『その名にちなんで』 ('10初鑑賞17・WOWOW)




☆☆☆-- (10段階評価で 6)
2月7日(日) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。


解説:
インド人の両親の元、アメリカで生まれ育った若者が、家族との体験やきずなを通して
自らのアイデンティティーに気付いていく家族ドラマ。
原作はピュリツアー賞作家ジュンパ・ラヒリの小説。

『モンスーン・ウェディング』のミーラー・ナーイルが、巧妙なストーリー運びと情感たっぷりな
演出で映像化した。
息子の名前にある思いを込めた夫婦の愛は感動的で、命についても考えさせられる秀作。


あらすじ:
寛容な父アショケ(イルファン・カーン)と思いやりあふれる母アシマ(タブー)の息子として、
アメリカで生まれ育ったインド人のゴーゴリ(カル・ペン)。

2つの国の文化、2つの名前に翻弄(ほんろう)されながらも、ロックを聴きアメリカ人の
ガールフレンドもできた。ある日、その珍しい名前に込めた思いを父親に聞かされ、彼の中で
何かが少しずつ変化していく。
(シネマトゥデイ)










インド人である息子に、なぜ ロシア人の文豪 ニコライ・ゴーゴリの名前をつけたのか?
そこには父の人生観を大きく変えた、ある出来ごとがありました。


父と母が出会って、アメリカに渡り、ゴーゴリが生まれて、妹が生まれて
成人して、職を持って、恋愛して、 父が亡くなって、失恋して、新たな出会いがあって
結婚して、 妻が浮気して離婚して・・・


インドであろうが、アメリカであろうが、人種が違うとか、そんなことは関係なしに
みんな同等に、いろんなことを経験して、人生を歩んでいく・・・



ゴーゴリが自分の名に込められた父の思いに気付くのは、ずっと後になってから。


30年間の出来事を淡々と描いた作品ですが、インド人の生活の空気が感じられて
すごく有意義な時間でした。



ニコライ・ゴーゴリの代表作「外套」 を読んでみようかな。




やっぱ名前って、重要ですよね。 












2006年/アメリカ、インド/122分/ビスタ/
監督:ミーラー・ナーイル/原作:ジュンパ・ラヒリ/
出演:カル・ペン、タブー、イルファン・カーン、ジャシンダ・バレット、ズレイカ・ロビンソン/

映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪


その名にちなんで (特別編) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2008-06-06

ユーザレビュー:
心温まる映画。家族の ...
家族の絆という一言だ ...
 お国の違いがやっぱ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「その名にちなんで」

    Excerpt: 監督:ミーラー・ナーイル 出演:カル・ペン、タブー、イルファン・カーン、ジャシンダ・バレット、ズレイカ・ロビンソン 去年の年末最後に見た映画です。見納め映画としては大満足の作品でした~ .. Weblog: 日々のつぶやき racked: 2010-02-10 09:15
  • 「その名にちなんで」タブーさんが美しい~

    Excerpt: インドにルーツをもつ人間は、たとえアメリカで長年暮らそうとも、やっぱりインドに帰る・・・みたいな、そんなメッセージを強く感じる内容�... Weblog: ポコアポコヤ 映画倉庫 racked: 2010-02-10 17:24
  • 「その名にちなんで」

    Excerpt: 「The Namesake」 2006 インド/USA インドからアメリカ合衆国に渡った家族が織りなすヒューマン・ドラマ。 原作はピュリッツァー賞受賞作家ジュンパ・ラヒリの書いた世界的ベストセラー.. Weblog: ヨーロッパ映画を観よう! racked: 2010-02-11 16:19
  • 『その名にちなんで』

    Excerpt: 名前ひとつに翻弄されたアメリカ生まれの移民青年。 父の死とひきかえに知るその名の由来。 命の奇跡を背景に、いまこの自分がいるということ。 『その名にちなんで』 THE NAMESA.. Weblog: シネマな時間に考察を。 racked: 2010-04-08 20:41