天地人 第33回「五人の兼続」




『天地人』のお時間です。
あらすじ・・・・・・


文禄4年(1595年)、兼続(妻夫木聡)は上杉家の重大な仕事のすべてを取り仕切るように
なっていた。そんな兼続に景勝(北村一輝)は上杉家のすべてを任せ、執政とする。
この景勝の厚い信頼に兼続は感激する。


そのころ、秀次(眞島秀和)は秀吉(笹野高史)に謀反の疑いをかけられ、切腹を命じられる。
兼続は秀吉の真意を質すため三成(小栗旬)のもとを訪れるが、三 成は会うことを拒む。さらに、
秀次と懇意にしていた政宗(松田龍平)も謀反の嫌疑をかけられるが、家康(松方弘樹)が北政所
(富司純子)を通じて取りな し、事なきを得る。


京で秀次の一族が処刑される。その様子を見ていた兼続は初音(長澤まさみ)と再会。
三成の真意がわからないとする兼続に、初音は三成も苦しんでいることをわかってほしい、と告げる。

秀吉は拾(伊藤悠翔)への忠誠を誓う起請文を諸大名に提出させる。秀吉が座を辞した後、家康は
三成を激しく責めるが、景勝は主の責を家臣に負わすのは筋違い、と反論する。

三成の苦難を案じた兼続は、国政を合議制にすることを思いつく。
三成とともに夜を徹して制度案を練り、利家(宇津井健)の助力のもと、秀吉を説得し了承を取り付ける。

諸大名による大老・奉行の署名が行われる。
喜ぶ兼続と三成。三成は兼続の友情に感謝する。








ここ数回は大河ドラマらしくなってきましたね。
ここまで来たら、あとは秀吉の死と関ヶ原をどういうふうに描くのかが興味の的。


でも初音は、あんなところでなにやってたんでしょう。
よく分らないキャラ設定になっています。


でも、ああいう場面の後で三成も苦しんでいることをわかってほしい、っていうのも
筋違いのような気がします。


ここに、脚本の嘘っぽさが凝縮してますね。
人の命を、ずいぶん軽く描きすぎ。





ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「天地人」第33回「五人の兼たん」

    Excerpt:  うわあ・・公式HPの・・兼たんお髭は似合いませんねえ~(汗)。で、五人の兼たん・・いったいこれは、もしかして、アカ兼たん、アオ兼たん、キ兼たん、モモ兼たんにミド兼たん、五人そろって兼たんジャー・・み.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2009-08-16 20:49
  • 「天地人」第33回

    Excerpt:     第三十三回「五人の兼続」兼続は上杉家の重大な仕事のすべてを取り仕切るようになっていた。景勝から上杉家の執政に任じられた兼続は、景勝の厚い信頼に感激する。その頃、秀次は秀吉に謀反の疑いを掛けられ.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2009-08-16 21:13
  • 第33回「五人の兼続」

    Excerpt: 豊臣秀次…阿波(今の徳島県全域)を本拠に、一時期は畿内地域で威勢をふるった三好氏のもとに送り込まれていた、秀吉の姉・ともの実子にあたる。秀吉が、もともと子宝に恵まれていなかったのはご存じであろう。ゆえ.. Weblog: 政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~ racked: 2009-08-17 20:55
  • 弘済の務は、卿に非ずして誰ぞ。吾の大河ドラマ「天地人」は第33回で見果てたり!

    Excerpt: #「五人の兼続」 吾が婦女子率著しい「天地人」をここまで感想を続けたのは、ひとえに景勝様の君主の器量が此度の回 Weblog: 休羽捫虱堂 racked: 2009-08-17 22:17
  • 大河ドラマ 「天地人」 五人の兼続

    Excerpt: 鳴くまでまつよ・・・ だそうで。 我慢の連続の家康、まだまだ鳴けないですよねぇ。 って家康が主人公のドラマでしたっけ? Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2009-08-18 05:42