『アタゴオルは猫の森』 (初鑑賞101本目・劇場)



☆☆★-- (5段階評価で 2.5)
10月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4 にて 14:50の回を鑑賞。

ますむらひろし原作のコミックを フルCGで映画化したものです。
コミックは読んだことはありませんが、キャラはよく見かけます。

これを、”日本のピクサー”と呼ばれる(らしい) デジタル・フロンティアが製作
ということですが、ほとんど、なんの予備知識もないまま、観に行きました。




さすがに、CGは良く出来ています。
キャラもそれぞれの個性が漫画っぽく表現されています。

主人公のデブネコ ヒデヨシは天真爛漫・・・ただの身勝手なバカキャラにしか見えなくもない。


ヒデコこと輝彦宮(植物の王)がいいですね♪ かわゆい(^^)
「結構かわいいと評判なんよ!」っていうセリフがまたかわいい♪


・・・ですが、映像的には、作り手も全然完璧だとは思ってないでしょう。
けっこう、アラを発見してしまいました。 こんなんで日本のピクサーなん? 


美術とかすごく イラストチックで綺麗です。
技術もすごい進歩してるし、物語も訴えたいこととか よくわかりますけど・・・


中盤からクライマックスにかけてが、すごく、だるいです。(--;
画面が単調なんです。
この映画、上映時間は1時間21分ですが、ちょっと長く感じてしまいました。


惜しいです。


石井竜也 担当の歌も たいしてええことありません。(個人的な趣味ですけど)


かさねて 惜しいです。





2006年/日本/角川ヘラルド映画/シネスコ/81分/
監督:西久保瑞穂/脚本:小林弘利/
声の出演:山寺宏一、佐野史郎、夏木マリ、谷山浩子、田辺誠一、小桜エツ子、内田朝陽、平山あや/




 ← クリックお願いします♪


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月15日 21:36
お久しぶりです。

この映画も感動しそうな話!!

見たいな~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(お姉ちゃん)
ふわぁ~~~~~~~~~~~~。
いいな~、そういうの見れて!!!!!!!!!!!!!
2006年10月15日 21:57
レオさん>
はい ようこそ♪(^^)
けっこう感動できるお話ですよ♪
レオちゃんのお姉ちゃんなら気に入るんちゃうかなぁ♪
こん
2006年11月23日 16:13
私の母がみにいきたいと言ってました
2006年11月23日 20:38
こんさん>
はじめまして ようこそ♪(^^)
映像はすごくきれいですよ♪

この記事へのトラックバック

  • 「アタゴオルは猫の森」 カラフルな映像に新しいCGの可能性を感じる

    Excerpt: カラフルな色彩が印象に残る映画でした。 特にオープニングのお祭りのシーンは、豊か Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2006-11-11 12:37
  • アタゴオルは猫の森

    Excerpt:  『泣かないで。 この星を救えるのは笑顔だけだから。』  コチラの「アタゴオルは猫の森」は、30年前からシリーズ連載を続けているますむらひろし原作の同名コミックを、3D-CGアニメで映画化した1.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-04-20 19:08