みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS おんな城主 直虎 第40回「天正の草履番」

<<   作成日時 : 2017/10/08 21:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0




大河ドラマ『おんな城主直虎』のお時間です。
BSにて鑑賞。 第四十回「天正の草履番」 あらすじ・・・・・・・


虎松(菅田将暉)は家康(阿部サダヲ)から「万千代」という名を与えられるが、井伊の家名を再び立てる代わりに草履番の役目を申し付けられる。

万千代が松下の名を捨てたことに驚いたしの(貫地谷しほり)は、裏で根回しをした南渓(小林薫)のもとを訪れ、怒りをぶつける。

万千代が井伊を名乗ることを納得できない常慶(和田正人)は浜松城を訪れ、松下でつとめるよう命じてほしいと酒井(みのすけ)を通じて家康に頼む。一方、直虎(柴咲コウ)は近藤(橋本じゅん)から「所領の安堵を願うつもりでは?」と詰め寄られる。

井伊家の再興を望まない直虎は、万千代を説得するため浜松へ向かう。
万千代は、万福(井之脇海)とともに慣れない草履番の仕事に悪戦苦闘していた。

そんななか、直虎は浜松城で万千代と対峙。それを見た家康は直虎を呼び、本心を明かす。
その後、直虎は万福から井伊家再興にかける万千代の思いを聞く。

(オフィシャルサイトより)



虎松(直政)編が始まってから、前よりも面白くなったと思います。

お話のスピードはちょっとゆっくりですね。

今回は、松下源太郎さん(古舘ェ治)の人間的器の大きさに感銘。
実際史実でも、後に直政に着いて行動を共にしていたそうで、良い感じの人物です。


今川氏真さんは、織田信長と会見。その時に、蹴鞠を披露。
おなじころ、武田勝頼が、着々と戦の準備。


さて、直虎さんは、虎松を説得するため浜松城へ。
そこで家康と再会。 考え方が似ているということで、意気投合。


器の大きい 「父」松下源太郎さんの許しをへて、井伊と名乗ることに。

・・・・今回も面白く鑑賞。

次回は大河ドラマらしい、場面がみれそうです。 「長篠の戦」ですよね。




よろしければ、クリックお願い致します♪





天皇の料理番 [Blu-ray]
アミューズ
2015-11-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 天皇の料理番 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第40回「天正の草履番」
今週のタイトルは・・・後々、星三つです!で一世を風靡した巨匠がお料理と縁を結んだ人気ドラマをフィーチャーですか〜。あれ確かさんま師匠も出演されてましたっけねええ〜〜。カツレツに始まりカツレツに終わる日本洋食黎明期も垣間見えた良作・・・はっ!ちょっとお待ちを!こっこここ、このタイトルでは、一生涯草履番を全うするのですか万千代様!ままま、まさかああああっ! ...続きを見る
真田のよもやま話
2017/10/08 21:18
おんな城主直虎 第40回 天正の草履番
第39回「虎松の野望」はこちら。 うわあ。今回のタイトルは『あれ』からいただいたんですよね。いいのかなあ、大河ドラマ(このときは「獅子の時代」〜「おんな太閤記」)の真裏の番組だったのに。 あ、そうか。リメイクもあってそちらは森下佳子さんが脚本だったんだ。セルフパロディはまことにけっこうだと思います。そのうちに一文字で「陣」とかいう回もあるかも。カズオ・イシグロがノーベル賞を受賞したいきおいで、最終回のタイトルが急遽「おとわを離さないで」になるのもありかと。 前回の視聴率は11.7%と久... ...続きを見る
事務職員へのこの1冊
2017/10/08 21:22
おんな城主直虎 第40回「天正の草履番」
草履番の仕事を徐々に極めていく万千代と万福のもとにやって来たのは直虎と松下常慶の2人でした。松下としては井伊の再興を願って出て行ってしまった万千代のことを許さないと初めはいっていましたが、松下源太郎の大人な対応によって丸く収まります。源太郎の言動は本当に見るものに癒やしと勇気を与えるなと感じました。 井伊家を再興することによって、先祖代々の人々周辺にとっては喜ばしいことなによりだったのですが、一方で松下や近藤といった利害関係のある所から見ると必ずしもメリットとは呼べませんでした。それでも、家康の... ...続きを見る
あしたまにあーな
2017/10/08 23:08
【おんな城主 直虎】第40回「天正の草履番」 感想
井伊直虎(いい なおとら)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての遠江井伊谷(現・静岡県浜松市北区辺)の領主であり女地頭であ…直虎】第40回「天正の… ...続きを見る
ドラマ@見とり八段
2017/10/09 00:53
おんな城主 直虎「天正の草履番」
かぎりなく、虎松(菅田将暉)サクセス・ストーリーにシフトした感虎松が、家康(阿部サダヲ)から万千代という名を与えられるが、井伊の家名を再び立てる代わりに草履番の役目を申し付けられ、苦慮しつつも、創意工夫して、いろいろ試してみます。まず、名札作戦は、混乱の連続で、失敗、虎松が松下の名を捨てたことに驚いたしの(貫地谷しほり)は、裏で根回しをした南渓(小林薫)のもとを訪れ怒りをぶつけ、直虎(柴咲コウ)も井伊家の再興は望んでおらず、虎松を説得するため浜松へ向かいます。直虎、脇に回って、むしろ美しさが引き... ...続きを見る
のほほん便り
2017/10/09 05:28
大河ドラマ「おんな城主直虎」 #40 天正の草履番
歯が痛くてリアルタイムに見られなかったので、簡単レビューで。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2017/10/09 12:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
おんな城主 直虎 第40回「天正の草履番」 みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる