『4ヵ月、3週と2日』 ('09初鑑賞156・WOWOW)




☆☆☆-- (5段階評価で 3)
10月22日(木) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。


解説:
共産政権末期のルーマニアを舞台に、ルームメートの違法中絶を手助けする女子大生の1日を描き、
2007年カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した人間ドラマ。

今作が長編2作目となるルーマニアの新鋭クリスチャン・ムンギウ監督が、個人の自由が制限された
社会で人間らしく生きることの意味を問いかける。
リアリズムに徹した演出、俳優たちの熱演が息詰まるような緊迫感をもたらす本作は、2008年の
アカデミー賞外国語映画賞のルーマニア代表作品にも選ばれた。


あらすじ:
チャウシェスク独裁政権末期のルーマニア、大学生のオティリア(アナマリア・マリンカ)とガビツァ
(ローラ・ヴァシリウ)は寮のルームメート同士。
実はガビツァは妊娠していたが、中絶は法律で禁じられていた。中絶手術の当日、予想外の事態
が重なり手術の機会を逃しそうになるが、オティリアは親友のためにある決断を下す。









1987年、チャウシェスクの共産主義独裁政権下でのルーマニアが舞台の物語。
ルーマニアと聞いて思い浮かぶのは「ドラキュラ」ぐらい。(^^;
それぐらいの知識しかなかったので、独裁政権下での人々の暮らしがどんなんか想像もつきませんでした。


1シーン・1カット にこだわって撮影されたそうです。
この女子学生オティリアがなにをしようとしているのか、最初はよく解りません。
ルーム・メイトのために奔走しているのですが、次第に明らかになっていきます。


ホテルの一室で、堕胎専門のヤミ医者と会話する場面。

何分間にもわたる長回しで、具体的にどういう処置をするのか、延々と聞かされます。
観てるこちらも、そのホテルの部屋・その場で、彼女たちと医者の話を聞いているかのような
錯覚に陥り、なんともいえん居心地の悪さを覚えます。。。


ルーム・メイトのカビツァは最初、生理が止まってから2ヵ月と答えますが、
記憶をたどって計算しなおすと、4ヵ月以上経過してることが判明。


ここで、タイトルの意味が解ります。


ヤミ医者は2ヵ月以上だと、もっと金がいると言いだし、どうしても堕胎したいカビツァは
足りないぶんはオティリアと一緒に体で払うことで決着。



こんな、バカなルーム・メイトのために、ここまでする必要があるのか?と
苛立ちながら観ていました。


ヤミ医者の話、 堕胎したあとは、トイレに流さず、犬が掘り起こせない深さに穴を掘って埋めろとか
10階より上のダスト・シュートから捨てろとか、生々しいセリフが続きます。


オティリアは、バカなルーム・メイトのために体をはって、彼氏とケンカして、
堕胎した胎児を捨てにいって、ホテルに戻ったら、カビツァはレストランでタバコふかしながら
肉料理を注文。そんなカビツァを茫然と見つめるオティリアのカットで終了。


全編ドキュメンタリー・タッチで、音楽は一切なし。
2CHで放送だったが、音響にはかなり気を使っている。 ボイラーの音とか、隣の部屋の声とか
そなばにいるかのような音響設計。
そしてなにより 役者の演技に圧倒されます。 
あんな長いセリフを、1カットでよくぞいえたものだ。


共産主義・社会主義の世の中の閉塞感がにじみ出てました。


たしかに、パルムドール受賞するだけのことはあるなぁ。
けっして気持ちの良い作品ではないが、最後まで、見続けてしまった。











2007年/ルーマニア/113分/ビスタ/
監督・脚本:クリスティアン・ムンジウ/
出演: アナマリア・マリンカ、ローラ・ヴァシリウ、ヴラド・イヴァノフ、アレクサンドル・ポトチェアン/

映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪


4ヶ月、3週と2日 デラックス版 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント
2008-09-10

ユーザレビュー:
静かな重みと余韻が残 ...
長まわしカット長げぇ ...
非の付けどころがない ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 4ヶ月、3週と2日

    Excerpt:  『これは 二人だけ の秘密──。』  コチラの「4ヶ月、3週と2日」は、1987年独裁政権下のルーマニアを舞台に法律で禁じられたことを実行した勇気あるヒロインを描いたPG-12指定のサスペンス.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2009-10-23 22:00
  • 映画「4ヶ月、3週と2日」

    Excerpt: 原題:4 luni, 3 saptamani si 2 zile このタイトルは意味深というか、とっても直接的でそのものズバリでしょう、4ヶ月を越え5ヶ月近くともなれば、そんなことをしちゃあいけない.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2009-10-24 00:43
  • 『4ヶ月、3週と2日』を観たぞ~!

    Excerpt: 『4ヶ月、3週と2日』を観ました共産政権末期のルーマニアを舞台に、ルームメートの違法中絶を手助けする女子大生の1日を描き、2007年カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した人間ドラマです>>『4ヶ月、3.. Weblog: おきらく楽天 映画生活 racked: 2009-12-05 23:18