みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ウォー・マシーン 戦争は話術だ!』('17初鑑賞83・NETFLIX)

<<   作成日時 : 2017/07/27 11:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




☆☆★−− (10段階評価で 5)
7月25日(火) NETFLIXの配信にて鑑賞。 字幕。


解説:
ブラッド・ピットの映画製作会社プランBとNetflixの共同製作映画で、ピット自ら製作・主演を務めた戦争ドラマ。
「アニマル・キングダム」のデビッド・ミショッドが監督・脚本を担当し、実在の将軍スタンリー・マクリスタルを取材したマイケル・ヘイスティングスのノンフィクションを原作に、風刺やブラックユーモアを散りばめながら大胆に脚色。

ひとりの将軍の栄光と衰退を通し、軍事力だけでは解決できない現代の戦争の裏側を描き出す。


あらすじ:
アフガニスタンの駐留米軍司令官に任命された生粋の軍人グレン・マクマホン陸軍大将は、泥沼化する戦争に終止符を打つべく意気揚々と戦地に乗り込む。
しかし、ジャーナリストや政治家たちの様々な思惑に振り回されるうちに、事態は混迷を極めていく。


揚げ足ばかりとろうとするドイツ人ジャーナリスト役をティルダ・スウィントン、食わせ物のアフガニスタン大統領役をベン・キングズレーがそれぞれ演じる。

(映画.COM)








NETFLIXのオリジナル作品。

戦争は話術だ!・・・・っていう、サブタイトルは要らないと思います。
ブラピが口八丁で危機を乗り越える訳ではありませんので。 それにそういう場面は無いです。


ノン・フィクションを元にしたフィクションですね。


ブラピの歩き方や走り方が妙に特徴的なんですが、実在の方の真似でしょうか。


アフガニスタン大統領がジム・キャリーの映画を観て爆笑してる場面があります。(^^;


一応、コメディ・・・ってことですが、特に笑えるものでもなく、アフガニスタンでの駐留米軍の実態を面白おかしく描いたようで、傲慢なアメリカ人を皮肉った作品。


最後の最後で、意外な大物俳優が登場。 あれ、ラッセル・クロウですかね?


特に印象に残る作品でもなく・・・・

こんなだったら、別に映画館で観なくても自宅で充分ですねー。(^^;;







作品データ
原題:War Machine
製作年:2017年
製作国:アメリカ
上映時間:122分
カラー/シネスコ

スタッフ
監督:デビッド・ミショッド
製作:ブラッド・ピット、デデ・ガードナー、ジェレミー・クライナー、テッド・サランドス
原作:マイケル・ヘイスティングス
脚本:デビッド・ミショッド
撮影:ダリウス・ウォルスキー
美術:ジョー・フォード
衣装:ジェーン・ペトリ
編集:ピーター・シベラス
音楽:ニック・ケイブ、ウォーレン・エリス

キャスト
ブラッド・ピット
エモリー・コーエン
RJ・サイラー
トファー・グレイス
アンソニー・マイケル・ホール
アンソニー・ヘイズ
ジョン・マガロ




よろしければ、クリックお願い致します♪





マリアンヌ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
パラマウント
2017-06-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マリアンヌ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ウォー・マシーン 戦争は話術だ!』('17初鑑賞83・NETFLIX) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる