みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『神様メール』('16初鑑賞54・劇場)

<<   作成日時 : 2016/06/08 21:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0




☆☆☆☆− (10段階評価で 8)
5月28日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン1にて 14:40の回を鑑賞。


チェック:
カンヌ国際映画祭やゴールデン・グローブ賞など、世界各国の映画祭、映画賞で称賛を浴びたコメディー。
パソコンを駆使して世界を翻弄(ほんろう)する神と、そんな彼に愛想を尽かした娘が巻き起こす騒動を描く。

メガホンを取るのは『ミスター・ノーバディ』などのジャコ・ヴァン・ドルマル。『チャップリンからの贈りもの』などのブノワ・ポールヴールド、名女優のカトリーヌ・ドヌーヴ、『エール!』などのフランソワ・ダミアンらが結集。
奇想天外なアイデアと設定、予想もつかないストーリー展開に圧倒される。

ストーリー:
ベルギーのブリュッセル。とあるアパートに家族と共に生活している神は、慈悲深いという人々が抱いているイメージとは真逆の嫌な人物であった。

自分の部屋に置かれたパソコンを駆使して世界を管理しているが、いたずらに災害や事故を起こしては楽しんでいた。そんな父親に怒りを覚える10歳の娘エア(ピリ・グロワーヌ)は、家出を考える。
立ち入りを禁じられている父親の部屋に忍び込んだ彼女は、全人類それぞれの死期を知らせるメールを送信して家を飛び出してしまうが……。

(シネマトゥデイ)






この作品、すごく好きです。アイデアがすごく良いんですよ。 


神様はベルギーのアパートに住んでいる、引きこもりのゲスなDVオヤジ。
長男はJC(キリスト)、長女エアが主人公。


神様のパソコンから、こっそりと エアが余命を記したメールを一斉送信。
このことにより世界がパニックになります。


セリフがすごく詩的で素敵。とても気持ちいい。
言ってることはもちろん、言葉のリズムやサウンドもすごく気持ちいい。


余命を知ってしまった人々がどう余生を過ごすか。重くなりそうなお話をユーモアあふれる描写で観てて楽しい。


短い場面なんですが、印象に残った場面。

母と息子。息子は見た目障害を持っている。(ダウン症?) 余命メールを観ると、母の余命は数日。
障害を持つ息子は50年。 母は思い余って、眠っている息子の顔に枕を押し当てて、殺そうとするが
もがいている息子を見て、その手を止める。涙する母親。


・・・・・こういう重い場面も描いているところに、作り手の良心を感じる。



エアは洗濯機の中を通りぬけて人間界に行き、6人の使徒を探す。ちなみに原題は「新・新約聖書」


その6人の使徒(エヴァンゲリオンちゃうよ。)それぞれの人生模様が描かれています。
このあたり、少々テンポ悪く感じた。


さて、最後の最後では、いつも神から虐げられていた(DVを受けてた)エアのお母さん(神の奥さん)が本人の知らんうちに大活躍。 世界が大きく変化します。

やっぱり、「男」社会では世界は行き詰るんですよねぇ。 


大きく変化した世界を悪夢と捉えるか、夢のような世界ととらえるか・・・

空は花柄、海の中で魚をペットにして暮らせたり、ゴリラと結婚して子供を授かったり、男が妊娠したりなどなど・・・


まぁ、なんともシュールな変な映画なんですが、妙に好きになってしまいました。(*^−^*)


フランス映画でもあり、やたら下ネタも多く、お姉ちゃんの裸もいっぱいですけども、こういうもんだと割り切って観てください。私はすごく好き。







(C) 2015 - Terra Incognita Films / Climax Films / Apres le deluge / Juliette Films Caviar / ORANGE STUDIO / VOO et Be tv / RTBF / Wallimage
英題:THE BRAND NEW TESTAMENT
製作年:2015年
製作国:ベルギー/フランス/ルクセンブルグ
日本公開:2016年5月27日
上映時間:1時間54分
配給:アスミック・エース
製作会社:Terra Incognita Films / Climax Films / Apres Le Deluge
カラー/シネスコ

スタッフ
監督・脚本: ジャコ・ヴァン・ドルマル
脚本: トーマス・グンズィグ
音楽: アン・ピエルレ
撮影: クリストフ・ボーカルヌ
録音: ドミニク・ヴァルニエ / フランソワ・デュモン
編集: エルヴェ・ドゥ・リュズ
ミキシング: ミシェル・シリング
衣装: カロリーヌ・コネール
セット: シルヴィ・オリーヴ
メイク: カーチャ・ヴァン・ダム
プロデューサー: ジャコ・ヴァン・ドルマル / オリヴィエ・ローザン / ダニエル・マルケ

キャスト
エア: ピリ・グロワーヌ
父(神): ブノワ・ポールヴールド
マルティーヌ: カトリーヌ・ドヌーヴ
フランソワ: フランソワ・ダミアン
母(女神): ヨランド・モロー
オーレリー: ローラ・ヴェルリンデン
マルク: セルジュ・ラリヴィエール
ジャン=クロード: ディディエ・ドゥ・ネック
ウィリー: ロマン・ジェラン
ヴィクトール: マルコ・ロレンツィーニ





よろしければ、クリックお願い致します♪
 



ミスター・ノーバディ [DVD]
角川書店
2012-10-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ミスター・ノーバディ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
神様メール
神様メール@エスパスイマージュ ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2016/06/10 22:52
神様メール
ベルギーのブリュッセルのアパートに住んでいる神様は、パソコンで世界を支配しており、いたずらに人間の運命を変えたりしている。 毎日掃除ばかりしている妻の女神は、意地悪な夫にひたすら耐えていた。 兄のJC(イエス)ほど知名度のない、10歳になる神様の娘エアは、こっそり父の書斎に忍び込む。 父が決めた運命に縛られず人間に生きて欲しいと願い、エアは人々に余命を知らせるメールを発信。 人間界は大パニックになってしまう…。 ミラクル・コメディ。 ...続きを見る
象のロケット
2016/06/11 21:05
神は嫌な人で、その娘が人類を変える!?
22日のことですが、映画「神様メール」を鑑賞しました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2016/06/14 18:21
神様メール・・・・・評価額1700円
いっそ世界をリセットしよう! ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2016/06/18 19:23
神様メール ★★★★
「トト・ザ・ヒーロー」「ミスター・ノーバディ」のベルギーの鬼才ジャコ・ヴァン・ドルマル監督が、神様は退屈しのぎにパソコンで人々の人生を弄ぶ意地悪なおっさんという過激な設定で贈る奇想天外ファンタジー・コメディ。そんな神様の10歳になる娘が反乱を起こし、人々の... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/07/25 17:27
神様メール
【概略】 ブリュッセルのアパートに住む神様は、パソコンでいたずらに世界を支配していた。ある日、神様の娘・エアが人々に余命を知らせるメールを送ってしまったことから街は大パニックになり…。 ファンタジー ...続きを見る
いやいやえん
2017/01/17 15:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『神様メール』('16初鑑賞54・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる