『MW -ムウ-』 ('09初鑑賞87・劇場)




☆☆--- (5段階評価で 2)
7月4日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:20の回を鑑賞。


解説:
漫画界の巨匠、手塚治虫が遺した作品の中でも、過激な内容から禁断の問題作と呼ばれて
きた「MW(ムウ)」を映画化。 少年時代に経験した事件の復讐(ふくしゅう)のため冷酷な殺人鬼
となった主人公を、ドラマ「のだめカンタービレ」の玉木宏が熱演する。

彼を救済しようと悪と正義の間で苦悩する神父には『クローズZERO』の山田孝之。
監督には『明日があるさ THE MOVIE』の岩本仁志があたり、現代社会の病理を浮き彫りにした
原作の世界観を壮大なスケールで描き出している。(シネマトゥデイ)

あらすじ:
16年前、ある島の島民全員が死亡した事件は政府によって隠ぺいされるが、二人の少年が奇跡的
に生き延びた。その一人でエリート銀行員となった結城美智雄(玉木宏)の裏の顔は冷酷な殺人鬼
で、神父となった賀来裕太郎(山田孝之)は結城を救済しようと苦悩する。
そんな中、16年前の事件の鍵を握る「MW」を手にした結城は世界滅亡をもくろむ。
(シネマトゥデイ)








そこそこ期待してたんですけどね。(--;;
”玉木宏を観るため” だけなら十分価値のある作品だと思われます。(^^;;


役者:玉木宏は好きなんですが、この映画はダメでした。
作り手の勘違いが甚だしい。


岩本監督に聞きたい。 これのどこが
 「原作のテーマを追及するノンストップのリアル・アクション映画を目指した」 のでしょうか?


邦画のダメなところを寄せ集めたような作りで、スリルもサスペンスも感じなかった。


手塚治虫の原作は、ちょこっとだけ読んだことがあります。
山田孝之は完全にミス・キャストですね。


ひとつ良かったのは、クライマックスの東京上空の映像。 ここはすごくきれいに撮れてました。
ビルに激突しそうになる場面など、予告編で見せすぎなのが、映画をつまらなくしてる。

それ以上に脚本と演出がぜんぜんあかんけども。。。


ストーリーなんて、先がすぐに読めてしまう。 音楽の使い方がすごく下手。
初日限定のメッセージで山田孝之が音楽がすごくかっこいいと言っていましたが・・・
たしかに『ダークナイト』っぽい曲もありましたが、ストリングスが小編成でスケールの小さい
つまらない音楽です。


なんか、文句ばっかりになってしまった。(^^;;;
しかし、玉木宏は良い。 がんばってた。(^-^) 
でも映画はつまらない。






2009年/日本/129分/シネスコ/
監督:岩本仁志/脚本:大石哲也、木村春夫/音楽:池頼広/
出演: 玉木宏、山田孝之、山本裕典、山下リオ/

映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪


のだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組)
アミューズソフトエンタテインメント
2007-05-25

ユーザレビュー:
コメディーになって無 ...
劇場版の前に、特典デ ...
EXCELLENT! ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
MW(ムウ) (1) (小学館文庫)
小学館
手塚 治虫

ユーザレビュー:
逆にこれ以上の手塚作 ...
映画化で話題ですが… ...
この本は読まないほう ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まり
2009年07月08日 06:03
手塚治虫原作で少し興味がありました。
まぁ、『火の鳥』も限界があるかんじだったし漫画を実写版にするといただけないですね。
『鉄腕アトム』の実写版をTVで見た世代ですが、かなりの違和感がありましよ(^_^;)
2009年07月08日 20:22
まりさん>
『火の鳥』は黎明編と未来編を読んでおけばいいと思いますね。
太陽編は疑問点が多くて、読んでてしんどかったです。(^^;
市川昆監督の実写版は、ある意味名作ですね。(^^;;

『鉄腕アトム』実写版、テレビ探偵団で観たことあります。
シュールですよねぇ。
2009年07月15日 17:29
みはいるさん、お久しぶりです。
なかなか忙しくて映画見に行く時間すらなかったのですが、
ここ最近ようやく観にいけるようになりました。
この映画も原作読んで楽しみにしていたんだけど・・・
がっかりでしたね~
もったいなかったです。
一番の見所の二人の関係(愛)がなかったです。
期待したんだけど(笑)

また、お邪魔します((*´ω`))
2009年07月16日 21:17
ゆうさん>
お久しぶりです。(^-^)
コメントありがとうございます。

この映画、原作を読んだ人からは評価低いですよね。
やっぱ日本映画では、”二人の愛”は描きにくいんかなぁ(^^;;

最近かなり暑いので、体調には気を付けてくださいね。
体調が良くないと、映画も十分楽しめませんから。(^-^)

この記事へのトラックバック

  • MW ムウ

    Excerpt: MW ムウ (2009)今回の映画は、「MW ムウ」です。本作「MW ムウ」は、少年時代の事件の復讐のため殺人鬼となった主人公と、彼を救おうと苦悩する神父の姿を描くサスペンス・アクションです。監督は、.. Weblog: 映画DVD・映画ブルーレイ「やわらか映画」 racked: 2009-07-08 12:08
  • MW-ムウ-

    Excerpt: 巨匠・手塚治虫の作品の中でも過激な内容から問題作と呼ばれていた同名 漫画を手塚治虫生誕80周年を機に映画化。16年前、沖之真船島で島民全員が一夜にして虐殺される事件が起きる。 だが当時の政府はこの.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2009-07-10 09:51
  • 劇場鑑賞「MW-ムウ-」

    Excerpt: MW-ムウ-オリジナルサウンドトラック「MW-ムウ-」を劇場鑑賞してきました1970年代に『ビッグコミック』で連載され、その過激な描写から他の手塚治虫作品とは一線を画す禁断のピカレスク・コミックを、手.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2009-07-12 16:04
  • MWームウー

    Excerpt:  ぎゃ~今日も大事なミスをおかしてしまったまだ、大事にはならなかったけど、やばいやばいほんとここ3日運勢悪いから気をつけないとその鬱憤を晴らすように、レイトショー行ってきましたやっぱ.. Weblog: Happy days*** racked: 2009-07-16 21:54
  • 『MW -ムウ-』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「MW -ムウ-」□監督 岩本仁志 □原作 手塚治虫 □脚本 大石哲也、木村春夫 □キャスト 玉木宏、山田孝之、石橋凌、林 泰文、石田ゆり子、鶴見辰吾、山本裕典、山下リオ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2009-07-20 09:50
  • 「MW -ムウ-」 存在し続ける陰

    Excerpt: 実はまったく期待をしていなかったので観賞が後回しになっていた作品だったのですが、 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2009-07-20 11:04
  • エンドロールで縦ノリ第2弾(コラ)~MWムウ~

    Excerpt: MW ~Dear Mr. & Ms. ピカレスク~ / 夏Dive (初回盤)flumpool 山村隆太 玉井健二 Amuse Soft Entertainment = music = 20.. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2009-07-22 17:18
  • MW-ムウ-

    Excerpt: [MW‐ムウ‐] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:6.5/10点満点 2009年68本目(63作品)です。 16年前。米軍が極秘に開発していた毒ガス兵器.. Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! racked: 2009-07-23 18:11
  • 手塚治虫原作*玉木&山田熱演!!☆映画 『MW -ムウ-』 ☆

    Excerpt: 手塚治虫氏の生誕80周年記念作品。 いつもなら悪役を演じる山田孝之が善人で、玉木宏が悪役っていう意外なキャスティング。 役作りの為に7kgダイエットした玉木さんの殺人鬼役は、人を殺すことになん.. Weblog: honu☆のつぶやき ~映画に恋して~ racked: 2009-08-02 00:57
  • 映画:MW -ムウ-

    Excerpt:  手塚治虫原作のMW -ムウ-を観てきました。 Weblog: よしなしごと racked: 2009-08-02 14:26
  • MW-ムウ-

    Excerpt: 世界を変えるのは、破壊か、祈りか。 【関連記事】 「MW-ムウ- 第0章 ~悪魔のゲーム~」 発売予定日は2009年11月6日 Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー racked: 2009-09-09 23:40
  • MW-ムウ-

    Excerpt: 手塚治虫“最大の禁忌(タブー)”と呼ばれた問題作の映画化だそうで。 原作は未読ですが、興味津津です。 16年前、ある島の島民全員が死亡する事件が発生。 その事実は、政府の手で隠ぺいされるが、.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2009-11-16 12:17