みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『デイ・ウォッチ ディレクターズ・カット』('08初鑑賞109・Blu-ray)

<<   作成日時 : 2008/08/26 20:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0



☆☆☆−− (5段階評価で 3)
8月24日(日) Blu-rayディスクにて鑑賞。


解説:
前作『ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR』に続き、またもやロシアで歴代興行収入ナンバーワン
の記録を塗り替えたダーク・ファンタジー3部作の第2弾。

今回は過去を変えられる“運命のチョーク”をめぐり光と闇の争奪戦が勃発する。
主演のコンスタンチン・ハベンスキーをはじめ、主要キャストは前作と同じメンバーが続投。
新たにポップ・スターのジャンナ・フリスケらが加わった。よりレベルアップしたVFXを多様した驚異の
映像と大胆な物語に魅了される。(シネマトゥデイ)

あらすじ:
中世のサマルカンドの砦を陥落させたティムールは“運命のチョーク”を手に入れる。時代は現代の
モスクワに移り、夜の番人“ナイト・ウォッチ”のアントン(コンスタンチン・ハベンスキー)は闇の種族
の人間襲撃の報を受け、スヴェトラーナ(マリア・ポロシナ)と現場に急行する。その犯人は・・・。
(シネマトゥデイ)






今回鑑賞したのは、146分のディレクターズ・カット版です。(劇場公開版は 131分)
前作『ナイト・ウォッチ』の感想はコチラ(^−^♪


お話としては、前作で闇の側に着いてしまった息子のことと、アントン(主役)の孤独、恋愛を
アートっぽい映像で描いています。


前作を観てないと、意味がさっぱり分らんので、しっかり前作を観ましょう。


この革新的映像(?)・・・アートっぽい映像はすごいことはすごいですが、みていくうちに
安っぽく見えてしまうのが問題ですよね。 

日本でも実写版の『キャシャーン』がありましたがあれは完全に逃げの手段でした。


この作品では、クライマックスにハリウッド的見せ場(モスクワの街が崩壊!)
も用意されていますので、エンタメとしては十分に楽しめる作品となっています。

まぁ、その前のバースデー・パーティの場面が少々くどくて、しんどいですが・・・



壁とかガラスの割れ方が特徴的な演出をされますね。
『ハイランダー』のラッセル・マルケイと似たような感性してるんかもしれません。





プロローグで、ことの顛末が明示されているので、展開は読めるんですが・・・
(あ〜やっぱり、そうきたか!  みたいな・・・(^^; )


ロシアといっても、東洋も含まれるお国なので、どことなく東洋思想哲学も感じられて
日本人にも理解できる部分もあるんちゃうかな?


しかし 3部作 ってことですが、これで完結してるのでは?
3作目はどういうふうに話を持っていくのか、非常に興味深いところです。


監督のティムール・ベクマンベトフ は この後、ハリウッドに招かれて
アンジェリーナ・ジョリー主演の『ウォンテッド』(この秋公開)を演出しました。
その後に ハリウッド資本で 3作目を製作するとのこと。


楽しみ♪





2006年/ロシア/146分/シネスコ/
監督:ティムール・ベクマンベトフ/
出演:コンスタンチン・ハベンスキー、マリア・ポロシナ、ウラジミール・メニショフ、ガリーナ・チューニナ/

映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪


デイ・ウォッチ/ディレクターズ・カット (Blu-ray Disc)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2008-07-04

ユーザレビュー:
Technical ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
デイ・ウォッチ/ДНЕВНОЙ ДОЗОР
 『“夜”から“昼”ヘ。闘いはクライマックスへ──!』  コチラの「デイ・ウォッチ/ДНЕВНОЙ ДОЗОР」は、「ナイト・ウォッチ/НОЧНОЙ ДОЗОР」の続編となる3部作の第2弾のダーク・ファンタジーです。  この後、セルゲイ・ルキヤネンコの原作.... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2008/08/27 00:20
デイウォッチ/DAY WATCH/DNEVNOY DOZOR/Дневной дозор
明日公開、『ウォンテッド』の監督ティムール・ベクマンベトフが手がけた『ナイトウォッチ』の続編。 ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2008/09/19 22:16
デイ・ウォッチ
ロシア映画「ナイト・ウォッチ」の続編。 前作の最後で息子イゴールが闇側へついた事から苦悩する光の異種アントン。彼を闇の暗黒面から救い出そうとするのだけれどそれが伝わらない。「デイウオッチ」に追われるアントンは願いを叶えるチョークを探して、闇の一族のパーテイに潜入し…。 相変わらず斬新な映像とストーリー展開ですが、今作ではだいぶストーリーの荒さがましになっているように思う。個々の特殊能力と異界などのダークな世界観は変わらず魅了してくれる。 災いを招く乙女だったスヴェトラーナは光の側を... ...続きを見る
いやいやえん
2012/05/03 16:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『デイ・ウォッチ ディレクターズ・カット』('08初鑑賞109・Blu-ray)  みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる