『抱擁のかけら』 ('10初鑑賞21・劇場)




☆☆★-- (10段階評価で 5)
2月13日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ2にて 14:25の回を鑑賞。


解説:
『ボルベール<帰郷>』のペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスにとって、4度目の
コラボレートとなる恋愛ドラマ。愛と視力を同時に失った男の過去へとさかのぼり、男と運命の
女との愛に満ちた日々と悲劇を描く。

過去の出来事を封印して生きる男を演じるのは、『バッド・エデュケーション』のルイス・オマール。
ペネロペは男の恋人で、すべてを求める美しい女優を演じる。
人生の苦しみや痛み、そして愛と幸福の詰まった濃厚なドラマが涙を誘う。


あらすじ:
愛する人と視力を失った14年前の事故を封印し、名前を変えて生きる脚本家のハリー(ルイス・オマール)。
かつて、ハリーは新進気鋭の映画監督だった。

ハリーは主演女優のレナ(ペネロペ・クルス)と激しい恋に落ちるが、レナには権力のあるパトロン、
エルネスト(ホセ・ルイス・ゴメス)がいた。ある日、逃避行先の島で、二人を悲劇が襲う。
(シネマトゥデイ)









ラテン系のオードリー・ヘプバーンのごときポスターを観て、この作品に興味がありました。
ペドロ・アルモドバル監督作品は、『トーク・トゥ・ハー』『ボルベール<帰郷>』に続いて3本目。


この監督の作風は、けっこう好きだったりします。


でもこの作品に関しては、ちょっと不満。

ミステリー&サスペンス風ではありますが、根本的にはペネロペを観るための作品です。
オール・ヌードのベッド・シーンなんかもあったりしますので、ファンにはたまらんでしょう。


ペネロペは、ほんとに色っぽくて美しい。 
映画のオーデションの場面で、いろんなルックスの彼女が堪能できます。



愛する彼女と、視力を失い、過去の名前も捨てた男。
彼女が出演した映画を映したスクリーンに手をあてて、彼女を感じようとする場面はとても切ない。


それにしても、スペインの野郎どもは歳をとっても、実にお盛んでございますな。(^^;
60歳すぎても、6回もイケるそうです。 まぁ、相手がペネロペだから・・・(^^;;


観終わったあと、結局なにが言いたいんか、よーわからんかった。
だから、どう感想を書こうかとちょっと悩みました。(^^;;;

んで、結局こういう感想。


個人的には、前作の『ボルベール<帰郷>』のほうが好き。



そうそう、後ろの席に座ってた人が、ヨーロッパ映画にしては、観やすい、って言ってました。
忘れてた! 一番最初に出てた女性、ナイスおっぱい!です♪(*^^*)











2009年/スペイン/128分/ビスタ/
監督・脚本:ペドロ・アルモドバル/音楽:アルベルト・イグレシアス/
出演:ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス/

映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪


スマイルBEST ボルベール<帰郷> スタンダード・エディション [DVD]
Happinet(SB)(D)
2009-06-26

ユーザレビュー:
ぺネロぺが素敵すぎ  ...
ペネロペのラテンの魅 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 抱擁のかけら /LOS ABRAZOS ROTOS/BROKEN EMBRACES

    Excerpt: {/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ペドロ・アルモドバル.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2010-02-16 22:59
  • 抱擁のかけら

    Excerpt:  『愛から逃げて、愛と出逢う』  コチラの「抱擁のかけら」は、4度目のコンビとなるペドロ・アルモドバル監督、ペネロぺ・クルス主演で、<究極の愛>の誕生から崩壊、そして再生を描いた2/6公開のPG.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2010-02-16 23:02
  • 抱擁のかけら

    Excerpt: 『ボルベール<帰郷>』のペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスのコンビが贈る4本目の作品。今回は愛と同時に視力までも失った老脚本家が封印してきた過去を紐解き、再び活きる喜びを見出していく様子を描.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-02-17 00:19
  • [映画『抱擁のかけら』を観た]

    Excerpt: ☆やや長さを感じるが、よくよく考えるとどこのシーンも省けない、そんな傑作であった。  ペドロ・アルモドバル監督は、私の認識では「映画文法に忠実なデビッド・リンチ」で、  多くの斬新な構図や、一風変.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2010-02-17 03:33
  • ★「抱擁のかけら」

    Excerpt: 久しぶりの週末レイトショウは、 ペネちゃん作品を見るためにららぽーと横浜まで行ってきました。 Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2010-02-17 03:37
  • 【抱擁のかけら】

    Excerpt: 監督:ペドロ・アルモドバル 出演:ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ホセ・ルイス・ゴメス    愛から逃げて、愛と出逢う 「目の見えない脚本家のハリー・ケインの元にある映画の脚本依頼を.. Weblog: 日々のつぶやき racked: 2010-02-17 11:22
  • 抱擁のかけら

    Excerpt: [ペネロペ・クルス] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年11本目です。 【あらすじ】 2008年、マドリード。 14年前のある事件で.. Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! racked: 2010-02-17 17:25
  • 「抱擁のかけら」ペネロペ・クルスの様々な表情に酔いしれる

    Excerpt: 「抱擁のかけら」★★★★ ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ主演 ペドロ・アルモドバル監督、128分、 2010年2月13日名古屋公開、2009,スペイン,松竹 (原題:LO.. Weblog: soramove racked: 2010-02-24 07:48
  • 抱擁のかけら / 58点 / LOS ABRAZOS ROTOS

    Excerpt: 全ての愛の形を愛おしく描くアルモドバル・・・でも自分は今回ペケです! 『 抱擁のかけら / 58点 / LOS ABRAZOS ROTOS 』 2009年 スペイン 128分 監督 :.. Weblog: ゆるーく映画好きなんす! racked: 2010-02-24 10:36
  • 抱擁のかけら

    Excerpt:  『ボルベール』、『エレジー』や『それでも恋するバルセロナ』で見た妖艶なペネロペ・クルスの映画だというので、まあ前田有一氏が言うように「罪作りなおっぱいの物語」かもしれないと思いつつも、映画館に足を運.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2010-03-04 05:37
  • 『抱擁のかけら』

    Excerpt: 3月は本当に個人的に色々とあって、なかなか映画が観られていないのですがー、どうにかこうにか先日ペドロ・アルモドバル監督作品『抱擁のかけら』を観てきましたー。 今月後半に向けて、少しでも観賞本数増やし.. Weblog: Cinema + Sweets = ∞ racked: 2010-03-18 19:41
  • mini review 10475「抱擁のかけら」★★★★★★★☆☆☆

    Excerpt: 『ボルベール<帰郷>』のペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスにとって、4度目のコラボレートとなる恋愛ドラマ。愛と視力を同時に失った男の過去へとさかのぼり、男と運命の女との愛に満ちた日々と悲劇を描.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2010-07-31 02:29
  • 「抱擁のかけら」(BROKEN EMBRACES)

    Excerpt: スペインのオスカー女優、ペネロペ・クルス主演のミステリ仕立てのラブ・ロマンス「抱擁のかけら」(2009年、西、128分、PG-12指定、ユニバーサル映画配給)。この映画は、生涯をかけた愛が崩壊し、視力.. Weblog: シネマ・ワンダーランド racked: 2010-08-01 18:49
  • 映画評「抱擁のかけら」

    Excerpt: ☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2009年スペイン映画 監督ペドロ・アルモドバル ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2010-12-31 20:13
  • 『抱擁のかけら』'09・西

    Excerpt: あらすじ14年前、映画監督のマテオは、女優を夢見る女性レナと出逢い、恋に落ちるが、レナには富と権力で彼女を支配するパトロンのエルネストがいた・・・。感想ゴールデングロー... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2011-01-15 21:05