『キンキーブーツ』 ('07初鑑賞142・WOWOW)



☆☆☆☆- (5段階評価で 4)
12月9日(日) WOWOWのHV放送を録画して鑑賞。


解説:
サンダンス映画祭で絶賛され、本国イギリスで社会現象を巻き起こしたハートフルドラマ。
ドラッグクイーン用のブーツを作ることになった靴工場の経営者と、自分らしさを模索するドラッグクイーンの友情物語が展開する。
靴工場の経営者を「スター・ウォーズ」シリーズのジョエル・エドガートン、ドラッグクイーンを『堕天使のパスポート』のキウェテル・イジョフォーが好演。
笑って泣けて、最後には心が温まるストーリー展開が感動的。
(シネマトゥデイ)

あらすじ:
父親の突然の死により、倒産寸前の靴工場を相続した優柔不断な青年チャーリー(ジョエル・エドガートン)。工場の起死回生に頭を悩ませる彼は、偶然出会ったドラッグクイーンのローラ(キウェテル・イジョフォー)からインスピレーションを得て、ドラッグクイーン用のセクシーなブーツを新商品として開発しようと思いつく。
(シネマトゥデイ)






映画が始まって、女の子(本当は男の子)のアップ。
その子はおもむろに 袋から赤い靴を取り出し、それを履いてステップを踏む。
それを見た その子の親父が怒鳴る。


この出だしで、いっぺんに映画の世界に引き込まれました。


倒産寸前の老舗の紳士靴専門の会社を受け継ぐことになった主人公チャーリー
ドラッグ・クィーン(早い話がオカマ?ニュー・ハーフ?)と知り合いになり
彼ら もとい 彼女たちに合うブーツを作ることを思いつきます。


 ここでおもしろいセリフがありました。
 「私たちドラッグ・クィーンはカイリー・ミノーグ 
  だけど、女装趣味の倒錯者は 口紅をつけたエリツィン」

  ここで爆笑してしまった。(^^)


チャーリーは男の体重でも壊れない(特にヒールの部分)「”特殊”な紳士」のためのブーツを
作ることで会社の命運を賭けることになります。


当然、それがそう簡単に上手くいくわけではなく、いろいろ起こるわけですが
チャーリーのみならず、ドラッグ・クィーンのローラにも 自分がいかにあるべきか
紆余曲折があるわけです。


偏見を捨てることや、必ずやりとげること。


彼らに深い友情が芽生え、クライマックスへ。


ミラノでのショーの場面、チャーリーが出たときは、見てられなかった。(^^;
でも、ローラたちが駆けつけて、最高のステージとなります。



これは映画館で見たかったなぁ。
こんなに良い映画だとは。


オカマの映画だと思って、偏見があったのかもしれない。
実話を元にした オススメの一本です(^-^)







2005年/アメリカ・イギリス/107分/シネスコ/
監督:ジュリアン・ジャロルド/
出演:ジョエル・エドガートン、キウェテル・イジョホー、サラ=ジェーン・ポッツ/


映画感想50音別INDEX


ブログパーツ



 ← クリックお願いします♪





キンキーブーツ [DVD]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • キンキーブーツ

    Excerpt:  『幸せへと導くブーツ、お作りします。』  コチラの「キンキーブーツ」は、8/26公開の紳士淑女の国イギリスのハートフル・コメディなんですが、やっと観て来ちゃいました。かなり気になってた映画なん.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2007-12-12 21:28
  • ★「キンキー・ブーツ」

    Excerpt: 10/17の2本目は、ハシゴして・・・ 先月オープンした「109シネマズ川崎」で鑑賞。 ハリウッド映画に慣れちゃうと、イギリスものってハズレるパターンが多いけど。 週刊誌のレビュー読んで、これは.. Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2007-12-13 03:07
  • キンキー・ブーツ 07087

    Excerpt: キンキー・ブーツ Kinky Boots 2005年   ジュリアン・ジャロルド 監督ジョエル・エドガードン  キウェテル・イジョフォー  リンダ・バセット  サラ=ジ.. Weblog: 猫姫じゃ racked: 2007-12-25 15:40
  • キンキーブーツ(Kinky Boots)/チャーリーと変態靴工場

    Excerpt: キンキーブーツKinky Boots/監督:ジュリアン・ジャロルド/2005年/アメリカ・イギリス 廃業寸前の老舗靴工場を救ったのは、ひとりのドラァグクイーンでした。 あらすじ:田舎の老舗.. Weblog: 映画感想 * FRAGILE racked: 2011-06-10 11:37