『運命のボタン』('11初鑑賞60・WOWOW)




☆☆★-- (10段階評価で 5)
4月30日(土) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。


解説:
ボタンを押せば大金が手に入るが、代わりに見知らぬ誰かが死ぬという究極の選択を迫られた
夫婦の運命を描くスリラー。『アイ・アム・レジェンド』の原作者リチャード・マシスンの短編小説を
基に、『ドニー・ダーコ』のリチャード・ケリー監督が不条理な世界を作り上げた。

主演はキャメロン・ディアス、『スーパーマン リターンズ』のジェームズ・マースデンと
フランク・ランジェラが共演。
100万ドルの大金か他人の死か、人間のモラルに迫る究極の選択の行方から目が離せない。


あらすじ:
ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻の元に、
赤いボタン付きの装置が入った箱が届く。夕方、謎めいた男がノーマを訪ね
「このボタンを押せば100万ドルを手に入れられるが、代わりに見知らぬ誰かが死ぬ。
考える猶予は24時間」と驚くべき提案を持ちかける。
二人は迷いながらもボタンを押してしまうが……。
(シネマトゥデイ)









時代設定が1976年。
画面の雰囲気が70年代アメリカのTVドラマをみているような感じで、音楽も同様の雰囲気。


最初からNASA絡みの火星探査のニュースが流れるオープニングで、SF作品であることは
なんとなく察しが付きます。


ボタンの説明に来る紳士の顔にビックリ。 稲妻の直撃で、顔の約半分がえぐれている様態。


「ボタンを押せば100万ドルが手に入る。ただし、自分の知らない”誰か”が死ぬ。」
猶予は一日。


期限の15分前に衝動的にボタンを押してしまう、ノーマ。
100万ドルの入ったアタッシュケースを持ってくる紳士。


そして今度は、自分たちが”誰か”の一人になったことに気づく。



短編小説が原作だそうで、映画よりも、原作小説を読んだ方が面白いんちゃうかなぁと
思ってしまいました。(^^;


映画では、映像にも言葉にも出ないんですが、宇宙人(火星人?)の実験の一つであることが
示されています。 顔のえぐれた紳士も彼らの手先。


彼らの思い通りにさせない唯一の手段は、ボタンを押さないこと。

ボタンを押してしまった彼らに待ち受けるのは、破滅しかないわけです。





ある意味哲学的な内容。
劇中にアーサー・C・クラークの言った言葉が引用されていることから、『2001年宇宙の旅』にも
影響を受けているのでしょうね。多分。



映画としては、ちょっと退屈でした。(^^;;










2009年/アメリカ/115分/シネスコ/
監督:リチャード・ケリー/原作:リチャード・マシスン/
出演: キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン/



 ← クリックお願いします♪



運命のボタン [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-10-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 運命のボタン [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 運命のボタン

    Excerpt: 公式サイト。原題:THE BOX。リチャード・マシスン原作、リチャード・ケリー監督、キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン、 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2011-05-03 16:13
  • 運命のボタン

    Excerpt:  『あなたなら、押しますか?』  コチラの「運命のボタン」は、キャメロン・ディアス、ジェームズ・マーズデン共演、リチャード・ケリー監督、ボタンを押すと100万ドルが手に入 ... Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2011-05-03 18:39
  • 運命のボタン

    Excerpt: 【THE BOX】 2010/05/08公開 アメリカ 116分監督:リチャード・ケリー出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン、ホームズ・ .. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2011-05-03 23:10
  • 運命のボタン

    Excerpt: リチャード・マシスンが1970年に発表した短編小説の映画化。ある日突然家に届いたボタン。それを押せば1億円が手にはいる代わりに、自分の知らない誰かが死ぬ…。奇妙な選択を迫られた夫婦を待ち受ける想像も.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-05-04 00:11
  • No.225 運命のボタン

    Excerpt: 【ストーリー】 「ドニー・ダーコ」の鬼才リチャード・ケリーが、リチャード・マシスンによる短編小説をキャメロン・ディアス主演で映画化したサスペンス。郊外の町に暮らすノー ... Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2011-05-04 09:48
  • 「運命のボタン」 トンデモ科学映画だったんだ!

    Excerpt: 興味はあったのですが、なんとなくスルーしていた作品です。 んー、感想としては、不 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2011-05-04 22:35
  • 運命のボタン

    Excerpt: リチャード・マシスンの短編小説を原作に、キャメロン・ディアス主演で 映画化したサスペンススリラー。 ある日、ボタンを押せば大金が手に入り、その代わりに見知らぬ誰かが死んで しまうという謎のボタン装.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2011-05-05 16:49