『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』 ('10初鑑賞92・劇場)




☆☆☆-- (10段階評価で 6)
7月3日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ3にて 16:55の回を鑑賞。


解説:
『スタスキー&ハッチ』のトッド・フィリップス監督が手掛けた、スリリングでパワフルなコメディー。
結婚前夜祭に参加した4人の男たちがラスベガスで酔いの勢いに任せて体験する、ぶっ飛んだ
2日間を描く。

出演者も『バレンタインデー』のブラッドリー・クーパーや、『ナイト ミュージアム2』のエド・ヘルムズ
ら個性派が勢ぞろい。アメリカの歴代コメディー映画史上最高額を稼ぎ出した、パンチの効いた
笑いにノックアウトされる。


あらすじ:
2日後に挙式を控えたダグ(ジャスティン・バーサ)は、バチェラーパーティーと呼ばれる結婚前夜祭
をラスベガスで過ごすことにする。
彼は親友のフィル(ブラッドリー・クーパー)やステュ(エド・ヘルムズ)らと共に一路ラスべガスへ。
だが、翌日ホテルで目を覚ますとひどい二日酔いで、花婿になるはずのダグの姿はどこにもなく……。
(シネマトゥデイ)









日本でDVDスルーの予定で発売日まで決まってたんですが、アメリカで大ヒットということで
急遽 劇場公開されました。


WOWOWの『ハリウッド・エキスプレス』で紹介されて、すごく気になってたんですが
劇場公開してくれてよかった♪ 映画は劇場でみるべきものですから♪



独身最後の夜のパーティ。
翌朝目覚めてみると、荒れ放題の部屋にニワトリ。 仲間のステュはなぜか歯が抜けてる。
バス・ルームにいくとトラがいる。 みんな昨日の記憶が無い。
そして、主役の花婿の姿が消えていた・・・一体なにがあった???


まぁ、とにかく、くだらなくてバカバカしい、アメリカン・コメディです。(^-^)



知ってる役者さんは、ブラッドリー・クーパーとヘザー・グレアムだけ。
一番キャラがたってたのは、ヒゲデブのアラン(ザック・ガリフィナーキス)
この映画で初めてみた役者さんですが、一番印象に残ってしまいました。
(赤ちゃんを抱っこしてる男)


ヘザーもすごくキュートです。



日頃の嫌なことを忘れて、大笑いするには最適な作品でした。(^-^)






2009年/アメリカ/ワーナー映画/100分/シネスコ/
監督:トッド・フィリップス/脚本:ジョン・ルーカス 、スコット・ムーア/
出演:ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィナーキス、ヘザー・グレアム、ジャスティン・バーサ/


映画感想50音別INDEX


 ← クリックお願いします♪


ハングオーバー [Blu-ray]

ユーザレビュー:
バカにつける薬は当然 ...
ようやく7月公開へ! ...
とことん、の精神が光 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック