『ヴィーナス』('08初鑑賞160・WOWOW)



☆☆☆★- (5段階評価で 3.5)
12月23日(祝・火) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。


解説:
20代の奔放な女性の登場により、自分の人生を見つめ直す70代の男性の心の旅が描かれる
ヒューマンドラマ。 監督は『ノッティングヒルの恋人』のロジャー・ミッシェル。

主人公モーリスの心をかき乱すヒロインを新人女優ジョディ・ウィッテカーがみずみずしく演じる。
本作でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた、オトゥールの名演に注目だ。(シネマトゥデイ)

あらすじ:
モーリス(ピーター・オトゥール)とイアン(レスリー・フィリップス)は、1度も大役を演じることもなく
ベテラン俳優となってしまったさえない役者仲間。
ある日、イアンの姪の娘ジェシー(ジョディ・ウィッテカー)が田舎町からやって来たことにより、2人の
穏やかな生活は一変。モーリスは自由奔放なジェシーに夢中になる。(シネマトゥデイ)







WOWOWの解説によると、谷崎潤一郎の小説「瘋癲老人日記(ふうてんろうじんにっき)」から
インスパイアされて、書かれた脚本だそうです。

ピーター・オトゥールが演じるモーリスが、実際のピーターと重なる部分もあって、本人も嬉々として
演じているのが、画面からにじみ出ていました。


実際、自分も老人になったら、こんな風になれたら良いなぁと、思ってしまいました。
不能になっても精神面で女性の肌を求めてるといいますか、心のつながりを求めてるんですね。


イアンの姪の娘ジェシーは、けっしてべっぴんさんではないし、気立てが良いわけではありません。
今風のどっか屈折した女性ですが、モーリスは彼女の心の原石を見抜いていたのかな。


観終わった後、なにか良いものを見せてもらったと思いました。
消さずに、BD-R に焼いて残しておこうとおもいます。






2006年/イギリス/95分/ビスタ/
監督:ロジャー・ミッシェル/脚本:ハニフ・クレイシ/
出演:ピーター・オトゥール、レスリー・フィリップス、ジョディ・ウィッテカー/

映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪


ヴィーナス 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2008-05-08

ユーザレビュー:
愛しのジャンキー・ヴ ...
名優の演技を堪能ピー ...
どこを一番伝えたいの ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2008年12月24日 14:43
突然で申しわけありません。現在2008年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/15(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
2008年12月24日 20:45
日本インターネット映画大賞殿>
了解しました。参加させていただきます。

この記事へのトラックバック

  • ヴィーナス

    Excerpt:  『男って、いくつになっても…。』  コチラの「ヴィーナス」は、名優ピーター・オトゥール主演のロマンティックでホロ苦い人生讃歌で、10/27に公開されたヒューマン・コメディなのですが、観てきちゃ.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-12-23 17:44
  • <ヴィーナス> 

    Excerpt: 2006年 イギリス 94分 原題 Venus 監督 ロジャー・ミッチェル 脚本 ハニフ・クレイシ 撮影 ハリス・ザンバーラウコス 音楽 コリーヌ・ベイリー・レイ 出演 ピーター・オト.. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2008-12-26 17:05
  • 『ヴィーナス』'06・英

    Excerpt: あらすじかつて数多の女性たちと浮き名を流したベテラン俳優のモーリスも老境に入り、今では端役の仕事を細々と続ける一人暮らしの孤独な身の上だ。そんな黄昏気味の日々に、親友イアンの姪の娘の年若いジェシーが出.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2008-12-29 07:15
  • 映画『ヴィーナス』を観て

    Excerpt: 84.ヴィーナス■原題:Venus■製作年・国:2006年、イギリス■上映時間:95分■日本語字幕:松浦美奈■鑑賞日:11月03日、シャンテシネ(日比谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:.. Weblog: KINTYRE’SDIARY racked: 2008-12-29 09:26