『ひぐらしのなく頃に』 ('09初鑑賞73・WOWOW)




☆★--- (5段階評価で 1.5)
6月4日(木) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。


解説:
空前の大ヒットを記録し、アニメやコミック、小説にもなった同名のPCゲームを『吉祥天女』の
及川中監督が実写化。原作の導入部である“鬼隠し編”を基に、難事件に巻き込まれる少年の
苦難の日々をリアルに映し出す。

数奇な運命をたどる主人公を「天才てれびくんMAX」で活躍していた前田公輝が熱演。
共演者も飛鳥凛、松山愛里、あいか、小野恵令奈ら美少女たちが勢ぞろい。
物語に散りばめられた、後に続く話の伏線やヒント探しも楽しめる。(シネマトゥデイ)

あらすじ:
昭和58年初夏、圭一(前田公輝)は東京から人口2000人の雛見沢村に引っ越して来る。
彼は分校で委員長の魅音(飛鳥凛)やレナ(松山愛里)ら親切なクラスメートにも恵まれ、田舎での
生活を満喫していた。
しかし、夏祭りの晩に村の撮影に来ていたカメラマンが死亡するという事件が起き……。
(シネマトゥデイ)








タイトルぐらいは以前から知っていましたが、『ひぐらし~』という作品に触れるのは
これが全くの初めてであります。(^^;;


最初は観るのがしんどかったですねぇ。。。
前田公輝の演技が下手すぎて、よーこんな役者使ってるなぁと感心しました。(爆)


昭和58年という時代設定からして、この当時に前田公輝のような風貌・態度の学生は
見かけなかったと思うが、この当時中学・高校だった同年代の皆さま、どう思われます?


お社さまの祟り…以前みたおバカ映画『エクスクロス 魔境伝説』も似たようなシチュエーション
でしたね。


途中から、オカルトっぽい展開になり、女の子の眼が妖しく変わったり
突然態度が変わったりして「嘘だっ!」と叫んでみたり・・・

 画面に文字が出た時は、自分の目がおかしくなったんかと思いました。(^^;


お萩を食べた時に、とげが口に刺さる場面は痛々しかったですねぇ。
こういうのは苦手です。


・・・だんだんホラー映画っぽくなってきましたが、この終わり方は・・・


なんなんでしょうねぇ???


答えは自分で探してください・・・みたいな、なんとも中途半端なことをやりやがって!!
「ひぐらし~」のファンにはおもしろいのかも知れませんが、一映画作品として観た場合
これほど、観客をバカにした作品もそうそうお目にかかれないと思います。


まったく、時間を無駄にした。



でも、村の景色は良かったです。







2007年/日本/106分/ビスタ/
監督・脚本:及川中/音楽: 川井憲次/原作:竜騎士07 、07th Expansion/
出演:前田公輝、飛鳥凛、松山愛里、あいか、小野恵令奈/


映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪


ひぐらしのなく頃に 劇場版 スタンダードエディション [DVD]
Frontier Works Inc.(PLC)(D)
2008-11-21

ユーザレビュー:
はあ…これのどこが面 ...
十分面白い。ゲームも ...
一般人向けにリメイク ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

2009年06月06日 07:38
おはようございます(^^♪
みはいるBさんのおかげで無事引越しができました。
ありがとうございました。


昭和58年は息子が生まれた年でなにかと大変だったんですよ~
今は別な意味で大変だし、いつなったら楽になるのでしょうか!?
2009年06月06日 17:28
まりさん>
引っ越し お疲れ様でした♪
後ほど訪問させていただきます。(^-^)

大変な時期が一番楽しかったりするかも知れません。
がんばってくださいね♪

この記事へのトラックバック