『八月のクリスマス(1998・韓国)』 (初鑑賞78本目・DVD)



☆☆☆☆- (5段階評価で 4)
8月25日(金) DVDで鑑賞。 前日に鑑賞した『8月のクリスマス』のオリジナルです。


観る順番が逆になってしまいました。(^^;;
ハン・ソッキュ いい雰囲気が身体からにじみ出ていますね。




韓国映画だから、思いっきり号泣させるような映画なんかなぁと思ってたんですが
これが意外と あっさりと淡白な味わいでした。


リメイク日本版を先に見てしまったために、どうしても日本版を贔屓目で見てしまいます。
『四月の雪』の ホ・ジノ 初監督作品ってことで、いかにも低予算で荒く感じる部分もありました。


物語は「死」についての描写がいくつかあります。
知人のお葬式、おばあちゃんの葬式用の写真撮影、そして自分の葬式用の写真撮影。

死への恐れ・・・夜中に布団の中で声を押し殺しながら泣く場面


死に対しての真摯な姿勢。 深く考えさせる作品であることに間違いないですね。
日本版は ほとんど同じ物語。 おなじカメラ・アングル。
オリジナルにたいしての リスペクト(尊敬)の想いを込めて創られたのでしょう。




1998年/韓国/ビスタ/99分/
監督:ホ・ジノ(許秦豪)/
出演: ハン・ソッキュ(韓石圭)、シム・ウナ(沈銀河)、シン・グ、オ・ジヘ、 リ・ハンイ/




 ← クリックお願いします♪




八月のクリスマス [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 韓国映画:八月のクリスマスを見ました

    Excerpt: 八月のクリスマス 今日はDVDで韓国の作品、『八月のクリスマス』と言うものを見ました。 実はこのDVDはもう2~3年前に『ラストプレゼント』と セットで購入して、見ないまま保管してしまっ.. Weblog: SomeTime通信 racked: 2006-09-03 23:38