『脳内ニューヨーク』 ('11初鑑賞106・WOWOW)




☆☆--- (10段階評価で 4)
8月5日(金) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。


解説:
『マルコヴィッチの穴』『エターナル・サンシャイン』の脚本家、チャーリー・カウフマンが
監督デビューを果たすエンターテインメント・ムービー。

人生に行き詰った人気劇作家が、自分の人生を再生するため、壮大な芸術プロジェクト
の構想を思いつく。主人公をオスカー俳優フィリップ・シーモア・ホフマンが好演する。
無限の想像力をかき立てられる予測不能な脚本や、斬新な映像などチャーリー監督の
非凡なセンスと独創性に着目だ。


あらすじ:
人気劇作家ケイデン・コタード(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、ある日突然、妻と娘に
家を出て行かれてしまう。そんなとき、マッカーサー・フェロー賞受賞の知らせが舞い込む。

行き詰った彼はその賞金を使い、自分の頭の中のニューヨークを実際のニューヨークに
作り出すという壮大な芸術プロジェクトの構想を思いつく。
(シネマトゥデイ)









個人的には、壮大で意味不明で退屈な作品でした。(^^;;
124分が3時間以上に感じた。。。 映画館で観なくて良かったよ。


要は、「人は皆、自分が主人公の舞台を演じている。そこにはエキストラなんていない。」
・・・・・ってことを言いたかったんでしょうね。


主人公(フィリップ・シーモア・ホフマン)は舞台劇の演出家。


ニューヨークの巨大な倉庫内に、ニューヨークの巨大なセットを作り、役者たちになにげない
日常を演じさせる。当然なかにはこの映画の主人公を演じている役者もいて、現実に起きた
出来事をすぐに役者に演じさせたりする。


現実と演劇の多重構造。


お話としてはすごく興味深くて、個人的にすごく好きな世界観なんですが、ダラダラとした
流れが、ちょっと苦痛でした。


サマンサ・モートンって、こんなに老けてたっけ?

エミリー・ワトソンと主人公とのベッド・シーンがありますが、全然いやらしくなくて、ほんとに
自然体で、こんな風に描けられる作り手のセンスが素敵だなぁと思います。



何年か後に見直したら、感想が変わりそうな作品ですね。










2008年/アメリカ/124分/シネスコ/
監督・脚本:チャーリー・カウフマン/音楽:ジョン・ブライオン/
出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、サマンサ・モートン、ミシェル・ウィリアムズ、キャサリン・キーナー/



 ← クリックお願いします♪



脳内ニューヨーク [DVD]
ポニーキャニオン
2010-07-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 脳内ニューヨーク [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 脳内ニューヨーク / SYNECDOCHE,NEW YORK

    Excerpt: 批評家受けが良くても一般受けがいいとは限りません 1999年 「マルコヴィッチの穴」、2001年「ヒューマンネイチュア」製作/脚本 、 2002年  「コンフェッション」脚本 、.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2011-08-06 13:22
  • 脳内ニューヨーク

    Excerpt: 愛する妻アデルと娘オリーヴに去られ、人生がほとほと嫌になっていた劇作家ケイデンの元に、マッカーサー・フェロー賞(天才賞)の知らせが舞い込む。 その賞金全てを注ぎ込んで、ケイデンは前代未聞のプロジェクト.. Weblog: 象のロケット racked: 2011-08-06 20:33
  • 脳内ニューヨーク

    Excerpt:  「脳内ニューヨーク」をシネマライズで見てきました。  「パイレーツ・ロック」でさすがと思わせる演技を披露していたフィリップ・シーモア・ホフマンをまたまた見ることができるというので、早速映画館に足を.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2011-08-07 04:38
  • 脳内ニューヨーク

    Excerpt: 『マルコヴィチの穴』の脚本家、鬼才チャーリー・カウフマンの記念すべき初監督作品。プロデューサーにこれまた『マルコヴィッチの穴』のスパイク・ジョーンズが参加している。主演は『パイレーツ・ロック』のフィ.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-08-07 21:49
  • ■映画『脳内ニューヨーク』

    Excerpt: 『マルコヴィッチの穴』、『エターナル・サンシャイン』でおなじみの脚本家チャーリー・カウフマンが、初めてメガホンを取った映画『脳内ニューヨーク』。 天才脚本家、天才監督にあらずというところでしょう.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2011-08-13 05:14
  • 『脳内ニューヨーク』(映画)(2008)ー私を演じる他人は私、自己の新たな地平へのシネクドキ

    Excerpt:  フィリップ・シーモア・ホフマンが2月2日に亡くなったというニュースが流れて以来、哀悼の意を込めて何か未見の出演作品を観たいと考えていた。特にファンだったという訳では ... Weblog: マンガデシネ racked: 2014-02-25 15:32