みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『バウンティー・ハンター』('11初鑑賞85・WOWOW)

<<   作成日時 : 2011/06/22 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0




☆☆☆−− (10段階評価で 6)
6月19日(日) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。


解説:
懸賞金が懸けられた元妻を刑務所に送るべく奮闘する賞金稼ぎの元夫と、あの手この手で
逃げ回る元妻の攻防を描いたセクシー・クライム・アクション。

互いにけん制、挑発し合う元夫婦を、
人気テレビドラマ「フレンズ」シリーズのジェニファー・アニストンと、『P.S. アイラヴユー』の
ジェラルド・バトラーが相性ぴったりに演じる。

監督は、『最後の恋のはじめ方』のアンディ・テナント。
未練や私欲が絡み合った元妻VS.元夫の駆け引きバトルの行方から目が離せない。


あらすじ:
借金まみれのマイロ(ジェラルド・バトラー)は返済金を稼ぐため、ひょんなことから多額の
懸賞金が懸けられた元妻ニコール(ジェニファー・アニストン)を追うバウンティー・ハンター
(賞金稼ぎ)になる。

妻に捨てられた恨みを晴らそうと執拗(しつよう)に追う元夫と、その追跡をあの手この手で
かわす元妻。互いに相手の腹の内を探りながら攻防を繰り広げる二人だったが、いつしか
組織がらみの陰謀に巻き込まれていく。
(シネマトゥデイ)









気軽に楽しめる作品でした。☆(^-^)
観終わったあと、なんも残りませんが、たまにはこういうのもよろしいかと。


ジェニファー・アニストン、けっこう好きやわぁ。(*^^*)
この人の出演作はあんまり見れてないんですけどね。


ジェラルド・バトラーは意外とコメディにもいくつか出演してますよね。
『男と女の不都合な真実』でも笑わせていただきましたが、今作でも面白かったです。


ラブコメ要素としては、オーソドックスな展開やなぁ。
ラストの締め方は、王道。
現実にはありえないんですけども、映画やからこそ成立するラストであります。


時間つぶしにレンタルしてご覧ください。(^-^)






2010年/アメリカ/ソニー・ピクチャーズ/110分/シネスコ/
監督:アンディ・テナント/音楽:ジョージ・フェントン/
出演: ジェニファー・アニストン、ジェラルド・バトラー、クリスティーン・バランスキー/



 ← クリックお願いします♪



バウンティー・ハンター [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2011-04-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バウンティー・ハンター [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
バウンティ・ハンター
『男と女の不都合な真実』のジェラルド・バトラー扮する賞金稼ぎ(バウンティー・ハンター)が『そんな彼なら捨てちゃえば?』のジェニファー・アニストン扮する元妻を追いかけるというクライム・ラブコメディ。お互いに罵りあいながらも、絶妙なテンポで噛みあっている2人をユニークに描き出している。監督は『最後の恋のはじめ方』のアンディ・テナント。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2011/06/21 23:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『バウンティー・ハンター』('11初鑑賞85・WOWOW) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる