みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『怒り』('16初鑑賞88・劇場)

<<   作成日時 : 2016/09/23 16:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 17 / コメント 0




☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
9月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 15:35の回を鑑賞。


チェック:
『横道世之介』『さよなら渓谷』などの原作者・吉田修一のミステリー小説を、『悪人』でタッグを組んだ李相日監督が映画化。
現場に「怒」という血文字が残った未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄を舞台に三つのストーリーが紡がれる群像劇で、前歴不詳の3人の男と出会った人々がその正体をめぐり、疑念と信頼のはざまで揺れる様子を描く。

出演には渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡など日本映画界を代表する豪華キャストが集結。

ストーリー:
八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。

洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)が暮らす千葉の漁港で田代(松山ケンイチ)と名乗る青年が働き始め、やがて彼は愛子と恋仲になる。
洋平は娘の幸せを願うも前歴不詳の田代の素性に不安を抱いていた折り、ニュースで報じられる八王子の殺人事件の続報に目が留まり……。

(シネマトゥデイ)









李相日監督の最高傑作だと思う。

『フラガール』以降、『悪人』『許されざる者(日本版)』と個人的には微妙な作品が続きましたが、今作の衝撃度はものすごい。


観終わったあと、とにかく疲れます。



犯人が誰か?というミステリー要素よりも、自分の傍にいる人物が殺人犯ではないか・・・といった不信。
愛しているはずなのに、その人を信じ切ることが出来なかった後悔。


各俳優たちの演技に引き込ます。

宮崎あおいちゃん、体重を7kg増やして、若干「幼い」演技。
松山ケンイチの素性が解らない不気味さ。
妻夫木と綾野剛のゲイのカップル。
沖縄の広瀬すずの・・・観るはかなりつらい場面があります・・・演技。
森山未來の徐々 に本性を現すサイコパスな演技。
渡辺謙さん、上手いと思うけど、最近どの作品観ても、同じような表情なのが気になる。


脇役にも有名どころが登場。
音楽は坂本龍一。


東京・千葉・沖縄  3つばらばらな地域でそれぞれのドラマが展開する群像劇です。


八王子の夫婦殺人事件の犯人の写真が、3人の俳優の顔をブレンドしたような顔で、3人のうちだれにでも見えるといったところが上手いなと思いました。


妻夫木&綾野パートでの『ブロークバック・マウンテン』な場面は、意外ときれいに撮ってるな。
見せ方のセンスが良いんでしょうね。(BL好きな女子にはたまらんでしょうね。(^^;;)

綾野剛が一番切なく感じた。




広瀬すず&森山未來パートは、おそらく一番観てて辛い場面ですが、すずちゃんの女優としての成長が感じられます。相当なスパルタ演出だったそうですね〜。


沖縄の闇の部分が炙り出されてて、現在進行形の深刻な問題ですよね。



宮崎あおい&松山ケンイチ パート。
ハッピーエンドで良かった。 ちょっと太目なあおいちゃん好みです。(^^)


重厚な作品で、本当に映画らしい映画を観た充実感を味わえます。
しばらく座席から立ち上がることが出来ないくらい衝撃度ですが、観ておくべき作品です。






(C) 2016映画「怒り」製作委員会
製作年:2016年
製作国:日本
日本公開:2016年9月17日(全国東宝系)
上映時間:2時間21分
製作:映画「怒り」製作委員会
製作プロダクション:東宝映画
配給:東宝
カラー/シネスコ

スタッフ
監督・脚本: 李相日
原作: 吉田修一
音楽: 坂本龍一
主題曲: 坂本龍一 feat. 2CELLOS
製作: 市川南
共同製作: 中村理一郎 / 弓矢政法 / 川村龍夫 / 高橋誠 / 松田陽三 / 吉村治 / 吉川英作 / 水野道訓 / 荒波修 / 井戸義郎
エグゼクティブプロデューサー: 山内章弘
企画・プロデュース: 川村元気
プロデューサー: 臼井真之介
ラインプロデューサー: 鈴木嘉弘
プロダクション統括: 佐藤毅
撮影: 笠松則通
照明: 中村裕樹
録音: 白取貢
美術: 都築雄二 / 坂原文子
編集: 今井剛
衣装デザイン: 小川久美子
ヘアメイク: 豊川京子
サウンドエフェクト: 北田雅也
スクリプター: 杉本友美
キャスティング: 田端利江
助監督: 竹田正明
音楽プロデューサー: 杉田寿宏

キャスト
槙洋平: 渡辺謙
田中信吾: 森山未來
田代哲也: 松山ケンイチ
大西直人: 綾野剛
小宮山泉: 広瀬すず
知念辰哉: 佐久本宝
南條邦久: ピエール瀧
北見壮介: 三浦貴大
薫: 高畑充希
藤田貴子: 原日出子
明日香: 池脇千鶴
槙愛子: 宮崎あおい
藤田優馬: 妻夫木聡




よろしければ、クリックお願い致します♪





悪人 (特典DVD付2枚組) [Blu-ray]
東宝
2011-03-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 悪人 (特典DVD付2枚組) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

許されざる者 [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2014-07-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 許されざる者 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(17件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
劇場鑑賞「怒り」
“信じる”ということ… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2016/09/23 16:34
怒り
怒り@一ツ橋ホール ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2016/09/23 16:47
「怒り」
愛する者が、信じた者が、もし残忍な殺人犯だったら…。渾身のラブストーリーだった!不覚にも落涙。愛を、信頼を、疑い出した時の苦悩。裏切られたと思った時の絶望感。自分自身を、そして自分が存在する世界の全てをも否定されているのではないかと感じた時の…「怒り」。以下、多少のネタバレ含みです。1年前の夏、八王子で起こった夫婦殺害事件。陰惨な現場だった。犯行現場の家の壁には血文字で「怒り」の文字が残されていた。犯人は未だ逃亡中。対策本部はテレビ公開捜査に犯人の情報入手を託す。そして、場所も登場人物も異なる3... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/09/23 17:01
怒り」:高密度重量級力作
映画『怒り』は、本年度ベストテン上位を争うであろうヘヴィーな力作。2時間22分が ...続きを見る
大江戸時夫の東京温度
2016/09/23 18:18
収まらない感情。『怒り』
現場に「怒」という血文字が残った未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄に現れた身元不明の男性を取り巻く人間模様を描いた作品です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2016/09/23 20:10
『怒り』 闘うには相手が悪い
 監督・脚本は『悪人』『許されざる者』などの李相日。  原作は『悪人』の吉田修一で、6年ぶりの李監督とのタッグとなる。  音楽は坂本龍一。 ...続きを見る
映画批評的妄想覚え書き/日々是口実
2016/09/23 20:15
「怒り」@東宝試写室
 Yahoo!映画ユーザーレビュアー試写会。客席は満席。           映画の話  八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)が暮らす千葉の漁港で田代(松山ケンイチ)と名乗る青年が働き始め、やがて彼は愛子と恋仲になる。洋平は娘の幸せを願うも前歴不詳の田代の素性に不安を抱いていた折り、ニュースで報じられる八王子の殺人事件の続報に目が留まり……。 ...続きを見る
新・辛口映画館
2016/09/23 22:45
怒り
ある夏の暑い日に、八王子で夫婦殺人事件が発生。 犯人は顔を整形をして逃亡したと見られていた。 …その後、各地に素性の知れない男が現れる。 千葉の漁港で働く田代、東京で男と暮らす直人、沖縄の無人島に居ついたバックパッカー田中。 彼ら3人はいずれも、警察の手配写真に顔が似ていた…。 ミステリー。 ...続きを見る
象のロケット
2016/09/24 21:40
怒り
 日本  サスペンス  監督:李相日  出演:渡辺謙      森山未來      松山ケンイチ      綾野剛 ...続きを見る
風情&#9773;の不安多事な冒険 Pa...
2016/09/25 10:39
怒り
2016/09/17公開 日本 PG12 141分監督:李相日出演:渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、佐久本宝 、ピエール瀧、三浦貴大、高畑充希、原日出子、池脇千鶴、宮崎あおい、妻夫木聡 あなたは殺人犯ですか? STORY:八王子で残忍な夫婦殺人事件が起こるが、犯人の行方は杳として知れず、整形して日本のどこかで一般の市民に紛れて逃亡生活を送っていると見られていた。事件から1年後、千葉・東京・沖縄に素性の知れない3人の青年が現われる。歌舞伎町の風俗店で働いているところを発見され... ...続きを見る
★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
2016/09/25 20:42
映画「怒り」
映画「怒り」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2016/09/27 00:11
「怒り」:高密度重量級力作
映画『怒り』は、本年度ベストテン上位を争うであろうヘヴィーな力作。2時間22分が ...続きを見る
大江戸時夫の東京温度
2016/09/27 22:11
怒り
 『怒り』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2016/09/30 21:13
映画「怒り」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『怒り』(公式)を先日、TOHOシネマズ試写会にて鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら65点にします。なお、原作:吉田修一氏小説『怒り』は未読。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2016/10/01 05:18
怒り  監督/李相日
【出演】  渡辺 謙  宮ア あおい  松山 ケンイチ  妻夫木 聡  綾野 剛  森山 未來  広瀬 すず ...続きを見る
西京極 紫の館
2016/10/06 22:02
怒り
吉田修一著の同名小説を李相日監督が豪華俳優陣を揃えて描いた群像ミステリーです。 重そうだなあと思っていたのですけど、やっぱり観ようとチャレンジして来ました。 人を信じることの難しさをそれぞれのキャラクターに課していく展開に、最後まで心が揺さぶられるような作品でした。 ...続きを見る
とりあえず、コメントです
2016/11/06 19:55
疑い、そして・・・
4日のことですが、映画「怒り」を鑑賞しました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2016/12/10 17:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『怒り』('16初鑑賞88・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる