『俺たちダンクシューター』 ('09初鑑賞144・WOWOW)




☆☆★-- (5段階評価で 2.5)
10月6日(火) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。


解説:
『俺たちフィギュアスケーター』のウィル・フェレルが、プロバスケットボールチームのオーナー、監督兼
選手にふんし大活躍するスポーツ・コメディー。

強さよりパフォーマンス重視のチームが、リーグ生き残りを賭けて試合に挑む。
ヒップホップデュオ、アウトキャストのアンドレ・ベンジャミンなど、脇を固める豪華キャストにも注目。
笑いの中に描かれる、実話ならではのさわやかな感動が涙を誘う。


あらすじ:
1970年代、アメリカのプロバスケットボールリーグ“ABA”は、ルール無視のハチャメチャな試合で観客を
呼んでいた。オーナー、監督、選手の3役をこなすジャッキー・ムーン(ウィル・フェレル)のチーム
“フリント・トロピックス”は万年最下位。
ところが、上位4チームがNBAに吸収され、ABAリーグは解散することになり……。
(シネマトゥデイ)









これって、実話やったんですねぇ・・・(^^;
ま、でも、かなり脚色はしてるでしょう。


出だし、ウィル・フェレルの熱唱から始まります。
 『主人公は僕だった』でも歌声を披露していましたが、なかなか上手ですね。(^-^)


お下劣スポーツ・コメディかと思いきや、ルポ根ものでありました。


最初のほうはウィル・フェレルの独断場で、正直、観るの止めようかなぁ・・・
と思っていましたが、ウディ・ハレルソンが出てくると、ぐっと引き締まってきました。


上の解説で、”さわやかな感動が涙を誘う”tありますが、ジーンとくる場面はありました。
でも、涙が出るほどの感動シーンはなかったけど??(^^;;


でも、思ったよりも楽しめました。
俺たちフィギュアスケーター』と比べると、バカバカしさがちょっと足りませんが
時間つぶしには、ちょうどよろしいかと思います。(^-^)









2008年/アメリカ/ニューラインシネマ/90分/シネスコ/
監督:ケント・オルターマン/
出演:ウィル・フェレル、ウディ・ハレルソン、アンドレ・ベンジャミン、モーラ・ティアニー、ウィル・アーネット/

映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪


俺たちダンクシューター すべて見せちゃうバージョン [Blu-ray]
ジェネオン エンタテインメント
2009-03-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 俺たちダンクシューター

    Excerpt:  『やるときャ、 やらなきャ、 ダメなのよ!』  コチラの「俺たちダンクシューター」は、「俺たちフィギュアスケーター」、「俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-」のウィル・フェレル主演のPG-1.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2009-10-07 22:14