『女の子ものがたり』('11初鑑賞31・WOWOW)




☆☆--- (10段階評価で 4)
2月27日(日) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。


解説:
スランプから抜け出せず自堕落な日々を過ごす“アラサー”の漫画家が、少女時代の友だちとの
思い出に励まされ生きる元気を取り戻していくガールズ・ムービー。

漫画家・西原理恵子の同名ベストセラーを原作に、『子猫の涙』の森岡利行が脚本と監督を手掛け、
ノスタルジックなドラマを紡ぐ。
人生の絶不調から立ち上がる主人公を『博士の愛した数式』の深津絵里が好演。
彼女の透明感あふれる演技と、風光明媚(めいび)な愛媛県の自然がさわやかな感動を呼ぶ。


あらすじ:
36歳の漫画家の高原菜都美(深津絵里)は、昼間からビールを飲み、たらいで水浴、ソファで昼寝を
するなどスランプから抜け出せない生活を送っていた。

新米編集者の財前(福士誠治)にも愛想を尽かされ、キツイ一言を言われてしまうが、幼いころに
過ごした友だちとの思い出にふけるうちに、菜都美の心が徐々に変化し始める。
(シネマトゥデイ)










日本の女の子(地域限定)版スタンド・バイ・ミー・・・のようなお話。
ノスタルジーを売りにしようとはしてない感じ。
かなり厳しい現実を描いております。


多分、私と同年代。 男はヤクザにあこがれ、女はそんな男についていくしかない時代(地域限定)
しかし、観ててしょうもない映画でした。(好きな方、すみません。)


なんでヤンキーと一緒になって、日常的にDV・暴力を受けながらも我慢するんかなと疑問。
はたから観てて、ぜんぜん幸せと違う。(主人公も言ってますが)


深津絵里の高校生時代を大後寿々花が演じております。


大人のパートがとって付けたような印象。


で、結局なにを描きたかったのかが、私の理解力の無さ故に、さっぱり解りませんでした。



印象に残ったのは、倉庫の壁に描かれた壁画。これは素敵ですね。







2009年/日本/110分/ビスタ/
監督:森岡利行/原作:西原理恵子/
出演:深津絵里、大後寿々花、福士誠治、風吹ジュン、波瑠/



 ← クリックお願いします♪




女の子ものがたり
小学館
西原 理恵子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 女の子ものがたり の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

のん♪
2011年03月15日 23:28
私には少し分かりました。
自分をちらっと見てくれる人にすがりたいほど不幸な人がいるのです。独りで生きられないほど,弱い人なのでしょう。漫画を描く彼女は,独りの自分が不幸だと思っていたのだけど,本当の不幸は,独りになれない友達の方だったのです。友達に嘘を言ったり本音を出してしまったりした,大切な友達。みんな漫画家の彼女は一人で強く生きることができると信じていました。私たちと違う才能があるから,と。それは,才能だったのでしょうか。子どもを産み育てたことに大きな意味はなかったのでしょうか。
みはいるBちゃまはどう思われましたか。
2011年03月16日 21:26
のん♪さん>
コメントありがとうございます♪ (^-^)
映画で深津絵里さんが演じる主人公の友達2人、暴力男と
結婚して、決して幸せとはいえない状況、そんな中でも
子供を産み育てたことは、お世辞抜きで、とても偉大な事
だと思います。ずっと友達のことを思い続けて、病気で死んだ
友達・・・

この映画のこういう観方を教えていただきありがとうございます。
やはり男性が観るのと、女性がみるのとでは感じかたが違いますね。
(^-^)

私は時に、シビアに観てしまうことがあるので、
ときたま、こういう感想になってしまいます。(^^;

この記事へのトラックバック

  • 女の子ものがたり

    Excerpt: 2009年 111分 監督:森岡利行 出演:深津絵里 大後寿々花  福士誠治 風吹ジュン 波瑠 きみこ 高山侑子 みさ 森迫永依 三吉彩花 佐藤初 「毎日かあさん」「いけちゃんとぼく.. Weblog: RE940の自作DVDラベル racked: 2011-03-13 21:51