篤姫 第7回「父の涙」



菊本(佐々木すみ江)自害してから、於一が城に上がるまでが今回のお話。


どうも展開がスローなので、観ていてしんどくなります。
これは、演出上の問題かと。

あと個人的に、こういう邦画でもありがちな演出・テンポがどうも苦手な奴なので
どうしても、物語にどっぷり浸かれなくて、もうちょっと、話進まへんかなぁ~と
少々イライラ。。。

あ゛ー。。。






でも身分の差というものが、これから如実に表れてくるのでしょうね。
実の親子でも、自由に合えないっていうのが悲しいですよ。


菊本の自害は史実だそうで、現在にしてみれば、そんなんで死ぬなよって感じますが
当時としては、ほんまに、於一のことを思えばこその自害だったんですね。。。


ペリーの軍艦が刻一刻と日本に近づいてきました。
いよいよ その時歴史が動いた! 状態になるのでしょうか。


もうすこし我慢して見ます。 (^^;;


宮崎あおい は やっぱりかわいい♪




ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 篤姫 第7回「父の涙」

    Excerpt: とうとう於一が今和泉島津家から旅立つときが来ます。 前回、菊本が自害した理由がここにきてようやくわかります。菊本は自分が身分の低い�... Weblog: あしたまにあ~な racked: 2008-02-17 21:42
  • 大河ドラマ 「篤姫」 父の涙

    Excerpt: 菊本の死。 それが鶴丸城への決意を強く、固くする! Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2008-02-17 21:47
  • 篤姫・第7話

    Excerpt: 篤姫第7話です。先週は菊本の「何故?」「どうして!?」の衝撃的な自害で終わりましたが・・・いよいよその「死の真相」が明らかになるようですね。 さて、それに伴いまして今回ワタクシ『幕末薄っすい知識倶楽部.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2008-02-17 21:48
  • 篤姫7 親父もツライよぉねー!

    Excerpt: 何だか今日は和んでしまった。 父と娘の別れ・・・けっこうこう云うの好きなんです。 その前に・・・事件です!! やっとでたでたやっとでた大事件勃発! 今年のスイーツ大河ドラマ7話目にして、や.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2008-02-17 21:49
  • 篤姫:第7回「父の涙」

    Excerpt: 分家から本家の養女になるというのは大変なことなのですね。身分の低い自分が乳母では Weblog: 食う♪読む♪歩く♪ racked: 2008-02-17 21:50
  • 篤姫(2月17日)

    Excerpt: 自らの存在を於一の人生から消すために、自害した菊本。 忠節は天晴れなのですが、せつな過ぎます。 Weblog: 今日感 racked: 2008-02-17 21:53
  • 篤姫~第7話・別れ

    Excerpt: 篤姫ですが、菊本(佐々木すみ江)は元々島津今泉家に存在しなかった者として扱われます。遺体も不浄門から遺族に引き渡され、葬儀すら出しません。いつになく厳しい父親・島津忠剛(長塚京三)に於一(宮崎あおい).. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2008-02-17 22:33
  • 大河ドラマ「篤姫」第7話「父の涙」

    Excerpt: 菊本の死の真相。前回ここで何故?って思ったのですが、菊本の決意はこの時代ならではの風習ってことで・・・。あまりに切なく、一途で悲しいものでした この夜以降は菊本の名も口にしてはならないという.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2008-02-17 22:36
  • 【篤姫】第七話

    Excerpt: 泣けた。一人娘がいなくなる前の家の中の寂しさ。皆が於一を思い、その先行きを祈る気持ち。自らを亡くして心残りを消し去ろうとした菊本。「前を向いて生きろ」と諭す尚五郎。上に立つ者の心得を聞かせる母。そして.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2008-02-17 22:52
  • 篤姫第7回「父の涙」

    Excerpt: 先週、斉彬家の養女になることが決まった於一ですが、養女に決まったことを誰よりも喜んだ菊本の自害は驚きました。原作を読んだのはもう5年以上も前の話なので原作にこの場面があったかどうかが記憶にはありません.. Weblog: さくら色通信 racked: 2008-02-18 00:07
  • 大河ドラマ 篤姫 第七回「父の涙」

    Excerpt:  これもまた曲名シリーズなのかしら?「父の涙」。教会で静かに歌い継がれている名曲だそうで・・・。とまあそれはおいといて、父の涙と申しますと、どうしてもこう、情けなさとか滑稽さとか、不器用さとか遣る瀬無.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2008-02-18 06:21
  • 「篤姫」第7回

    Excerpt: 第七回「父の涙」菊本の自害に激しい衝撃を受けた於一は、忠剛が彼女の遺体をまるで罪人のように処分したことを知り反感を抱く。その夜、於一はお幸から、菊本が遺書を残していたと聞かされる。遺書には、本家の養女.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2008-02-18 06:32
  • 元祖引き篭もり、島津忠剛!!

    Excerpt: 菊本の扱いに対して父・忠剛に反感を抱く於一{/cat_7/} 親の心子知らずと云ったところでしょうか。 わが子がわが子で無くなる寂しさに忠剛はじっ と耐えていたのでしょうね{/hamster_6/} .. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2008-02-18 08:17
  • 篤姫 第7話

    Excerpt: 今回は前回、急に自殺した菊本の想いが前半のお話でしたね。 何と身分が低い自分が育てたことを消すために自ら命を落とすとは…この心構えは決して低くは無い立派なお目付け役でしたね。 ... Weblog: 一期一会の彩りを求めて・・・ racked: 2008-02-20 01:26