『バビロン A.D.』 ('10初鑑賞88・WOWOW)




☆☆--- (10段階評価で 4)
6月25日(金) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。


解説:
『リディック』のヴィン・ディーゼルを主演に迎え、特殊な能力を持つ女性を守るため、人類の
未来を揺るがす陰謀に立ち向かう男の姿を描くSFアクション。
俳優としても活躍するマチュー・カソヴィッツがメガホンを取り、モーリス・G・ダンテックの冒険小説を
基に独創的な世界を創り上げた。

共演には『海の上のピアニスト』のメラニー・ティエリー、アジア屈指のアクション女優ミシェル・ヨー、
名女優シャーロット・ランプリングらが顔をそろえる。


あらすじ:
度重なる戦争で荒廃した近未来の地球、トーロップ(ヴィン・ディーゼル)に若い女性をアメリカまで
運ぶ仕事が舞い込む。その女性オーロラ(メラニー・ティエリー)は特殊な能力の持ち主で、彼女を
狙う組織の追跡をかわしながら過酷な旅を続ける。

1万キロにおよぶ旅の末、ようやく目的地に着いたトーロップはこの任務に隠された陰謀に気付く。
(シネマトゥデイ)










こういう近未来SFものはすごく好き。しかも豪華キャスト。
しかしながら、みなさんの評価はあまり芳しくない。 

今回の初鑑賞で、なんで低評価なのかよく解りました。(^^;



この世界観はなかなか良く出来てると思うんですよ。
そして、アクション・シーンも おもしろいと思うし、群衆シーンはすごく良く撮れてるなぁと
思いました。


でも、なんか、ぶつ切り。 編集がてんでダメですねぇ。
これが プロの仕事なのでしょうか。 よーこんなんで劇場公開できたなぁ。。。


最後なんか、「え? これで終わり???」と思ってしまった。



すっげー やっつけ仕事ですねぇ。。。
部分的には、すごく好きな場面がありますが、全体手には残念な作品でした。 (^^;










2008年/アメリカ、フランス、イギリス/90分/シネスコ/
監督:マチュー・カソヴィッツ/
出演:ヴィン・ディーゼル、ミシェル・ヨー、メラニー・ティエリー、ジェラール・ドパルデュー、シャーロット・ランプリング/


映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪



バビロンA.D.[Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2009-09-04

ユーザレビュー:
序盤のダークな雰囲気 ...
そこそこ楽しめますヴ ...
これで十分面白い他の ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • バビロンAD

    Excerpt: 「バビロンAD」監督:マチュー・カソヴィッツ(『ミュンヘン』『ゴシカ』) 出演:ヴィン・ディーゼル(『キャプテン・ウルフ』『リディック』)ミシェル・ヨー(『ハムナプトラ3 �.... Weblog: マー坊君の映画ぶろぐ(新装版) racked: 2010-06-28 13:33