『クローズZERO Ⅱ』 ('09初鑑賞51・劇場)




☆☆☆★- (5段階評価で 3.5)
4月29日(祝・水) TOHOシネマズ西宮OS スクリーン2にて 15:30の回を鑑賞。


解説:
高橋ヒロシ原作の大人気コミック「クローズ」を鬼才・三池崇史監督が実写映画化した、
『クローズZERO』の続編。 学園の頂点を目指して覇権争いに明け暮れる鈴蘭男子高校の
クローズたちと、原作にも登場する因縁のライバル校・鳳仙学園の猛者たちとの抗争が展開する。

小栗旬、山田孝之ら主要キャストが続投するほか、ロックバンドRIZEの金子ノブアキ、『恋空』の
三浦春馬ら新たなクローズたちが参戦。
両校生徒総勢500名が激突する壮絶な乱闘シーンが見もの。(シネマトゥデイ)

あらすじ:
不良学生たちの巣窟・鈴蘭男子高校制覇を狙いリンダマン(深水元基)との頂上決戦に敗れた
源治(小栗旬)は、まだ全校を統一できずにいた。
そんなとき、かつてし烈な抗争を繰り返していた鳳仙学園との停戦協定が破られてしまう。

鳴海大我(金子ノブアキ)率いる鳳仙学園の猛者たちが攻勢をかけてくる中、鈴蘭高校はかつてない
危機を迎える……。(シネマトゥデイ)








昨年11月にオープンしたTOHOシネマズ西宮OSでの初鑑賞です。(^-^)


さてさて、前作はお気に入りの一本でした。感想はコチラ
昨日に前作を復習して、準備万端での鑑賞となりました。


画面もビスタからシネスコになり、前作からのキャラも総出演&新キャラも登場ってことで
期待も高まります。


派手な効果音で、バイオレンスというよりは、アクション(活劇)としての乱闘シーンは、劇場の
スクリーンでみると迫力ありますよね。(前作はWOWOWでの鑑賞)


前作からおなじみのコメディ場面もあって、前日に観とって正解やなぁと思いました。(^-^)


クライマックスのブルース・リーの『死亡遊戯』そのまんまの乱闘シーンは、おもしろいけど
少々長いなぁと感じてしまいました。


各キャラの見せ場をじっくり描いたためですが、もうすこし、短くしたほうが良かったんちゃう?
実際、観終わったあとに、周りのお客さんからは開口一番「長かったぁ」という声が聞こえました。


総じて映画としては、前作のほうが出来が良かったと思います。


やべきょうすけ なんか、本編のストーリーとは全然絡んでなかったし。
あのパートは、はたして必要だったのか? 



でも、小栗旬、桐谷健太、高岡蒼甫、 山田孝之らは、ホントカッコ良かったですよ♪






2009年/日本/東宝/133分/シネスコ/
監督:三池崇史/原作:高橋ヒロシ/
出演:小栗旬、やべきょうすけ、黒木メイサ、桐谷健太、高岡蒼甫、 山田孝之/


映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪



クローズZERO スタンダード・エディション [DVD]
Happinet(SB)(D)
2008-04-18

ユーザレビュー:
商業映画儲かりそうな ...
若い頃に ヤリ残した ...
なんだこりゃ?全然、 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック