みはいる・BのB

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ウォルト・ディズニーの約束』('15初鑑賞50・WOWOW)

<<   作成日時 : 2015/07/05 12:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0




☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
6月21日(日) WOWOWシネマの放送を鑑賞。


チェック:
エマ・トンプソンとトム・ハンクスという英米のオスカー俳優が共演を果たし、傑作ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』誕生秘話に迫る感動のヒューマンドラマ。
ウォルト・ディズニーの映画製作の舞台裏を初めて描き、原作者と映画製作者の激しい攻防を情感豊かに映し出す。

ポール・ジアマッティやコリン・ファレルら名優たちも豪華共演。
頑固な作家の心の奥深くに秘められた、ある思いを浮き彫りにする展開に心打たれる。

ストーリー:
1961年、パメラ・L・トラヴァース(エマ・トンプソン)は、ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)が長年熱望する「メリー・ポピンズ」の映画化について話し合うためにロサンゼルスに向かう。

傑作児童文学の著者である彼女は気難しい性格で周りを困惑させる。
スタッフたちはどうにかしてトラヴァースに映画化の契約書に署名してもらおうと心を砕くが……。

(シネマトゥデイ)








原題は ”SAVING MR. BANKS” 


名作『メリー・ポピンズ』で、メリー・ポピンズがお手伝いさんとして仕える家のご主人が BANKSさん。



さあ、このタイトルからなんで『ウォルト・ディズニーの約束』になるのか?
邦題の点け方って、難しいですよね〜。



『メリー・ポピンズ』の映画化に伴っての、原作者パメラとウォルト・ディズニーとのやり取りを描いております。
ミスター・バンクスとは誰のことなのか?


映画化の話し合いと同時に、パメラのオーストラリアでの幼少時代が描かれます。
原作者はパパっ子だったのね。


お父さん役はコリン・ファレル。 私生活では問題児のようですが、芝居は上手い。



そして運転手役のポール・ジアマッティがすばらしく良い。



名作誕生の裏側がじつに興味深い。 
作品完成の上映会で・・・パメラが思わず涙。 ウォルトが心配すると 「アニメが酷すぎて・・・」とパメラ。

その時のウォルトの表情が面白い。トム・ハンクス上手い。










英題:SAVING MR. BANKS
製作年:2013年
製作国:アメリカ
日本公開:2014年3月21日
上映時間:2時間6分
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
カラー/シネスコ

スタッフ
監督: ジョン・リー・ハンコック
脚本: ケリー・マーセル / スー・スミス
製作: アリソン・オーウェン / イアン・コリー / フィリップ・ステュアー
製作総指揮: ポール・トライビッツ / クリスティーン・ランガン / アンドリュー・メイソン / トロイ・ラム
撮影: ジョン・シュワルツマン
プロダクションデザイン: マイケル・コレンブリス
編集: マーク・リヴォルシー
衣装: ダニエル・オーランディ
音楽: トーマス・ニューマン

キャスト
トム・ハンクス
エマ・トンプソン
ポール・ジアマッティ
ジェイソン・シュワルツマン
ブラッドリー・ウィットフォード
コリン・ファレル
ルース・ウィルソン
B・J・ノヴァク
レイチェル・グリフィス
キャシー・ベイカー
メラニー・パクソン
アニー・ローズ・バックリー





 ←よろしければ、クリックお願い致します♪



ウォルト・ディズニーの約束 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2014-08-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウォルト・ディズニーの約束 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
劇場鑑賞「ウォルト・ディズニーの約束」
父娘の物語… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2015/07/05 13:35
ウォルト・ディズニーの約束
なるほど原題が「Saving Mr. Banks」(バンクス氏の救済)だったんですね。バンクス氏というのは、「メリー・ポピンズ」に出てくる乳母として働く屋敷の主人の名前です。子供たちの父親。トラヴァース夫人は、かのキャラクターをとても大切に思ってらしたんですね。 1964年の名作ミュージカル映画「メリー・ポピンズ」の製作秘話です。とにかく役者が巧い。最初は、偏屈で映画化に難癖ばかりつける鼻持ちならないトラヴァース夫人。しかし、なぜ、トラヴァース夫人は作品にここまでこだわるのか、さらにウ... ...続きを見る
いやいやえん
2015/07/05 22:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ウォルト・ディズニーの約束』('15初鑑賞50・WOWOW) みはいる・BのB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる