みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ドラゴン・キングダム』 ('09初鑑賞56・WOWOW)

<<   作成日時 : 2009/05/02 21:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0




☆☆☆−− (5段階評価で 3)
5月2日(土) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。


解説:
現代に暮らすカンフーオタク少年が、古代の帝国で巨悪に立ち向かうアドベンチャー大作。
監督は『スチュアート・リトル』シリーズのロブ・ミンコフ。
少年を導く戦士2人をジャッキー・チェンとジェット・リーが演じる。少年役は『ロード・オブ・ドッグタウン』
のマイケル・アンガラノ。『キル・ビル』『マトリックス』のアクション監督ユエン・ウーピンのもと、アジア
の2大アクションスターが華麗に舞うバトルシーンに注目だ。(シネマトゥデイ)

あらすじ:
カンフーマニアで、孫悟空を夢見る17歳のジェイソン(マイケル・アンガラノ)。
ある日チャイナタウンでギャングに追われた彼は、次の瞬間古代中国のとある村で目を覚ます。
大酒飲みの男ルー・ヤン(ジャッキー・チェン)に危機を救われたジェイソンは、やがて白馬に乗った
サイレント・モンク(ジェット・リー)に出会い……。(シネマトゥデイ)









なかなかおもしろい作品でした。(^-^)
カンフー映画好きな方なら、外してはいけない作品ですね。


自分はそれほどカンフー映画好きってわけではないんですが、ジャッキー・チェンとジェット・リー
の共演はこれから先観れるかどうか分らんので、見といて正解でしたね。



西遊記をモチーフにしたストーリーですが、ハリウッドらしい話の進め方でした。
主役はジャッキーでもジェットでもなくて、カンフー映画オタクのアメリカ人少年ジェイソン。

雰囲気が ハリウッド版ドラゴンボールで主役だったジャスティン・チャットウィンをなよっと
した感じですね。



いじめられっこだったジェイソンが修行をして強くなって、
現代に戻ってきたときに、不良をカンフーで倒した場面が爽快でした。(^-^)


カンフー映画に限らず、こういうストーリーは観てて気分が良い。


王道を行く、娯楽作品でした。






2008年/アメリカ・中国/105分/シネスコ/
監督:ロブ・ミンコフ/
出演:ジャッキー・チェン、ジェット・リー、マイケル・アンガラノ、コリン・チョウ、リー・ビンビン/


映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪


ドラゴン・キングダム [Blu-ray]
ジェネオン エンタテインメント
2008-12-05

ユーザレビュー:
スパロウかわい〜ジェ ...
自分的には…ジャッキ ...
不良版あるらしいが… ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ドラゴン・キングダム
 『無敵の帝国<キングダム> 呪いを解けるのは奴らだけ──』  コチラの「ドラゴン・キングダム」は、ジャッキー・チェン×ジェット・リー!最強タッグが遂に実現!夢のコラボで話題の7/26公開となるアクション・アドベンチャーなのですが、試写会で観て来ちゃいまし.... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2009/05/02 22:18
映画「ドラゴン・キングダム」
原題:The Forbidden Kingdom 確かにジャッキー・チェンとジェット・リーが共演するというのは夢のような出来事だけど、そのJJ弾から何者か生まれたのだろうか・・すべてが夢の世界か・・ ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2009/05/03 00:17
ドラゴン・キングダム
現代のアメリカで暮らす少年が古代の中国で悪に立ち向かう アクションアドベンチャー映画で、リウ・イーフェイの記念 すべきハリウッドデビュー作。アメリカに暮らすカンフーオタクの少年がギャングに襲われた 質屋の中国人老人から元の持ち主へ返すようにある棒を 託される.. ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2009/05/19 00:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ドラゴン・キングダム』 ('09初鑑賞56・WOWOW) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる