映画 『半落ち』 を観た。

WOWOWで放送された 寺尾聰主演の日本映画『半落ち』を鑑賞。
元刑事の男 梶(寺尾)がなぜ最愛の妻を殺したのか?
彼が頑なに口を閉ざす”空白の2日間”とは?

サスペンスものかと思って見ていたのですが、重厚な社会派ドラマでありました。
アルツハイマー病のことや、白血病、骨髄移植についていろいろと考えさせられました。

物語は梶が自首する場面からはじまります。
しかし、妻を殺したのは3日前。 自首するまでの2日間、何処で何をしていたのか?
この2日間について話が進みます。

登場する役者陣は芸達者な面々。演技については文句なしと思います。
ストーリー的には、少々疑問点があります。
何ゆえ頑なに口を閉ざすのか。そのへんがイマイチ理解しかねます。
骨髄移植を受けた青年をマスコミから守るため?
そんなことで、へこたれるような弱い青年には見えないのだが。

梶(寺尾)の男気なのかな。

あと、登場する奥さん連中がやたら”べっぴんさん”ばっかりってゆーのもどうかしら?
まぁ、映画的な見せ方でございます。

ラスト、護送される車の中から、外にいる青年の叫び(声は聞こえない)
口の動きで 「生きてください」 と分るところ、涙がでました。

 「あなたには守るべき人がいますか?」
 「自分は何のために生きているのか?」

日本映画も捨てたもんじゃないです。
最近になって、日本映画もいいなぁ~って思うようになりました。



半落ち [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 半落ち

    Excerpt: 2004 日本 邦画 ドラマ 法廷ドラマ 作品のイメージ:感動、泣ける、切ない、ためになる 出演:寺尾聰、柴田恭兵、吉岡秀隆、鶴田真由 始まって20分くらいの時点から涙が止まら.. Weblog: あず沙の映画レビュー・ノート racked: 2009-06-11 11:23