22:24
  • フィッシュストーリー

    Excerpt: 『アヒルと鴨のコインロッカー』に続いて、伊坂幸太郎の原作を中村義洋 監督が映画化。 1970年代、全く売れなかったパンクバンドの1つの曲がいろんな人物が 交錯し、めぐりに巡った結果、地球滅亡の危機.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2011-08-18 02:03
  • 映画 『フィッシュストーリー』

    Excerpt:               &a.. Weblog: こみち racked: 2019-02-11 12:47