『父親たちの星条旗』 (初鑑賞104本目・劇場)



☆☆☆★- (5段階評価で 3.5)
10月28日(土) 109シネマズHAT神戸シアター8 にて 13:30の回を鑑賞。

クリント・イーストウッド監督による「硫黄島2部作」の1作目で
アメリカ側の視点から観た、硫黄島の激戦と有名な写真に写った兵士たちのその後を描いた作品。

さすがに、とても重厚な映画でした。




父親たちの・・・となっているように、物語の視点は
衛生兵のジョン・”ドク”・ブラッドリー(ライアン・フィリップ)の
息子が父親が戦った硫黄島でなにが起こったのかを調べて
いくかたちで進行していきます。


1945年 日本の硫黄島での激戦。



途中何度も語り部が変わっていくので、集中して画面を見ないと
一体誰の話なのか、分りにくくなるところがあります。


また、時代が 現代・硫黄島の激戦時・父親たちが英雄としてアメリカに迎え入れられた時
と 行ったり来たりするので注意しましょう。






戦闘場面がスピルバーグの『プライベート・ライアン』を想いおこされるほどの凄まじさ。

目の前にいた兵士に爆弾が直撃し、身体がバラバラになる描写もあります。
お子様が観るには刺激が強い。


日本兵が手榴弾で自決したあとの姿もかなり強烈です。。。



あの有名な写真に写ってしまったが故に、本国で英雄に祭り上げられて苦悩する姿。
政府は戦争を続けるために、彼らを利用して戦意を高揚し、国民に国債を買わせようとする。

政治家の醜い姿でした。


生き残った3人の1人、アイラ・ヘイズを演じたアダム・ビーチってどっかで見覚えがあるなぁと
思ったら、サイパンの激戦を描いたジョン・ウー監督作品 『ウィンド・トーカーズ』 でも
インディアンの役で出演してました。


『ワイルド・スピード』のポール・ウォーカーも出演していました。



ジョン・”ドク”・ブラッドリーが息を引き取るシーンで胸にくるものがありました。
様々な要素の積み重ねでクライマックスを持ってくる イーストウッド監督の手腕は確かですよね。


音楽も担当していますが、どっかで聞いたようなメロディであまり新鮮味がありません。


とにかく、次の日本側から見た『硫黄島からの手紙』(12月9日公開)を見ないことには
最終的な評価は出来ないと思います。





2006年/アメリカ/ワーナー・ドリームワークス/FLAGS OF OUR FATHERS/シネスコ/132分/
監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド/脚本:ポール・ハギス/製作:スティーブン・スピルバーグ/
出演:ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ、バリー・ペッパー、ポール・ウォーカー/





 ← クリックお願いします♪




プライベート・ライアン アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月29日 19:29
やっぱり、人間は父親の背中を見て育つのか・・・。

戦争ってやーね。やっぱ昔は嫌い!!><
ぼく、前世は戦争に行った人かも・・・??
2006年10月29日 21:38
レオさん>
うちの場合は、私が2歳の時に親父は亡くなりました。
だから父親がいるとかいないとかは、あまり関係ないと思う。

戦争は絶対したらあかん!
これからも、ず~っと。
大人はある意味アホやからね。子供のほうが賢い時があるんよ。
レオさんが大人になっても、戦争したらあかんで!(^^)
2006年11月10日 19:30
こんにちは。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
映画「父親たちの星条旗」もとりあげました。
コメント欄は、寄せ書きのようになっています。
一言コメントに参加してみてください。

http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611
2006年11月10日 20:58
kemukemuさん>
はじめまして、ようこそ(^^)
モノクロの写真がいい雰囲気を出していますね♪
またコメントさせていただきますね。

この記事へのトラックバック

  • 映画 「父親たちの星条旗」

    Excerpt: 映画 「父親たちの星条旗」 を観ました。 Weblog: ようこそMr.G racked: 2006-11-02 01:40
  • 【劇場鑑賞120】父親たちの星条旗(FLAGS OF OUR FATHERS)

    Excerpt: 戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。 Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2006-11-03 17:46
  • 父親たちの星条旗

    Excerpt: 特別試写会のハガキが送られてきたんですけど 封筒の中にはそのハガキしか入ってなくて 果たしてそれがどうして送られてきたのか不明。 適当に応募したのが当たったのか? それすらも忘却の彼方。 で.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2006-11-04 04:08
  • 東京国際映画祭オープニング「父親たちの星条旗」華やかに上映

    Excerpt: 東京国際映画祭のオープニングを飾る大作。 今年も行ってきました。 出演者の舞台挨拶は地味目でした。 一昨年はここでトム・ハンクス「ターミナル」を見ました。 昨年は高倉健さんが舞台挨拶だった.. Weblog: soramove racked: 2006-11-05 10:12
  • 父親たちの星条旗

    Excerpt: 戦争を語るのは、戦争を知らない者たちだ Weblog: 悠雅的生活 racked: 2006-11-05 18:40
  • 父親たちの星条旗 壮絶な戦闘シーンは圧巻、でもどこか「プライベート・ライアン」に似ている

    Excerpt:  クリント・イーストウッド監督の硫黄島の戦いを題材にした新作。 早くも「アカデミー最有力候補」とも言われており、日本でも前評判は高いようだ。 昨年の「ミリオンダラー・ベイビー」で、イーストウッドの監督.. Weblog: シカゴ発 映画の精神医学 racked: 2006-11-05 18:50
  • 「父親たちの星条旗」を観た

    Excerpt: 太平洋戦争末期、 硫黄島を舞台に、 激しい戦闘が繰り広げられた。 クリント・イーストウッド監督による「硫黄島二部作」の一作目。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2006-11-05 22:33
  • 「父親たちの星条旗」試写会レビュー  変えられない歴史

    Excerpt: 言葉が出なくなった。圧倒されたと言っていい。映像、メッセージが計り知れないパワーで襲ってくる。12月公開の「硫黄島からの手紙」も渡辺謙・二宮和成・加瀬亮などがキャストで注目されるが、まずこの映画でこの.. Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ racked: 2006-11-05 23:32
  • 父親たちの星条旗

    Excerpt: やりきれない悲しみと苦しさの後ろから, 人を思う気持ちが溢れてくる完成度の高い戦争映画。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2006-11-06 10:41
  • 父親たちの星条旗

    Excerpt: 28、29日、イオン下田TOHOシネタウンでの映画ハシゴ観、1本目に観たのは「虹の女神」。 そして2本目に観たのが Weblog: 欧風 racked: 2006-11-06 18:43
  • 「父親たちの星条旗」は言っている。

    Excerpt: 2日連続でクリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」を観賞。脚本はポール・ハギス、ウィリアム・ブロイルズJr. 。出演はライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチほか。ク.. Weblog: やまたくの音吐朗々Diary racked: 2006-11-10 03:03
  • 「父親たちの星条旗」とシカゴ~ソルジャー・フィールドの歴史とトリビア

    Excerpt:  「父親たちの星条旗」は日本では、公開第一週で興行収入が第2位。  アメリカでは公開第一週が3位、第二週が4位ですから、アメリカよりも日本の方が盛り上がっているようです。 アメリカでは太平洋戦争という.. Weblog: シカゴ発 映画の精神医学 racked: 2006-11-12 07:03
  • 「父親たちの星条旗」試写会

    Excerpt: 中野サンプラザで行われた、クリント・イーストウッド監督の映画「父親たちの星条旗」の試写会に行ってきました!! そうそう、今回は中野サンプラザに入るときのチェックが結構厳重だったんですよ。空港でや.. Weblog: Thanksgiving Day racked: 2006-11-15 01:19
  • ■〔映画鑑賞メモVol.14〕『父親たちの星条旗』(2006/イーストウッド)& more...

    Excerpt: 1.『サラバンド』(2003/ベルイマン)鑑賞プチ・メモ≪→こちら≫ 2.『父親たちの星条旗』(2006/イーストウッド)鑑賞メモ≪→こちら≫ 3.『百年恋歌』(2005/ホウ・シャオシェン)鑑賞.. Weblog: 太陽がくれた季節 racked: 2006-11-16 15:36
  • 父親たちの星条旗

    Excerpt:  『プライベート・ライアン』を思わせる激しい戦闘シーンが繰りひろげられますが、その実は『シン・レッド・ライン』のような戦争の無常観を表現した Weblog: シネクリシェ racked: 2006-11-19 07:17
  • 父親たちの星条旗 (Flags Of Our Fathers)

    Excerpt: 監督 クリント・イーストウッド 主演 ライアン・フィリップ 2006年 アメリカ映画 132分 戦争 採点★★★ 「コイツは、白いのも、黒いのも、黄色いのも、茶色いのも大嫌いなんだよ」 『ダーティ・.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2006-11-21 15:13
  • ▼ クリントイーストウッドは語る

    Excerpt: こんにちは,突然のトラックバックをお許しください。管理人の黒須と申します。今回,クリント・イーストウッド関連の記事を書きました。貴サイトとの関連性を考慮し,トラックバックさせて頂きましたが,ご迷惑でし.. Weblog: 書きたいことを書くブログ racked: 2006-12-01 12:17
  • 『硫黄島からの手紙』 (初鑑賞121本目・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 12月9日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8 にて 14:10 の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2006-12-10 02:40
  • 「父親たちの星条旗」

    Excerpt: 今なおアメリカ人の愛国心を鼓舞してやまない1枚の戦争写真。その被写体である6人の兵士たちを待っていたのは…。(「MARC」データベースより) 「英雄」という名に翻弄され、苛まれた若者たちの姿を描いた.. Weblog: 共通テーマ racked: 2006-12-19 20:19
  • はなきん。

    Excerpt: ひと昔まえは 金曜日のことを はな金 と言ってたが今でも そういうのかな? (^^; Weblog: みはいる・BのB racked: 2007-06-09 01:32
  • 父親たちの星条旗

    Excerpt:  『アメリカから見た硫黄島 戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。』  コチラの「父親たちの星条旗」は、硫黄島の戦いをアメリカ側の視点で描いたクリント・イーストウッド監督作品なんですが、10/2.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-04-09 20:14
  • 父親たちの星条旗

    Excerpt: 戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。 【関連記事】 「硫黄島からの手紙」 Weblog: Addict allcinema 映画レビュー racked: 2009-08-06 12:53
  • 【映画】父親たちの星条旗…俄かイーストウッドファンなピロEK(その1)

    Excerpt: 「ハッピーフライト」の記事で予告したとおり、本日もう一個の投稿です{/face_yaho/} 今日の午前中の行動です。 モンスターハンターのイベントがあると聞き付け、友人宅に宿泊した息子を回収後、.. Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2009-12-29 10:30