みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『午後8時の訪問者』('17初鑑賞38・劇場)

<<   作成日時 : 2017/04/23 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0




☆☆☆−− (10段階評価で 6)
4月19日(水) シネ・リーブル神戸 スクリーン2にて 14:15の回を鑑賞。


見どころ:
パルムドールの常連ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ兄弟が手掛けた社会派ドラマ。
時間外の応対を拒んだ少女が亡くなったことをきっかけに、正義や良心について葛藤する若き女性医師の姿を描く。

自責の念に駆られ少女の身元を調べ始めるヒロインには、『水の中のつぼみ』などのアデル・エネル。
共演にはジェレミー・レニエ、オリヴィエ・グルメ、ファブリツィオ・ロンジョーネらがそろう。

あらすじ:
若い医師ジェニー(アデル・エネル)が診療時間を大幅に過ぎてから鳴らされたドアベルに応対しなかった翌日、近所で身元不明の少女の遺体が発見される。
診療所の監視カメラにはその少女が助けを求める姿が映し出されていた。

自分が診療しなかったせいで少女が死んだのではないかという思いにさいなまれるジェニーは、少女の生前の足取りを調べ始める。

(シネマトゥデイ)






予告編を観た時からなんとなく感じてたんですが、やはり、環境音以外の音が一切かからない。
なので、人によっては退屈で眠ってしまうかも。


ほんとにドキュメンタリー・タッチの作品で、セリフのやりとりのみ。 (一か所だけ歌を歌う場面がある)


フランス?ベルギー? の移民に対する差別が根底に流れているのだなと感じました。
日本では少々解りにくいテーマなのかもしれません。(在日とかの問題があるけども)


予告編で監督さんたちが「サスペンス映画です」と言っているのがまずかった。
これ、人間ドラマとして宣伝したほうが、もっと印象も変わると思う。


集中力が鍛えられる作品でした。(^^;





(C) LES FILMS DU FLEUVE - ARCHIPEL 35 - SAVAGE FILM - FRANCE 2 CINEMA - VOO et Be tv - RTBF (Television belge)
英題:THE UNKNOWN GIRL
製作年:2016年
製作国:ベルギー/フランス
日本公開:2017年4月8日
上映時間:1時間46分
配給:ビターズ・エンド
製作会社:Les Films du Fleuve / Archipel 35 / Savage Film / France 2 Cinema / VOO / BE TV / Radio Television Belge Francophone
カラー/ビスタ

スタッフ
監督・脚本・製作: ジャン=ピエール・ダルデンヌ / リュック・ダルデンヌ
第一助監督: カロリーヌ・タンブール
撮影監督: アラン・マルコァン
カメラマン: ブノワ・デルフォー
第一カメラ助手: アモリ・デュケンヌ
編集: マリー=エレーヌ・ドゾ
音響技師: ジャン=ピエール・デュレ
音響編集: ブノワ・ド・クレイク
音響ミキサー: トマ・ゴデ
美術: イゴール・ガブリエル
衣装: マイラ・ラムダン=レヴィ
メーキャップ: ナタリ・タバロー=ヴュイユ
ロケーションマネージャー: ギヨーム・フェルナンデス
プロダクションマネージャー: オリヴィエ・アブラサール
スチール: クリスティーヌ・プレニュス
製作: ドニ・フロイド
製作総指揮: デルフィーヌ・トムソン
共同製作: ピーター・ブッケルト / バート・ヴァン・ランゲンドンク
製作補: フィリップ・ロジー / アルレッテ・ジルベルベルグ

キャスト
ジェニー・ダヴァン: アデル・エネル
ジュリアン: オリヴィエ・ボノー
ブライアンの父: ジェレミー・レニエ
ブライアン: オリヴィエ・グルメ
ブライアンの母: クリゼット・コルニル
ネットカフェの受付: ナデージェ・エドラオゴ
ランベール息子: オリヴィエ・グルメ
ランベール父: ピエール・シュムケ
アブラン医師: イヴ・ラレク
ベン・マムード刑事: ベン・アミドゥ
ベルカノ刑事: ローラン・カロン
リガ医師: ファブリツィオ・ロンジォーネ
糖尿病患者: ジャン=ミシェル・バルタザール
リュカ: トマ・ドレ
ヒモ男: マルク・ズィンガ




よろしければ、クリックお願い致します♪



サンドラの週末 [DVD]
KADOKAWA / 角川書店
2015-11-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サンドラの週末 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『午後8時の訪問者』 何がジェニーに起ったか?
 『ロゼッタ』『サンドラの週末』などのジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督の最新作。  原題は「La fille inconnue」。「見知らぬ女の子」といった意味らしい。  この作品でもダルデンヌ兄弟作品の常連役者があちこちに顔を出している。 ...続きを見る
映画批評的妄想覚え書き/日々是口実
2017/04/22 20:22
午後8時の訪問者
 ベルギー&フランス  サスペンス&ミステリー&ドラマ  監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ  出演:アデル・エネル      オリヴィエ・ボノー      ジェレミー・レ ... ...続きを見る
風情&#9773;の不安多事な冒険 Pa...
2017/04/22 21:24
午後8時の訪問者
もうすぐ大病院へ移ることが決まっている若き女医ジェニー。 入院中の老医師の代理で小さな診療所を診ていた彼女は、午後8時過ぎのドアベルに答えようとした研修医ジュリアンを制止する。 もうとっくに診療時間は過ぎていたのだ。 ところが翌日、近くで身元不明の少女の遺体が発見される。 午後8時に診療所のドアホンを押す彼女の姿が、監視カメラに写っていたという。 ショックを受けたジェニーは、少女の身元を調べることに…。 ミステリー。 ≪あの時、ドアを開けていれば―。≫ ...続きを見る
象のロケット
2017/04/24 06:38
『午後8時の訪問者』 ミニマルな映画
The Unknown Girl(viewing film) ジャン=ピエール& ...続きを見る
Days of Books, Films...
2017/04/24 12:42
午後8時の訪問者
 『午後8時の訪問者』を新宿武蔵野館で見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2017/04/28 06:12
「午後8時の訪問者」
人が、人として高潔である、自身の人生と他人の人生に対して等しく誠実である、それは一体どういうことなのか?ということが真っ直ぐに心に届く作品。ダルデンヌ兄弟の監督作品である。いつも心に抜き難い棘を刺す作品を送り出す。ただ、その棘は近年柔らかい素材でできたものになっているような気がしている。救いの光が一筋差してくる、というか。もちろん、厳しい中にも優しい感触があるのは昔からなのであるが、それ以上に昨今では、登場人物と観客に救いの手を差し伸べてくれている。ジェニー(アデル・エネル)は町の診療所に勤める... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2017/05/05 13:19
午後8時の訪問者 ★★★
「息子のまなざし」「サンドラの週末」のジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督が、一人の身元不明少女の死の真相を探る若い女医を主人公に描くヒューマン・サスペンス。少女の死に責任を感じ、その足取りを辿る中で自らも思いも寄らぬ危険に巻き込まれていくヒロイ... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/05/10 21:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『午後8時の訪問者』('17初鑑賞38・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる