『題名のない子守唄』 ('09初鑑賞22・WOWOW)




☆☆☆★- (5段階評価で 3.5)
2月15日(日) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。


解説:
『ニュー・シネマ・パラダイス』の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレの監督最新作。
北イタリアの港町を舞台に、忌まわしい過去を抱える美しきヒロイン、イレーナの愛と謎に満ちた
物語を描く。 イタリアのアカデミー賞ともいうべきダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で最多12部門に
ノミネートした話題作。

ミステリアスなヒロインを、ロシアの実力派女優クセニャ・ラポポルトが演じている。
すべての謎が明らかになり、感動がこみ上げるラストまで目が離せない。(シネマトゥデイ)

あらすじ:
北イタリアのトリエステに長距離バスでやって来たイレーナ(クセニャ・ラポポルト)は、貴金属商を営む
アダケル家のメイドになる。 家事を完ぺきにこなす彼女は、アダケル夫人(クラウディア・ジェリーニ)
から瞬く間に信頼を得るようになる。また、4歳になるアダケル家の娘テア(クララ・ドッセーナ)とも心を
通わせ合うようになるが……。(シネマトゥデイ)








WOWOWで何度か放送してますが、今回やっと初鑑賞です。
ジュゼッペ・トルナトーレ作品をすべて観ているわけではありませんが、
この監督らしくない題材というか、雰囲気の作品やなぁと思いました。


だいぶ前に、同じくWOWOWで放送された イギリスの『セックス・トラフィック』という
TVドラマを観たことがありまして、今回の作品にもこれと同じ、人身売買という現実が
暗く影をおとしています。


映画が始まると、仮面をつけた半裸の女性たちを並べて、壁の穴からその姿を見定めている
男の眼が映されます。


私自身、野郎なので、その壁から観てる側になることも十分考えられるわけで・・・


そして現在のイレーナ。
時折フラッシュ・バックのように、過去の忌々しい映像が流れます。



悲惨な人生をおくってきたイレーナの唯一の望みは、真剣に愛した男との
間に生まれた、子供を取り戻すことでした。



そのための彼女の行動は、はっきり言って犯罪なんだけども、どこか許せてしまうというか
彼女の幸福を観ながら祈ってしまいました。



ラスト・シーンがとても良かった。




サスペンスな場面のエンニオ・モリコーネの音楽が少々うざかったです。
エンディング音楽はすごく良かったけど。(^^;;







2006年/イタリア/121分/シネスコ/
監督・脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ/音楽:エンニオ・モリコーネ/
出演:クセニア・ラパポルト、ミケーレ・プラチド、クラウディア・ジェリーニ、ピエラ・デッリ・エスポスティ/


映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪


題名のない子守唄 [DVD]
Happinet(SB)(D)
2008-05-30

ユーザレビュー:
ミニシアター系の作品 ...
ラストが予定調和だっ ...
俳優の技量を堪能して ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 題名のない子守唄

    Excerpt: 2006 イタリア 洋画 ドラマ ミステリー・サスペンス 作品のイメージ:感動、泣ける、切ない、ドキドキ・ハラハラ 出演:クセニア・ラパポルト、ミケーレ・プラチド、クラウディア・ジュリーニ、ピエラ.. Weblog: あず沙の映画レビュー・ノート racked: 2009-02-17 22:18
  • 映画『題名のない子守唄』(お薦め度★★★★)

    Excerpt: 監督、ジュゼッペ=トルナトーレ。脚本、ジュゼッペ=トルナトーレ、マッシモ=デ=リ Weblog: erabu racked: 2009-02-17 22:18
  • 「題名のない子守唄」(La Sconosciuta)

    Excerpt: 「ニュー・シネマ・パラダイス」や「海の上のピアニスト」などの作品で知られるイタリアの映画監督、ジュゼッペ・トルナトーレが2006年にメガホンを執ったミステリアスなヒューマン・ドラマ「題名のない子守唄」.. Weblog: シネマ・ワンダーランド racked: 2009-04-18 18:34
  • 『題名のない子守唄』を観たぞ~!

    Excerpt: 『題名のない子守唄』を観ました『ニュー・シネマ・パラダイス』の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレの監督が、北イタリアの港町を舞台に、忌まわしい過去を抱える美しきヒロインの愛と謎に満ちた物語を描くミステリー・.. Weblog: おきらく楽天 映画生活 racked: 2009-05-31 21:44
  • 題名のない子守唄

    Excerpt:  『女は 哀しみを食べて 生きている』  コチラの「題名のない子守唄」は、「ニュー・シネマ・パラダイス」や「海の上のピアニスト」のジュゼッペ・トルナトーレ監督のR-15指定のミステリーです。 .. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2009-12-15 21:37