『山桜』('11初鑑賞49・WOWOW)




☆☆☆★- (10段階評価で 7)
4月3日(日) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。


解説:
時代小説の名手、藤沢周平の同名短編小説を、『地下鉄(メトロ)に乗って』の篠原哲雄監督が
映画化。
江戸時代後期の小藩を舞台に、不幸な結婚生活を送る女性がある運命的な出会いをへて、
絶望的だった人生に光明を見いだしていく姿を静かな映像で描く。

つらい日々に耐えるヒロインには時代劇初挑戦となる田中麗奈、彼女を温かく見守る武士に
テレビドラマ「喰いタン」シリーズの東山紀之。人気歌手、一青窈による主題歌が静かな余韻をもたらす。


あらすじ:
江戸後期、不幸な結婚生活に耐える野江(田中麗奈)はある日、1本の山桜を見つける。
花に手を伸ばすと1人の武士(東山紀之)が現れるが、彼は野江が今の婚家に嫁ぐ前に縁談を
申し込んできた相手、手塚弥一郎だった。

自分を気遣ってくれる人物の存在に勇気づけられる野江だったが、手塚は悪政をたくらむ藩の重臣を
斬ってしまう。
(シネマトゥデイ)








改めて、東山紀之のちょんまげ姿、すごく はまってる。
素晴らしいですね。(^-^)。


映画自体、ものすごく静かな印象。
アクションをみるよりも、行間を見るといった感じで、場面に流れる空気とか、目に見えないものを
観る・感じる作品ですね。



東山紀之の出番は極端に少ないし、セリフもほんの少しだけ。
でもその佇まいだけで、これだけの存在感。 じつに見事。



田中麗奈の演技も良かった。



殿様が参勤交代から帰ってくるところで終わってしまうので、東山のその後は
観客の想像にまかされるんだけど、やっぱり描いてほしかったな。原作はどうなのか知らない。


でも、あえて”描かない”ことが、良かったのかもしれない。(^-^)







2008年/日本/99分/ビスタ/
監督:篠原哲雄/原作:藤沢周平/
出演:田中麗奈、篠田三郎、檀ふみ、富司純子、高橋長英、永島暎子、村井国夫、東山紀之/



 ← クリックお願いします♪




山桜 [DVD]
バンダイビジュアル
2008-12-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 山桜 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『山桜』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「山桜」□監督 篠原哲雄 □原作 藤沢周平(「時雨みち」) □脚本 飯田健三郎、長谷川康夫 □キャスト 田中麗奈、東山紀之、篠田三郎、檀ふみ、村井国夫、富司純子■鑑賞日 6月.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2011-05-12 08:08
  • 山桜

    Excerpt: 大好きな時代小説作家・藤沢周平さん原作の同名作品です。話の流れ的には中級武士、秘めた想い、剣術、藩の財政難と汚職、凛とした人間性、情感とある意味で王道の藤沢小説です 野江を田中麗奈さん、弥一郎を.. Weblog: いやいやえん racked: 2012-06-10 11:42