『ハンティング・パーティ』 ('09初鑑賞99・WOWOW)




☆☆--- (5段階評価で 2)
7月26日(日) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。


解説:
実在のジャーナリストが体験した驚がくの実話を基に、命知らずな報道マンたちのきずなを描く
社会派エンターテインメント大作。 監督は大人気ドラマ「アグリー・ベティ」の第1話を手掛け、
エミー賞監督賞に輝いたリチャード・シェパード。

再起を求める戦場リポーターをリチャード・ギア、彼とともに戦火をくぐった元戦場カメラマンを
『クラッシュ』のテレンス・ハワードが演じる。
実話ならではのリアリティーと、スピード感あふれる展開が楽しめる痛快作。(シネマトゥデイ)

あらすじ:
紛争から5年、未だ危険地帯のある2000年のサラエボ。
かつては花形戦場リポーターだったサイモン(リチャード・ギア)、彼とともに戦火をくぐった
カメラマンのダック(テレンス・ハワード)、そして新米テレビプロデューサーのベン
(ジェシー・アイゼンバーグ)は、国連にもCIAにも捕らえられない戦争犯罪人“フォックス”を
追うことに……。(シネマトゥデイ)









一応、実話ベースの映画化。 
映画の冒頭で、まさかと思えることが事実です、ってテロップが出ていました。


でも、映画で描かれていることが、現実にあったとはちょっとどうかな?
エンタメとしての作風故に、少々軽く描かれすぎてる感じがします。


そのため、現実味があんまり感じられないんですよね。


リチャード・ギアが主役っぽく宣伝されましたが、どちらかというと テレンス・ハワードが
主役だと思います。


”国連にもCIAにも捕らえられない(捕えない)戦争犯罪人”を
3人がいとも簡単に捕えてしまうクライマックスでしらけてしまいました。
(このへんは創作っぽい。)








2007年/アメリカ/103分/シネスコ/
監督・脚本:リチャード・シェパード/音楽:ロルフ・ケント/
主演: リチャード・ギア、テレンス・ハワード、ジェシー・アイゼンバーグ、ダイアン・クルーガー/

映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪


ハンティング・パーティ -CIAの陰謀- [DVD]
エイベックス・マーケティング
2008-10-24

ユーザレビュー:
最初から世界に入って ...
仕事にやりがいを感じ ...
テンポが良い!一癖も ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年07月30日 23:11
こんばんは。ギア氏を拝見するとやはりハチ公が見たくなりますね。年末に鹿児島のお友達が「篤姫」のテーマのピアノ譜を送ってくれました。坂本竜馬の「竜馬が行く」も大河化されますね。うちに文庫本が全部ありますが冒頭で挫折しました。篤姫は昔からやはり鹿児島の実家の母の書架にありましたので読んでいました。大河のラストまでに皆さん亡くなったけど、思えば100年以上の昔の人ですから亡くなって当たり前と思うと少し悲しくなくなりました。
2009年07月31日 20:44
poohさん>
こんばんは♪(^-^)
動物ものはちょっと苦手なんですが、『HACHI』は観に行く予定です。

『篤姫』昨年ヒットしましたね。 個人的に大河ドラマとしては、いまひとつだと思いましたが、宮崎あおいは良かったですね。(^-^)
サントラCDも買いました。来年は『竜馬伝』ですね。
主役は岩崎彌太郎(三菱の創始者)みたいです。竜馬じゃないんですよね。
人の寿命、仏典によると、普通に120歳ぐらいまで生きられるのも可能だそうですね。(^-^)
自分はどれだけ生きれるかな。

この記事へのトラックバック

  • ハンティング・パーティ

    Excerpt:  『狙った獲物は《最上級》 アメリカを出しぬいたのは、 わずか3人のジャーナリストだった・・・』  コチラの「ハンティング・パーティ」は、実在のジャーナリストと重要戦争犯罪人の驚愕の追跡劇を映画.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2009-07-31 22:32