みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『殿、利息でござる!』('16初鑑賞50・劇場)

<<   作成日時 : 2016/05/24 12:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 0




☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
5月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:00の回を鑑賞。


チェック:
『武士の家計簿』の原作者・磯田道史による「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」を、『予告犯』などの中村義洋監督が映画化。
江戸時代中期の仙台藩吉岡宿が舞台の実話で、年貢の取り立てや労役で疲弊した宿場町を救うため、藩に金を貸して毎年の利息を地域の住民に配る「宿場救済計画」に尽力する人々の姿を描く。

町の行く末を案じる主人公を、時代劇初主演の阿部サダヲが演じるほか、瑛太、妻夫木聡という実力派が出演している。

ストーリー:
江戸中期、財政の逼迫(ひっぱく)した仙台藩が領民へ重税を課したことで破産や夜逃げが続出し、小さな宿場町・吉岡宿は困窮し切っていた。このままではダメだと考える商人・穀田屋十三郎(阿部サダヲ)と同志たちは、藩に金を貸し付け毎年の利息を住民に配る「宿場救済計画」を考えつく。

町の存続を図るため、前代未聞の金貸し事業を成功させるべく、彼らは私財を投げ打ち……。

(シネマトゥデイ)







コメディ・タッチだけど、泣かせる時代劇。
日本映画特有のだるさも多少あるが、観終わった後の清涼感:気持ちの良さは格別。


映画冒頭の山崎努さん、壺に銭をため込んでニンマリ。 性格悪そうな守銭奴っぽい。
台車に家財道具詰め込んで夜逃げ中の家族を見つけて、「あんたに金を貸してたな」・・・


それから10数年。 


重税で困窮の吉岡宿をどうにか救済したいと考える主人公:穀田屋十三郎さん。
町に戻ってきた菅原屋篤平治のアイデアで、「お上に銭を貸し、その利息を分配する」ことに。


千両=3億円をどう手に入れるか。
さて、当然そう簡単にことが進むわけでもなく、紆余曲折、何年も何年もかかるお話。


登場する人物がそれぞれ個性的で、それぞれのしがらみがあり、人間臭い。
無私:私利私欲を捨てて、他人のために行動する姿、観ていくうちに涙。


殿さま役のフィギュア羽生選手の起用は正解。登場した瞬間空気が変わった。


出演俳優が若干『超高速!参勤交代』と被っていますね。(^^;



最後の山崎努さん。 冒頭の印象とガラっと変わります。
子供たちをみている暖かい眼差し。


実際にこういう人たちがいたことに、感動。 自分を振り返ると・・・。
ぜひご覧下さい。





よろしければ、クリックお願い致します♪






(C) 2016「殿、利息でござる!」製作委員会
製作年:2016年
製作国:日本
日本公開:2016年5月14日
上映時間:2時間9分
制作プロダクション:ザ フール
制作協力:松竹撮影所 / 松竹映像センター / M&N CO
企画協力:文藝春秋
製作:「殿、利息でござる!」製作委員会
企画・製作幹事・制作・配給:松竹
企画・製作幹事:東日本放送
カラー/ビスタ

スタッフ
監督・脚本: 中村義洋
脚本: 鈴木謙一
音楽: 安川午朗
原作: 磯田道史
主題歌: RCサクセション
製作総指揮: 大角正 / 両角晃一
エグゼクティブプロデューサー: 武田功 / 安達英雄
プロデューサー: 池田史嗣 / 三好英明 / 鎌田恒幹
アソシエイトプロデューサー: 稲垣竜一郎
撮影: 沖村志宏
美術: 新田隆之
照明: 岡田佳樹
録音: 松本昇和
編集: 川瀬功
装飾: 松本良二
スクリプター: 小林加苗
演技事務: 舟本佳子
助監督: 佐和田惠
音楽プロデューサー: 津島玄一
制作担当: 小沼秀剛
仕上げ統括: 佐藤正晃
ラインプロデューサー: 湊谷恭史
協力プロデューサー: 丸山典由喜 / 楠本直樹

キャスト
穀十田屋三郎: 阿部サダヲ、菅原屋篤平治: 瑛太、浅野屋甚内: 妻夫木聡、とき: 竹内結子
遠藤幾右衛門: 寺脇康文、穀田屋十兵衛: きたろう、千坂仲内: 千葉雄大、早坂屋新四郎: 橋本一郎
穀田屋善八: 中本賢、遠藤寿内: 西村雅彦、なつ: 山本舞香、加代: 岩田華怜、
橋本権右衛門: 堀部圭亮、八島伝之助: 斉藤歩、忠兵衛: 芦川誠、相模屋利助: 中村ゆうじ
瑞芝和尚: 上田耕一、ナレーション: 濱田岳、音右衛門: 重岡大毅、伊達重村: 羽生結弦
萱場杢: 松田龍平、きよ: 草笛光子、先代・浅野屋甚内: 山崎努



無私の日本人 (文春文庫)
文藝春秋
2015-06-10
磯田 道史

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 無私の日本人 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(14件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「殿、利息でござる!」こんな映画やったんや!
[殿、利息でござる!] ブログ村キーワード ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2016/05/24 12:41
劇場鑑賞「殿、利息でござる!」
無私の心… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2016/05/24 12:56
殿、利息でござる!
借金をなくさなければ、日本は滅びるpart2 公式サイト。磯田道史原作、中村義洋監督。阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、中本賢、西 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/05/24 14:28
「殿、利息でござる!」 (2016 松竹)
このタイトルで、主演が阿部サダヲなのだから、歴然としたコメディだと誰だって予想する。イメージとしては「超高速!参勤交代」あたりかな。でもちょっと肌合いは違った。いやもちろんコメディ色はかなり強いんだけど、実は感動大作でした。大作、は言いすぎか。でもわ... ...続きを見る
事務職員へのこの1冊
2016/05/24 20:17
殿、利息でござる!
まさかこんな心打つ作品だったとは・・・。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2016/05/24 23:30
殿、利息でござる!・・・・・評価額1650円
これが庶民の生きる道。 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2016/05/24 23:32
殿、利息でござる!
今から250年前の江戸時代。 金欠の仙台藩は百姓や町人へ重税を課し、破産と夜逃げが相次いでいた。 さびれ果てた小さな宿場町・吉岡宿で、町の将来を心配する十三郎は、知恵者の篤平治から宿場復興の秘策があると打ち明けられる。 それは藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという、逆転の発想! 水面下で千両(現在の3億円)もの大金を集める、前代未聞の頭脳戦が始まった…。 時代劇。 ...続きを見る
象のロケット
2016/05/25 22:18
[「殿、利息でござる!」☆舛添さん観てください
歴史家・磯田道史による評伝「無私の日本人」に収録されている一編「穀田屋十三郎」を映画化したと後で知って納得。 まさかのこんなに泣ける人情映画だったとは!!ハンカチ用意するの忘れていて、焦ってしまったわ。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2016/05/29 00:12
殿、利息でござる!
 『殿、利息でござる!』を渋谷シネパレスで見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2016/05/31 20:50
「殿、利息でござる!」 つつしみの掟
タイトルからもっとコメディ色が強い作品かと思っていたのですが、どちらかといえば泣 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2016/06/05 17:57
『殿、利息でござる!』をUCT9で観て、日本人良いよなあふじき★★★★
▲こんな黄金屏風前の贅沢な絵は映画上に皆無。実直に貧乏な絵ばっかり。 ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記
2016/07/03 07:05
ポスターと予告に騙された。大真面目な感動の実話。〜「殿、利息でござる」〜
このポスターの阿部サダヲを見たら、コメディかと思うじゃないですか。 最初のほうの瑛太との掛け合いこそクスクス笑うとここそあるものの、 大真面目な人情ものでございました。いやがっかりしたわけじゃない。 でも淡々と、話が進んでいったような気もしました。 ...続きを見る
ペパーミントの魔術師
2016/07/21 12:36
殿、利息でござる! (2016)
実話ベース、だそうですね。ちょっとトボけたテンポとユーモアが見やすくって、最後に痛快劇になるあたり、あっぱれ!でした。とかく、話題になったのは殿様役に、羽生結弦がキャスティングされてた部分ですが、なるほど、若いのに貫禄とカリスマ性…本当に、キャスティングが絶妙で、クライマックス部分。仙台藩重臣の萱場(松田龍平)の、少し冷徹な演技も良かったし、冒頭とラストを締める、造り酒屋で質屋も営む浅野屋陣内(山崎努)の、圧倒的・存在感は圧巻で、お茶を栽培する農家で知恵者の瑛太、造り酒屋の阿部サダオ、村の取締役... ...続きを見る
のほほん便り
2017/02/21 12:49
映画評「殿、利息でござる!」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・中村義洋 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/02/25 09:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『殿、利息でござる!』('16初鑑賞50・劇場) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる