『シルク』 ('09初鑑賞24・WOWOW)




☆☆☆-- (5段階評価で 3)
2月21日(土) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。


解説:
19世紀のフランスを舞台に、美しい妻と日本で出会った少女との間で純愛を紡ぐ軍人の心の旅を
描くラブロマン。 『海の上のピアニスト』の原作者アレッサンドロ・バリッコの同名傑作小説を、
『レッド・バイオリン』のフランソワ・ジラール監督が映像化した。

マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司、中谷美紀、アルフレッド・モリナら国を越えた豪華
キャストの迫真の演技、愛の巡り合わせを彩る坂本龍一の楽曲が胸に熱く迫る。
(シネマトゥデイ)

あらすじ:
1860年代のフランス。
蚕の疫病が発生したため、軍人のエルヴェ(マイケル・ピット)は美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を
残して、日本へと旅立つ。

幕末の日本に到着したエルヴェは蚕業者の原(役所広司)が連れていた、“絹”のように白い肌の少女
(芦名星)と出会う。以来、エルヴェは少女が頭から離れなくなってしまう。
(シネマトゥデイ)









映像がすごくきれいでしたね。(^-^)
幕末の日本の描き方は、どうしても、どこか違和感のあるものでしたが、西洋人から見た
幻想(ファンタジー)の国 という観方をすれば、納得できるかも。


そもそも、この時代の田舎の寒村に、流暢に英語を喋れた日本人がいたとは思えないけど。(^^;


でも、主人公のエルヴェはフランス人でフランスに暮らしていたのだから、フランス語で喋るべき
なのに、みんな英語なので、言葉の問題はここでは深く考えなくてもいいか。


フランスから日本への旅も、ほんの数分で描かれていて、旅をした印象は薄い。
夢を観てるかのような、演出なんですね。



主人公は、きれいな奥さん(キーラ・ナイトレイ)がいるにもかかわらず
日本であった少女のことが忘れられず、その後、2度も日本に来てしまいます。



そんな夫の姿を、奥さんは複雑な思いで観ていたに違いありません。


奥さんの思いが、ラストでいっぺんに語られるのですが、切なく胸にくるラスト・シーンでした。
すべては、このラスト・シーンのためにあったんですね。



嫁さん大事にしろよー! 浮気すんじゃねー!  といった内容ですかね(^^;;






2007年/カナダ・イタリア・日本/109分/シネスコ/
監督・脚本:フランソワ・ジラール/原作:アレッサンドロ・バリッコ/
出演:マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司、芦名星、中谷美紀、アルフレッド・モリナ、國村隼、本郷奏多/

映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪


シルク スペシャル・エディション [DVD]
角川エンタテインメント
2008-05-23

ユーザレビュー:
絹美しい映像に美しい ...
何を伝えたいのかわか ...
淡いもの悲しさが伝わ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • シルク

    Excerpt:  『愛は運命に紡がれ、そして永遠となる』  コチラの「シルク」は、アレッサンドロ・バリッコの叙事詩的小説「絹」を国際色豊かに映画化したPG-12指定のエピック・ラブ・ロマンで、1/19公開となっ.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2009-02-22 23:50
  • 映画「シルク」

    Excerpt: 原題:SILK まるで絹の糸のように、繊細で幻想的な、これは一人の男の内に秘めたる迷い悩み憧れ、そして知る・・ゆり(Lily)の花言葉は純潔、貞操、無邪気、処女性・・ 1860年代.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2009-02-22 23:58
  • シルク

    Excerpt: イマイチ主役に興味をそそられないが・・・まぁ~観てみようかな【story】1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したため、軍人のエルヴェ(マイケル・ピット)は、美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2009-02-24 16:13
  • 『シルク』を観たぞ~!

    Excerpt: 『シルク』を観ました19世紀のフランスを舞台に、美しい妻と日本で出会った少女との間で純愛を紡ぐ軍人の心の旅を描くラブロマンです>>『シルク』関連原題: SILK    SETA[伊]    SOIE[.. Weblog: おきらく楽天 映画生活 racked: 2009-03-23 08:43
  • 「シルク」 水墨画と印象派

    Excerpt: この映画を観た女性の方の感想が聞きたい。 女性にとってこの映画は、納得できるもの Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2009-03-29 20:55