みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ヒトラーの忘れもの』('17初鑑賞56・劇場)

<<   作成日時 : 2017/06/02 12:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0




☆☆☆☆− (10段階評価で 8)
5月31日(水) パルシネマしんこうえん(名画座)にて鑑賞。


見どころ:
第2次世界大戦終了後、ドイツ兵捕虜がデンマークで地雷処理に動員されたという史実を基に描くドラマ。
恐ろしい体験を共有するうちに、戦時中は敵同士だったドイツ兵捕虜とデンマーク人軍曹が次第に人間として距離を縮めていく過程を丁寧に描写する。

デンマークのマルティン・サンフィリートが監督と脚本を担当。
人間の善と悪の二面性を浮き彫りにする物語に引き込まれる。

あらすじ:
ナチスドイツが降伏した後の1945年5月、デンマークの海岸にドイツ軍が埋めた地雷を撤去するため、ドイツ兵の捕虜が投入される。

まだ幼さの残る10代の少年兵たちを監督するデンマーク軍軍曹ラスムスン(ローランド・ムーラー)は、徹底して彼らをこき使おうとする。
だが、少年兵たちは誤爆や撤去作業の失敗で次々と命を落とし……。

(シネマトゥデイ)






実話ベースの作品。

冒頭、ドイツの敗残兵にナチス・ドイツに対する憎しみをぶちまけるカール軍曹。
彼の家族もおそらくナチスに殺されたんだと思わせる描写。


デンマークの海岸に埋められた何百万個もの地雷。
それらを撤去させられるのが、ドイツの少年兵たち。


地雷の撤去作業はまさしく命がけ。
地雷をこじ開け、信管を取り出す。 その時少しでもぶれることがあれば爆発。


こういう事実のことを、まったく知らずに生きてきました。


しかも、その尻ぬぐいをドイツの少年兵にやらせる。
戦争をおっぱじめたのは、バカな大人たちなのに。


ドイツとデンマーク、立場が変わっても、人というのはこうも残酷になれる。



地雷解体の場面は、本当に心臓に悪い。 でも観ていくうちに、観ているコチラも慣れていく。
慣れたころに、爆発。 観ててビクッとなりました。


カール軍曹も最初はナチに対する憎しみから、少年兵達にも辛くあたるが、徐々に打ち解けて
少年らに笑顔を見せるようになります。 でも・・・・



救いようのない展開、ラストは映画ならではの創作かもしれませんが
生き残った4人の少年兵が無事、ドイツに戻れたと信じて、4人の走る後ろ姿をみるカール軍曹の
表情にかすかな希望を感じました。


この作品は、観ておくべき作品です。




蛇足。
この邦題は、センスない。(−−;





(C) 2015 NORDISK FILM PRODUCTION A / S & AMUSEMENT PARK FILM GMBH & ZDF
英題:LAND OF MINE
製作年:2015年
製作国:デンマーク/ドイツ
日本公開:2016年12月17日
上映時間:1時間41分
配給:キノフィルムズ
カラー/シネマスコープ/5.1ch

スタッフ
監督・脚本: マルティン・サンフィリート
プロデューサー: ミケール・クレスチャン・リークス / マルテ・グルナート
撮影: カミラ・イェルム・クヌスン
編集: モリー・マリーネ・スティーンスゴー / ペール・サンドホルト
音楽: スーネ・マーチン
美術: ギテ・マリング
衣装デザイン: シュテファニー・ビーカー
キャスティング担当(ドイツ): ジモーネ・ベアー

キャスト
カール・レオポルド・ラスムスン: ローランド・ムーラー
エベ大尉: ミケル・ボー・フォルスゴー
セバスチャン・シューマン: ルイス・ホフマン
ヘルムート・モアバッハ: ジョエル・バズマン
エルンスト・レスナー: エーミール・ベルトン
ヴェルナー・レスナー: オスカー・ベルトン





よろしければ、クリックお願い致します♪



ヒトラーの忘れもの [Blu-ray]
Happinet
2017-07-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヒトラーの忘れもの [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ヒトラーの忘れもの」
「Under sandet」…aka「Land of Mine」2015 デンマーク/ドイツ1945年5月、ナチス・ドイツによる5年間の占領から解放されたデンマークの美しい浜辺。ある日、ドイツ軍が海岸線に埋めた無数の地雷を除去するため、ドイツ兵捕虜の11名が集められる。そして彼らには地雷を扱った経験がほとんどなかった。作業を監督するデンマーク軍のラスムスン軍曹は集められたのがあどけない少年であることに驚くが、ナチス・ドイツへの憎悪をむき出しに暴言と暴力を繰り返すのだった...ラスムスン軍曹に「真... ...続きを見る
ヨーロッパ映画を観よう!
2017/06/02 18:54
ヒトラーの忘れもの / Under sandet
史実に基づく作品。 ...続きを見る
勝手に映画評
2017/06/02 19:51
「地雷と少年兵」第28回東京国際映画祭 (日本公開タイトル「ヒトラーの忘れもの」)
コンペティション作品。軍曹役のローラン・モラーと少年兵役ルイス・ホフマンとが最優秀主演男優賞を受賞。最優秀主演男優賞…。そうきたか!という感じだ。私はこの作品はグランプリでいいと思っている。と、なんか急に偉そうだけれど、偉そうな意図は全くなくて…何故この作品がグランプリに相応しいと思ったかというと、内容の衝撃度や展開のドラマ性ももちろんなのだが、マーチン・ピータ・サンフリト監督自らがQ&Aで語っていた、「デンマークにも暗黒の部分がある。それを描きたかった。」という気持ちに大変感銘を受けたからだ。... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2017/06/02 19:53
ヒトラーの忘れもの
1945年、ナチス・ドイツによる5年間の占領から解放されたデンマーク。 ドイツ軍が海岸線に埋めた無数の地雷を除去するため、捕虜となったドイツ兵が駆り出された。 彼らの監督をすることになったデンマーク軍の軍曹カール・ラスムスンは、全員があどけない少年ばかりであることに驚く。 危険な作業に従事するドイツ兵たちは、空腹と体調不良に苦しみながらも、祖国へ帰る日を夢見ていた…。 戦争ヒューマンドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2017/06/03 22:07
ヒトラーの忘れもの ★★★★
第2次世界大戦終了後、ドイツ兵捕虜がデンマークで地雷処理に動員されたという史実を基に描くドラマ。恐ろしい体験を共有するうちに、戦時中は敵同士だったドイツ兵捕虜とデンマーク人軍曹が次第に人間として距離を縮めていく過程を丁寧に描写する。デンマークのマルティ... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/07/18 18:21
映画評「ヒトラーの忘れもの」
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2015年デンマーク=ドイツ合作映画 監督マーチン・サントフリート ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2018/01/25 09:11
『アウトサイダー(異邦人)』('18初鑑賞30・NETFLIX)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 3月31日(土) NETFLIXの配信を鑑賞。 字幕。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2018/04/02 14:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ヒトラーの忘れもの』('17初鑑賞56・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる