日本アカデミー賞

事後報告ですが、2月16日(金)に第30回日本アカデミー賞 最優秀賞が発表されました。

当日はアカデミーのことなんかすっかり忘れてました。
・・・ってゆーか、あんまり好きじゃないんですよねー。

日本のアカデミーって、なんか暗いでしょ? しかも汚らしい権威・権力がにじみでてるし。。。
アメリカのそれは(もちろん権威・権力もあるやろうけど)しっかりエンタテインメントしてるから
観てて楽しいのよね。

日本のは辛気臭いだけで。。。

WOWOWで 『CUBE ZERO』 が放送されてたので、そっちを優先してました。
でも途中で先輩が訪ねてきたので、まともに観れんかったけども。。。(^^;



では、各賞の発表です。



最優秀作品賞: フラガール シネカノン=ハピネット=S・D・P
最優秀アニメーション作品賞: 時をかける少女 角川書店
最優秀監督賞: 李 相日 「フラガール」
最優秀脚本賞: 李 相日・羽原 大介 「フラガール」
最優秀主演男優賞: 渡辺 謙 「明日の記憶」
最優秀主演女優賞: 中谷 美紀 「嫌われ松子の一生」
最優秀助演男優賞: 笹野 高史 「武士の一分」
最優秀助演女優賞: 蒼井 優 「フラガール」
最優秀音楽賞: ガブリエル・ロベルト/渋谷 毅 「嫌われ松子の一生」
最優秀撮影賞: 長沼 六男 「武士の一分」
最優秀照明賞: 中須 岳士 「武士の一分」
最優秀美術賞: 松宮敏之・近藤成之 「男たちの大和 YAMATO」
最優秀録音賞: 松陰信彦・瀬川徹夫 「男たちの大和 YAMATO」
最優秀編集賞: 小池 義幸 「嫌われ松子の一生」
最優秀外国作品賞: 「父親たちの星条旗」 FLAGS OF OUR FATHERS / ワーナー
話題賞 (俳優部門): 塚地 武雅
話題賞 (作品部門): 「フラガール」



昨年の個人的BEST1 MOVIE 『フラガール』が 主要4部門で受賞♪(^^)
当然でしょう♪

・・・蒼井 優ちゃんって 助演になるの? 主演でもええんちゃうん?
渡辺 謙、中谷 美紀、笹野 高史の受賞は文句なしです。


20年ぶりに洋画よりも収入が高くなったようで、今年も邦高洋低になるのか?
どちらにしても、いい映画を見せてくだされば良いのです。


でも、くだらん映画も多い ことは確かです。 
スタッフ、俳優のみなさん がんばって良いもの作ってくださいね。




ブログパーツ


スパム対策のため、全てのトラックバックを一時保留に設定しています。
記事に反映されるまで、多少時間がかかります。ご迷惑をおかけします。m(_ _)m

 ← クリックお願いします♪




フラガール メモリアルBOX [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年02月19日 21:52
猫姫さん>
はい(^^)
とーぜんであります♪

この記事へのトラックバック

  • 第30回日本アカデミー賞発表!!

    Excerpt: フラガール Weblog: http://plaza.rakuten.co.jp/tapomushi12 racked: 2007-02-18 07:09
  • 日本アカデミー賞

    Excerpt: あはは、、、 一応映画ブログなもんで、ちょっと書いとこ、、、 ま、劇場でほとんど見ないあたしが言うのもおかしいケド、 やっぱり「フラガール 」よね。 しかし蒼井優 って、映画で見るより、普通の.. Weblog: 猫姫じゃ racked: 2007-02-19 01:06
  • 第30回日本アカデミー賞 

    Excerpt: 第30回日本アカデミー賞最優秀賞決定  邦画が本当に充実してきた昨今、昨年も優れた邦画が沢山輩出されました。 昨年は若い女優さんたちの活躍が非常に目立った年だったように思います そして中でも蒼井.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2007-02-20 17:20
  • 蒼井優のブログ@女性タレント-フラガール

    Excerpt: コメント、トラバ、お世話になっております。ブログを見ていただいて、ありがとうございます。タレントウェブログ紹介所です。蒼井優さんの公式ブログは残念ながらありません・・・が、蒼井優さんの公式ページ@女性.. Weblog: タレントウェブログ紹介所 racked: 2007-03-10 17:49
  • 映画|実力派女優 蒼井優

    Excerpt: かねてから若き実力派女優として高い評価を得ていた蒼井優さんが、昨年末から今年にか... Weblog: お得情報の豆知識 racked: 2007-04-04 19:36
  • 蒼井優 激やせでちょっと心配 YouTube

    Excerpt: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070425-00000015-flix-movi    蒼井優のYouTube動画はこちら24日、2006年度に発表されたDV.. Weblog: 時事問題!時事ニュース!痛いニュースを斬る! racked: 2007-04-26 03:18
  • アカデミー賞1965年「サウンド・オブ・ミュージック」

    Excerpt: アカデミー賞作品1965年「サウンド・オブ・ミュージック」「菩提樹」でも知られるトラップ一家の物語を、雄大なアルプスの景観や緑美しい木々、そして忘れがたき数々のナンバーで織り上げた名作。 1938年の.. Weblog: アカデミー賞1965年「サウンド・オブ・ミュージック」 racked: 2007-05-17 01:04
  • フラガール メモリアルBOX  DVDのご紹介

    Excerpt: フラガール メモリアルBOX  DVD内容のご紹介2006年NO.1 愛と勇気のエンターテイメントショー 遂にDVDで登場!●第49回ブルーリボン賞にて、作品賞、主演女優賞(蒼井優)、助演女優賞(富司.. Weblog: タヒチアンダンス タヒチアンエクササイズ タヒチアンダイエット情報局 racked: 2007-06-02 16:43
  • 日本アカデミー賞「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の今日映画の不滅を感じた日

    Excerpt: 今日の日本アカデミー賞「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」も日本映画の黎明期こんな映画人がいたから今日があったといえると思います。 Weblog: 日本アカデミー賞「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の今日映画の不滅を感じた日 racked: 2008-02-16 23:47