みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『イコライザー』('16初鑑賞02・WOWOW)

<<   作成日時 : 2016/01/02 17:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2



☆☆☆☆− (10段階評価で 8)
1月2日(土) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。


チェック:
元CIA工作員にデンゼル・ワシントン、娼婦(しょうふ)の少女にクロエ・グレース・モレッツがふんしたアクション。
ホームセンターの従業員として働く元工作員が10代の娼婦(しょうふ)と出会ったことをきっかけに、警察が関われない不正を始末する仕事請負人となる姿を追う。

監督は、『トレーニング デイ』、『エンド・オブ・ホワイトハウス』などのアントワーン・フークア。
演技派デンゼルのクールなアクションと、クロエの娼婦(しょうふ)役への挑戦が見どころ。

ストーリー:
ホームセンターに勤務するマッコール(デンゼル・ワシントン)は、かつてCIAで名をはせた工作員であったが引退し、ひっそりと生活していた。

ある夜、少女の娼婦(しょうふ)、テリー(クロエ・グレース・モレッツ)がロシアンマフィアにひどい扱いを受けているのを知ったことから、マッコールは自分にしかできない仕事をすることを決意。
それは、警察が手出しできない不正を瞬く間に解決へと導くことだった。

(シネマトゥデイ)






ハリウッド版必殺仕事人的なお話。
デンゼル・ワシントンのカッコ良さ、それを見るための映画ですね♪


監督がアントン・フークア。 
骨太な作風で知られますが、今回も深みがありました。


デンゼルが演じるマッコールの日常、時間どおりに決まっていて、食事したら、しっかりと食器を洗って、不眠症なので時間通りに深夜の食堂にいっても座る席・フォークを置く位置・読みかけの本を置く場所すべてが全く同じ。

観ていて自分と重なる部分もあって、思わず苦笑。
最初のほうはアクションはほとんどありませんが、その一連の動作だけで見入ってしまいました。


そこで出会うのが娼婦のクロエたん。
こういう役柄もやるようになったのねぇ。


中盤から怒涛のごとくアクションが続きますが、銃でバンバン打つのではなく、いわゆる音もなく、一瞬で殺される、「仕事人」っぷりが堪能できます。


敵のロシアン・マフィアの面々もいかにも悪そうな、全身にタトゥーの連中ばっかり。
こういうのを倒してくれるんだから、面白くないわけがありませんね。


ラストには普段よく見るクロエたんも見られて、満足な一本でした。(*^−^*)








英題:EQUALIZER
製作年:2014年
製作国:アメリカ
日本公開:2014年10月25日
上映時間:2時間12分
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー/シネスコ

スタッフ
監督: アントワーン・フークア
脚本: リチャード・ウェンク
プロデューサー: トッド・ブラック / ジェイソン・ブルメンタル / デンゼル・ワシントン / アレックス・シスキン / スティーヴ・ティッシュ / メイス・ニューフェルド / トニー・エルドリッジ / マイケル・スローン
製作総指揮: エズラ・スワードロウ / デヴィッド・ブルームフィールド / ベン・ウェイスブレン

キャスト
デンゼル・ワシントン
マートン・ソーカス
クロエ・グレース・モレッツ
デヴィッド・ハーバー
ビル・プルマン
メリッサ・レオ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
劇場鑑賞「イコライザー」
正義執行人、誕生… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2016/01/02 17:28
イコライザー
アメリカ・ボストン。 ホームセンターで働く中年男ロバート・マッコールは、眠れない夜、よく24時間営業のダイナーで読書をしている。 歌手を夢見る娼婦の少女テリーもダイナーの常連だった。 ある日、客とトラブルを起こしたテリーは、見せしめのため殴られ、重傷を負う。 それを知ったマッコールの中で正義が目覚め、彼は売春組織に派手な仕返しをしてしまうが、逆にロシアン・マフィアから追われることに…。 サスペンス・アクション。 ...続きを見る
象のロケット
2016/01/03 01:54
「イコライザー」
のっけからネタばれなのだが、デンゼル・ワシントン演じるマッコールは、元CIAの凄腕で、今は引退して過去を隠し、ホームセンターに勤務している一介の男なのである。このマッコールが強い強い。思わず「つおい…」と呟いてしまう位強いのである。昼間は何事もなくホームセンターに勤務し、夜は「読むべき百の本」の内の一冊を携え深夜営業のダイナーで過ごす。そこで出会ったテリー(クロエ・グレース・モレッツ)の窮状をみかねてリベンジに立ち上がる。ま、アメリカ版必殺仕事人ですな。テリーはロシア人の娼婦という設定で、客との... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/01/06 19:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私、この作品、すっごく面白かったんです!役者がみんなイイ味出していましたしね!
それにしても、デンゼル・ワシントンは強かった!!
ここなつ
URL
2016/01/06 19:46
ここなつさん>
コメントありがとうございます♪(*^−^*)
今作のデンゼル・ワシントン、寡黙ながら凄みがありますよね。
そしてなにより強い。ディレクターズ・カット版もあるらしいので、そちらも観てみたいです。
みはいる・B
2016/01/07 20:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『イコライザー』('16初鑑賞02・WOWOW) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる