みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『不能犯』('18初鑑賞11・劇場)

<<   作成日時 : 2018/02/07 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0



☆☆☆−− (10段階評価で 6)
2月2日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン7にて 12:40の回を鑑賞。


見どころ:
『戦慄怪奇ファイル』シリーズなどの白石晃士が監督を務め、グランドジャンプ連載のコミックを映画化したサスペンス。
何度も変死事件現場で目撃されながらも、誰もその犯行を立証できない主人公が暗躍する姿を活写する。

『ツナグ』などの松坂桃李がダークヒーローに挑戦。
人の心をいともたやすくコントロールできる謎の男の、善悪を超越した振る舞いに翻弄(ほんろう)される。

あらすじ:
大都会を舞台に立て続けに変死事件が起こり、その現場には決まっていつも黒のスーツを着た男の姿があった。

その男は宇相吹正(松坂桃李)で、“電話ボックスの男”とSNSで話題になっており、とある電話ボックスに殺人の依頼を貼るだけで必ず遂行されるとささやかれていた。
実際に標的は100パーセントの確率で、事故や自殺や病気によって命を落としており……。

(シネマトゥデイ)






『笑ゥせぇるすまん』みたいな内容ですねぇ。

コミックが原作のようで、各エピソードがものすごく浅い。 
そんな簡単に殺意を覚えてもらっては世の中生きて行かれへんで。ほんまに。


宇相吹: 松坂桃李のキャラはなかなか強烈なので、これからも活かしてほしいと思う。
マインドコントロールする場面の映像が、もうちょっとセンスあればなー。

同じような映像なので面白みがなさすぎる。


あと、富貴晴美さん(『西郷どん』『関ケ原』)担当の音楽ですが、コーラスを使って盛り上げるのは良いが、あまりにも仰々しい。
音楽だけが浮いているように感じる。 これは、映像面がそれほど魅力がないのも影響していると思う。


作品としては決して嫌いなタイプのものではないので、続編が出来れば観に行くと思う。






(C) 宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2018年2月1日
上映時間:1時間46分
製作:関西テレビ放送 / 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ / エイベックス・ピクチャーズ / BigFace / 集英社 / ポニーキャニオン / ファインエンターテイメント
制作プロダクション:ファインエンターテイメント
配給:ショウゲート
カラー/ビスタ

スタッフ
原作: 宮月新
原作・画: 神崎裕也
監督・脚本: 白石晃士
脚本: 山岡潤平
主題歌: GLIM SPANKY
製作: 岡田美穂 / 村田義邦 / 勝股英夫 / 水野英明 / 木下暢起 / 三宅容介 / 森川真行
エグゼクティブプロデューサー: 吉條英希
企画・プロデュース: 中畠義之 / 森川真行
プロデューサー: 大畑利久 / 石塚清和
共同プロデューサー: 宮城希 / 清家優輝
ラインプロデューサー: 小泉朋
撮影: 高木風太
照明: 豊見山明長
録音: 石貝洋
美術: 中川理仁
装飾: 藤田徹
VFXスーパーバイザー: 鹿角剛
スタイリスト: 中井綾子
スタイリスト(沢尻エリカ担当): 長瀬哲朗
ヘアメイク: 村井アケミ
編集: 和田剛
スクリプター: 阿保知香子
助監督: 吉村達夫
制作担当: 鍋島章浩

キャスト
宇相吹: 松坂桃李
多田友子: 沢尻エリカ
百々瀬麻雄: 新田真剣佑
川端タケル: 間宮祥太朗
赤井芳樹: テット・ワダ
若松亮平: 菅谷哲也
前川夏海: 岡崎紗絵
木村優: 真野恵里菜
羽根田健: 忍成修吾
木島功: 水上剣星
羽根田桃香: 水上京香
櫻井俊雄: 今野浩喜
西冴子: 堀田茜
夢原理沙: 芦名星
夜目美冬: 矢田亜希子
河津村宏: 安田顕
鳥森広志: 小林稔侍




よろしければ、クリックお願い致します♪





不能犯【期間限定無料】 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
集英社
2018-01-26
宮月新

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 不能犯【期間限定無料】 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
劇場鑑賞「不能犯」
「不能犯」を鑑賞してきました同名の人気コミックスを松坂桃李と沢尻エリカの主演で実写映画化したサスペンス・スリラー。常識では実現不可能な方法で殺人を実行するため決して犯行... ...続きを見る
日々“是”精進!
2018/02/05 13:14
不能犯
同名の人気コミックスを松坂桃李と沢尻エリカの主演で実写映画化したサスペンス・スリラー。常識では実現不可能な方法で殺人を実行するため決して犯行が立証されることのない男“不能犯”と、彼を追う女性刑事のスリリングな攻防の行方を描く。共演は新田真剣佑、間宮祥太朗。監督は「シロメ」「貞子vs伽椰子」の白石晃士。あらすじ:とある電話ボックスに、殺してほしい理由と連絡先を書いた紙を貼ると、その願いが叶うという都市伝説がSNSで広まっていた。その願いは黒スーツの男“宇相吹正”によって本当に実現されていた。しかも... ...続きを見る
映画に夢中
2018/02/05 22:15
不能犯
独特の催眠術みたいなやつで人を死に追いやる不能犯が、女性刑事と対決する。本当に死んでしまうかもしれない恐怖感を感じることができる。 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2018/02/07 22:37
不能犯
都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。 現場では、必ず黒スーツの男が目撃されていた。 男の名は宇相吹正。 ある電話ボックスに殺してほしい理由と連絡先を残すと、“願い”を叶えてくれるのだ。 彼は<見つめるだけで相手を死に追いやる>ため、罪に問われない<不能犯>。 果たして、その手口とは…。 サスペンス。 ≪愚かだね、人間は―≫ ...続きを見る
象のロケット
2018/02/11 11:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『不能犯』('18初鑑賞11・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる