『劇場版マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~』 ('09初鑑賞176・劇場)




☆☆☆☆- (5段階評価で 4)
11月28日 シネ・リーブル神戸 シネマ1にて 16:30の回を鑑賞。


解説:
1982年にテレビ初放映されたSFアニメーション「超時空要塞マクロス」の、2008年放送の
シリーズ最新作「マクロス FRONTIER」劇場版。
2部作の前編となる本作は、テレビ版をベースにストーリーを新たに構築。新作カットを大量に加え、
宇宙を揺るがす伝説の歌をめぐる謎めいた物語が展開する。

監督はテレビ版で総監督を務めた河森正治。歌や三角関係など伝統的な要素を継承しながら、
劇場版ならではのCGアクションなど見どころが満載だ。


あらすじ:
西暦2059年、パイロットを目指す少年、早乙女アルトが、新天地に向かって進む銀河移民船団の
マクロス・フロンティアにいた。ある日、銀河頂点の歌姫、シェリル・ノームのコンサートツアーが
船団へやって来ることになり、アルトは彼女にあこがれるランカ・リーとともに会場に行くが、突如、
重機甲生命体バジュラの奇襲を受ける。
(シネマトゥデイ)








先に観た『ニュームーン』をファン向けの映画と断じましたが、
こちらも、もろファン向けの映画です。(^^;


で、わたくしは、こちらのファン(マニアまではいきませんが・・・)なのです。
初代マクロスが放送されていたのが、中学校1年生の頃でした。


その後公開された劇場版『愛・おぼえていますか』は初日に観に行き、サウンドトラック・レコード
(当時はまだCDはなかった)を、溝が擦り切れるほど、何度も何度も聞いていました。


♪おぼえてい~ますーか~ 目と目があった~ときぃを~♪
うちの母が歌を覚えてしまうほど、それはもう何度も何度も。(^-^)




社会人になって、TVアニメからは、すっかり遠ざかっていたのですが、
BS11開局し、週末の深夜になると、ハイビジョンで最近のアニメ作品が放送されるようになり
なにげなく観ていると、これが、けっこう面白くて、クオリティがやたら高いんですよね。


そのなかに、再放送された『マクロスF(フロンティア)』があって、
すっかり、はまってしまったわけです。


放送を全話 録画して、BD-Rに焼いて保存しております。
サウンドトラックCDも買って、BLOG書きながら、聴いているぐらいです。









さて本作(シリーズ)の魅力は、ダイナミックな戦闘シーンや可変メカ(バトロイド・バルキリー)、
そして、歌姫の存在と恋愛模様。それぞれが複雑に絡み合う物語。


当然、歌の良し悪しも重要になってきます。
音楽担当の菅野よう子さんの創作する音楽(劇中に流れるオケ演奏と様々な歌曲)は
どれも洗練されたセンスによるもので、名曲も多数あります。



さて、今回の映画。
やはり、もとのTVシリーズを観てないと、100%楽しめないのは仕方ないですね。


されでも、ライブを観に行くような感覚でみてほしいと監督が言ってる通り
銀河の妖精シェリルのライブ・シーンはかなり力の入った場面になっており
劇場で観てこその迫力に満ちております。(なるべく音響の良い劇場で)


TVシリーズの画をそのまんま使っている個所もいくつかありますが、基本物語展開は
劇場オリジナルといってもいいでしょう。


クライマックスの強引ともいえる力技・・・戦闘シーンに歌がかぶさる・・・は、マクロスシリーズ
ならでは!と割り切って観るべし。


”ライオン”の伴奏が流れた時には、ものすごい興奮しました!
新曲もいいが、やっぱり知ってる曲が流れたほうが、断然良いですよね♪


ほんとに良いわぁ♪




・・・冷静になって考えますと
アニメ映画作品としては、『ヱヴァンゲリヲン』には劣るかな。
ちょっと雑な印象があるんですよね。 それでも、これだけサービスしてくれたら
文句なし。BDが出たら買う!











2009年/日本/クロックワークス/119分/ビスタ/
監督・原作・脚本:河森正治/音楽:菅野よう子/
声の出演:中村悠一、遠藤綾、中島愛、小西克幸、神谷浩史、May'n/

映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪


マクロスF(フロンティア)ギャラクシーツアー FINALin ブドーカン [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2009-11-27

ユーザレビュー:
文句無しの出来!当日 ...
本当にすごいライブで ...
艦長!まったくの予備 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック