みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ラビング 愛という名前のふたり』('17初鑑賞84・劇場)

<<   作成日時 : 2017/07/31 10:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0




☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
7月26日(水) パルシネマしんこうえん にて 12:50の回を鑑賞。


見どころ:
異人種間における結婚を禁止した法律が変わるきっかけとなった夫妻の実話を基にした純愛ストーリー。
アメリカで当時違法の州もあった異人種間結婚によって逮捕された二人が、故郷で家族と暮らすため理不尽な法律に立ち向かう。

夫妻に、『ブラック・スキャンダル』などのジョエル・エドガートンと『プルートで朝食を』などのルース・ネッガがふんする。
二人の実話に心を打たれたというオスカー俳優コリン・ファースが製作に参加し、『MUD マッド』などのジェフ・ニコルズがメガホンを取る。

あらすじ:
1958年、大工のリチャード・ラビング(ジョエル・エドガートン)は、恋人の黒人女性ミルドレッド(ルース・ネッガ)の妊娠をきっかけに結婚を申し込むが、当時バージニア州では異人種間の結婚は違法とされていた。

二人は法律で許されるワシントンD.C.で結婚し、地元で新婚生活をスタートさせるが、突然夜中に保安官が現れ逮捕されてしまう。
彼らは離婚するか生まれ故郷を捨てるかという耐え難い選択を迫られ……。

(シネマトゥデイ)






1958年アメリカ・バージニア州。白人と黒人、異人種間の結婚は禁じられていた。
実話を元に映画化。日本で言えば昭和30年代。
こんなバカバカしい法律が自分が生まれる10年ほど前まであったとは。


このあたりで、ワシントンDC.で、20万人のパレードがあり、マーティン・ルーサ・キング牧師の有名な「私には夢がある・・・」って演説があったんですね。


そして国の最高裁での裁判に勝利したのが、1967年。 自分が生まれる2年前。



公民権運動が真っ盛りな時代。
ラビング夫妻は声高に叫ぶのではなく、あくまでも、ごくごく普通の生活、故郷での普通の生活を望む。


映画としてはすごく地味な作品ですが、その地味な行動の積み重ねで、最後に勝利。
夫婦は最高裁裁判には出席せず、弁護士からの電話で勝訴を知る。


静かに戦い続ける夫婦の絆。
夫を演じるジョエル・エドガートン。その仏頂面で、なに考えてるのかわからず、終始無口。
でも妻のことを心の底から愛している。


酒場で黒人の友人から、「お前にはまだ逃げ道がある、離婚すりゃいいんだよ!」と言われ
ほんの一瞬でも離婚を考えたことを悔い、妻に泣きながら 「俺はおまえを絶対守る!!」と
叫ぶところが印象に残った。

人は弱い。けど強くなれますよね。



裁判の7年後に夫は飲酒運転の車にはねられて亡くなることが、ラストに語られた。
2008年に亡くなった奥さんが、生前の言葉で亡き夫のことを語る言葉で涙。


しっかり観ておく作品だと思います。






(C) 2016 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.
英題:LOVING
製作年:2016年
製作国:アメリカ
日本公開:2017年3月3日(TOHOシネマズ シャンテほか)
上映時間:1時間42分
配給:ギャガ
製作会社:レインドッグフィルム / ビッグビーチプロダクション
カラー/シネスコ

スタッフ
監督・脚本: ジェフ・ニコルズ
プロデューサー: ゲド・ドハティ / コリン・ファース / サラ・グリーン / ナンシー・バースキー / マーク・タートルトーブ / ピーター・サラフ
撮影: アダム・ストーン
美術: チャド・キース
編集: ジュリー・モンロー
衣装: エリン・ベナッチ
音楽: デヴィッド・ウィンゴ

キャスト
リチャード: ジョエル・エドガートン
ミルドレッド: ルース・ネッガ
ブルックス保安官: マートン・ソーカス
バーナード・コーエン: ニック・クロール
ガーネット: テリー・アブニー
レイモンド: アラーノ・ミラー
フィリップ・ハーシュコプ: ジョン・ベース
グレイ・ビレット: マイケル・シャノン





よろしければ、クリックお願い致します♪




ラビング 愛という名前のふたり [DVD]
ギャガ
2017-09-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラビング 愛という名前のふたり [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ラビング 愛という名前のふたり』 白人と黒人との距離
 『テイク・シェルター』『MUD‐マッド‐』のジェフ・ニコルズの最新作。  主演女優のルース・ネッガはアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。  「ラヴィング対ヴァージニア州裁判」として知られる出来事を題材にした作品。 ...続きを見る
映画批評的妄想覚え書き/日々是口実
2017/07/31 10:51
ラビング 愛という名前のふたり
ラビング 愛という名前のふたり@一ツ橋ホール ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2017/07/31 17:35
ラビング
 『ラビング 愛という名前のふたり』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2017/07/31 20:59
映画:ラビング 愛という名前のふたり Loving 人種の多様性を基本としてきたアメリカの揺らぎがあ...
ド派手な「ラ・ラ・ランド」とは対極。 だが両方とも主演女優がアカデミー賞候補で、結果はデカ目のストーンがオスカーを獲得(笑) ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2017/08/01 00:03
ラビング 愛という名前のふたり
1958年、アメリカ。 レンガ職人の白人青年リチャード・ラビングは、黒人の恋人ミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。 しかし、彼らが生まれ育ったバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。 二人はワシントンDCで結婚するが、夜中に突然現れた保安官に逮捕されてしまう…。 実話から生まれたラブ・ストーリー。 ≪ただ、一緒にいたかった― その切なる願いが、世界を変えた。≫ ...続きを見る
象のロケット
2017/08/02 20:40
ラビング 愛という名前のふたり
1958年、アメリカ。 レンガ職人の白人青年リチャード・ラビングは、黒人の恋人ミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。 しかし、彼らが生まれ育ったバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。 二人はワシントンDCで結婚するが、夜中に突然現れた保安官に逮捕されてしまう…。 実話から生まれたラブ・ストーリー。 ≪ただ、一緒にいたかった― その切なる願いが、世界を変えた。≫ ...続きを見る
象のロケット
2017/08/02 20:41
「ラビング 愛という名前のふたり」☆これぞ男
その名の通り、ラビングさんの実話の愛のお話☆ ラビング氏は知恵は無いけど男気のある、まさに彼こそが愛する人をひたすら守り抜いた男の中の男。 彼の男泣きに思わず目が潤んで胸が熱くなる・・・・・・ ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2017/08/03 23:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ラビング 愛という名前のふたり』('17初鑑賞84・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる